TECHNICAL

HOME | 住宅性能 | 耐震性能

許容応力度構造計算で耐震等級3

 

「建築基準法の1.5倍」の耐震性を実現

構造計算を行い耐震性の高い構造躯体を

 

 
耐震性に対しては、「耐震等級3」の性能を持つ構造躯体を可能にしています。
「耐震等級3」とは、建築基準法の1.5倍の耐震性を意味しています。「数百年に1度に起きる大地震の1.5倍の地震でも倒壊しない」というレベルです。この性能を 「許容応力度構造計算」を行うことで実証しています。一般の木造住宅では「構造計算」をする義務はなく、これまでの多くの木造住宅が「勘と経験」のみで建てられていたのですが、当社ではそれを数値で検証することで、安心で安全の構造躯体を実現しています。
長期優良住宅の基準では、構造計算を行わない場合は「耐震等級3」が条件となっていますが、構造計算を行う場合は「耐震等級2」でもクリアするというルールになっています。つまり、それだけ構造計算の信頼性が高いということでもあります。
エシカルハウスでは、すべての住宅で、この長期優良住宅の基準である「許容応力度構造計算による耐震等級2」を最低基準として、ご希望する間取り等に問題がなければでききるだけ「耐震等級3」をクリアする性能をご提案させていただいています。
 
また、地盤についても全て地盤調査を実施し、必要な場合は地盤改良を行うことで、将来の不安を解消しています。建物が丈夫でも地盤対策がなされていないと、建物が傾いたり不動沈下するような恐れもあります。
建物自体の構造と同様に、地盤についてもしっかりと対策を整えることが大事だと考えています。
地盤対策についてはコラムでも解説しています。詳細はこちら
 
 
耐久性については、木材の防腐防蟻対策が非常に重要になります。それについても、基礎の断熱材や木材の防腐防蟻材の薬剤に、半永久的な効果を期待できる 「ホウ酸」による処理を行っています。
 
 
 

「快適」で「安心」して暮らせるためにエシカルハウスがこだわっていること