コンテンツへスキップ

今日ネットの記事で

「ゾゾッ…”オシャレな家”にひそむ病気リスク。危ない家3つの特徴」

というタイトルで

「命を落とす危険性もあることが判明した。住むだけで健康を害する“ヤバイ家”の実態に迫る!」とある。

◆Case1 天井が高い

吹き抜けで開放感のある家に病気リスク!?

以下記事要約

吹き抜けのある家や天井が高い部屋は、極端な温度差が生まれやすい。それによってヒートショックのリスクが高り、空気が滞留しがちな狭いトイレとの行き来は危険。
寒暖差による血圧の急激な変化で血管に負担がかかり、心筋梗塞脳梗塞などの血管障害を引き起こす可能性がある。
 ヒートショックは冬のみならず。夏場は冷房を強く効かせるので、天井が高い居室空間は、より体を冷やしてしまいやすい。
さらに
窓が大きいと、室温が外気の影響を受けやすくなるため、エアコンをより強く効かせる必要があり、それによって結露が多く発生し、カビの増殖を促する。

以上記事引用

とある。

少し大げさな気がしないではありませんが

弊社が造る高性能の家は

吹き抜けがあろうと床面と天井面の温度差は2℃以内なので全く心配はない

そもそも、

室内では極端な温度差はありません。

断熱性能が一般的な家と違うので夏も冬も強くエアコンを掛ける必要がなく

結露の発生も少ない。

窓が大きいと確かに熱損失は大きくなるのですが

今時、新築では普通のペアガラスのみの家は少数だし

(地域にもよると思うが)

冬の日射を沢山取り入れる窓の大きさも大変重要です。

他に

◆Case2 リビングで足元が冷える

体の冷えは万病の元! 病は床下からやってくる

家の基礎は健康の礎だ。

★ここも注意! 危険リスト

□ 木造など風通しがよすぎる家

□ 床面がフローリングで床暖房ナシ

□ 湿気の多い土地に家が立っている

これはいったいどんな家だと思うけれど

気密がよっぽど悪く隙間風だらけ?

木造はダメという意か

床暖房は高性能の家ではただ不快なだけなで

しっかり断熱してあれば

床暖房など不用なのだ!!

湿気の多い土地では

それなりの方法で建てれば良いし

現に建っている所に失礼な言い方ですな。

記事は最後に
「思わぬリスクはすぐそこにある。」

と締めくくっていますが

性能の悪い家を造る方が

よほどリスクがあるのではないかと思う次第です。

記事はさらに

◆Case3 耐震性と低コストをウリにしている

低コスト化の裏に潜む、“薬害”のリスク

★ここも注意! 危険リスト

□ 耐震性を満たしつつ安価を謳っている

□ 一見木材を使っているのに“木”の匂いが一切しない

□ パインやラワンなどの材木を使用している

これはもっともですな

本当に安価な材料、建材は薬漬けです。

ビニールクロスや、いわゆる新建材などは、とにかく臭い!!

人間が生きていくうえで大切な衣食住の”住”

毎日この箱の中で生活するのですから

暑くて寒くて化学薬品で囲まれた

「やばい家」ではなく

「健康に暮らせる家」が第一です!!

引用先

https://news.nifty.com/article/item/neta/12194-936707/

先程平成最後のお打合せが終了。

同じく平成最後のブログを更新!

東区のO様邸の植栽工事

 

 

 

 

 

メインは赤と白のハナミズキ

 

 

 

 

 

いつも植栽工事をしてくれる川口造園の

KAZUYA

 

 

 

 

 

正面の植え込み低木を中心に植えます。

他は金木犀

この後グランドカバーになる下草や花などを植えて完了。

 

 

 

 

 

沈丁花

良い香りがしますね。

 

 

 

 

 

 

完成後

先日

花が咲きはじめました。

 

 

 

 

 

植栽をすると建物の表情が変わります。

2~3年後が楽しみです。

 

 

 

 

 

ハウジングこまちの取材

6月に発刊です。

 

 

 

 

 

今年も冬の体感会を開催しております。

「『冬でもエアコン一台でいつも家中が春のように暖かい』ってどういう感じなの?」
実は私達もこれを言葉でご説明するのはとても難しいのです。

それならば実際にご体感して頂くのが一番ではないか、と考え
一年の中で一番寒さが厳しいこの時期に、ここ数年開催しております。
モデルハウスとは違い、実際に生活している家にお越し頂いております。
仕様・性能に関しても弊社標準のものですので、実際に建てる際の参考にもなるかと思います。

 

玄関には小さな
お客様の靴が並ぶ事も。

 

 

 

 

 

リビング上部の吹抜。

お天気がいい日はすごく明るいのですが
この日は曇り空でした。

 

 

ダイニングです。

家具のご提供もしております。
こちらでお茶を飲みながら
空気間を味わって頂いております。

無垢の床が気持ち良いようで
いつの間にか靴下を脱いで遊んでいる
お子様も多いですね(^^

 

 

今月12日から開催している冬の体感会ですが、既に数組のお客様にご体感頂いております。
曜日を問わずご都合の良い日程にてお問合せ下さい。
この機会に「エシカルハウスの住み心地」をぜひご体感ください!

「冬の体感会の詳細」はこちら

先日

所属している新住協新潟支部で上越の

家S ハセガワさんの住宅展示場が完成したとの事で

見学会をしました。

若い人向けと自然素材と薪ストーブのある60坪ほどの2軒を

みせていただきました。

 

 

一軒目の若い人向きの家

 

 

 

 

 

 

 

 

長野支部の人も合わせて

20人程参加

 

 

 

 

 

30坪程の家ですが

無駄がなく使いやすい印象

これ位の家が丁度良いかもしれません。

 

 

つづいて

二軒目

 

 

 

 

 

 

 

塗り壁の気持ちの良い家

塗り壁は

社員の方たちが自ら施工だそうです。

 

 

 

 

広い施工床で60坪程

ゆったりとした間取り

平面計画等参考にさせていただきます。

 

連日の猛暑

先日の16日、ブルーインパルスが来るので

友人とうちの家族でお出掛け!!

陸上競技場を会場にして、今回搭乗しない

パイロットも来るし、久しぶりの休日だし

お昼を本町で食べて(少々麦汁など摂取)

丁度、白山様のお祭り経由で歩いて会場へ

途中、前から気になっていた

古町の陶器屋さんに立ち寄ったところ

友人が意識を失うほどの熱中症を発症!!

本町から古町の2番町付近まで僅か10分位

歩いただけ・・・・・恐ろしい

お店から救急車を呼んでもらい済生会病院へ

結局ブルーインパルスは済生会病院の10階ラウンジから見学

まあ点滴だけで済み良かったのですが

熱中症の怖さを痛感した次第!!

 

巷も猛暑の話題で持ちきりで

エアコンを消すなとか、遠慮しないでつけようとか

にぎやか

では、高性能の住宅ではどうなのか。

「ゆる~い空調」をしています。

実際に次世代省エネ基準程度の事務所と

200mm断熱の家の室内温度をお見せします。

 

 

事務所の南面室内壁面温度30度

高性能GW16K 105mmが入っています。

日射が直接当たる外壁面は40度近いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井面も30度

この時室温は28度

外壁面や天井が熱いので

エアコンを止めるとすぐに室内が暑くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では200mm断熱の高性能住宅ではどうなっているかというと

 

室内の温度計

左が室内、右が外気温

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコンの無い寝室

外壁面25度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西面の部屋の外壁

3時過ぎなので夕日が思いっきり当たってますが

25.5度 

当然エアコンはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階寝室の天井

少し高くて26.5度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階リビング壁

24.5度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1階リビング床

24.5度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階ホール床

ここホールに10畳用のエアコンがあります。

24.5度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番暑い玄関 西面外壁

26度

ここは天井から床までの「のれん」で区画しています。

それでも26度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコンはついていますが、フル運転などしていません。

静かに動いています。

24時間つけっぱなし!!

電気代は数千円

いわゆる「ゆる~い空調」

暑くて寝られないなんてことも無いし

とても快適です。

冬は20~23度

夏は25~27度

夏、冬の室内温度差は5℃程度

40坪ほどの家を10畳用のエアコン1台で冷やします。

直接、風も当たらないので

エアコン嫌いの妻も一言の文句も言いません。

温度計の誤差もありますが床から天井まで全てが25~26℃

正に快適そのもの!!

外壁面や天井の温度が高い住宅はいくら室温が25~26℃でも

暑く感じるし、周りが暑いのでエアコンはフル運転の回数が多くなります。

まして電気代が気になるので付けたり消したり・・・・

タイマー運転をすれば建物が温まっているので

エアコンが止まると夜中に暑くなり寝られない・・・・

これでは健康に良いはずがありません!

猛暑の真夏こそ「本物の高性能住宅」は凄さを発揮します!!