コンテンツへスキップ

スタッフのご紹介

エシカルハウス(菅原建築)のスタッフをご紹介いたします。


Moritoshi Sugawara
菅原 守利

職種

代表取締役、建築士

資格

一級建築士

所属

一級建築士 欠陥住宅甲信越ネット 会員
一般社団法人 新住協 新潟支部長

略歴

中央工学校建築設計科卒業
市内某中堅ゼネコンに入社
建設工事の監督としてビル・マンション・体育館・一般住宅まで担当
1996年 某ゼネコン退社
1997年 株式会社 菅原建築設計事務所を立上げる
2010年 NPO法人 新潟長期優良住宅推進協議会を設立(2015年活動停止)
2015年4月 一般社団法人 新住協 新潟支部長就任

どんな人?

昭和35年10月9日生まれ、血液型:B型、身長183cm、体重は100kg以下、新潟市出身・新潟市在住
家族構成:夫婦・子ども一人
周りからは「もっちゃん」「もりちゃん」と呼ばれています。「でっかい」と周りはいいます。

好きなもの

自然、無添加、無農薬

苦手なもの

化学調味料、大手メーカー、添加物、農薬、時間を守らない事

趣味/特技

海釣り(黒鯛釣り なかなか釣行出来ず・・・)、オートバイ(現在休止中 再活動機会模索中)、スキー、プラモ制作、空手をやってました。

仕事で意識していることは?

現在の技術・常識を疑いつつ、より良い解決策がないかを常に模索しています。そのために行う最新の住宅技術の習得・研究、素材の探求が楽しいです。また、住宅業界のモラルと技術の底上げを考え、セミナーや現場での勉強会をこれからも実施していきたいです。

お客様への思い

ケミカル製品を極力使わず、ゆったりとリラックスして住んでいただけるような暖かい木の家、100年以上住める本当に良い家を適正価格で造ることを第一に考えています。そうすれば、お客様、私たち・職人もみな幸せな「三方良し」の家づくりができると考えています。


Mika Sugawara
菅原 美香

職種

総務、経理

資格

宅地建物取引主任者

どんな人?

天然のおっちょこちょい、かなりの方向音痴。周りからは「ミカさん」と呼ばれています。

好きなもの

採れたての野菜や果物、 犬・猫

趣味/特技

ピアノ、スキー(出産後はめっきり回数は減りましたが...)
最近は、編み物や刺繍を始めつつあります!

好きな言葉

一期一会。出会いはすべて必然と思っているのでお一人お一人との出会いを大事にしたいと
思っています。

仕事で意識していることは?

専門家ではないので現場や設計の詳細はわかりませんが、お客様の打ち合わせの席に呼ばれたときには、女性の目線・お客様の目線から口をはさませていただくこともあります。お客様の中にある言葉にできないようなご要望を引き出すお手伝いが少しでもできたらと思っています。

お客様への思い

「生活しているだけで健康になれ、笑顔になれる」そんな家づくりのお手伝いをといつも心をこめています。
お引渡しして何十年もたったときに「菅原建築で建てて良かった」と思っていただける家をこれからも建てていきたいと思っています。


Ako Ono
小野 亜古

職種

設計アシスタント

資格

二級建築士、整理収納アドバイザー2級、福祉住環境コーディネーター2級

略歴

24歳から建築・設計の仕事をはじめて、現在に至ります

どんな人?

周りからは「アコちゃん」と呼ばれています。美香さんとは年も近いので話があいます。

好きなもの

おじいちゃん犬。ゴールデンレトリバーと暮らしています。大きくてかわいいですよ。

趣味/特技

主人と買い物や映画に出かけたりするのが好きです。旅行も好きですね。あとは、最近はあまり行けてないけれどスキー。社長ファミリーと行こう行こうと話していますが、なかなか時間がなく(笑)

好きな言葉

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」
主人と米沢に旅行した際に気にいった言葉です。

仕事の原動力は?

よく食べ、楽しく食べ、よく飲み、よく飲み、よく飲み(笑)

菅原建築について

とても仕事がやりやすい環境です。挑戦になるような仕事を自分に任せていただけるので、とてもやりがいを感じています。
建物は、断熱性能も良いですし、社長が常に研究・勉強をしているのが社員から見てもわかり、常に進化しています。それが建物に活かされてきていると思います。

仕事で意識していることは?

出来あがったお客様のお部屋をイメージしながら美しい仕事ができるよう、図面の細部まで意識して常に仕事をしています。
他には、整理収納アドバイザーとしてお客様のお宅の収納面だけでなく、社内環境の整理整頓も私の役割の1つだと思っています。

お客様への思い

ご縁のあったお客様お一人おひとりに喜びの暮らし、笑顔の暮らしを実感していただきたいと思っています。また「ここで建ててよかった!」と思っていただけるような ご提案をしていきたいと思っております。


Yuuka Kiryu
桐生 結佳

職種

工事監理・工事監督、設計アシスタント

資格

二級建築士

略歴

2013年4月より、エシカルハウス(菅原建築)で現場監理・監督、設計アシスタントをしています。

どんな人?

周りからは「ユウ」と呼ばれています。

趣味/特技

学生の頃からの仲間であつまってアウトドア。山へキャンプに行ったり、角田山に登ったりしています。灯台コースは景色がすごく良いですが、大変でした(汗)でも、気持ちよくて、目も癒されるし、心地よい疲れなので山は好きです。

好きな言葉

考え中・・・

仕事の原動力は?

週末の一杯のビール。大好きなのはお寿司とハンバーグ(笑)

菅原建築について

社長が本物志向。既成品をあまり使わないので、そういう点がハウスメーカーさんとは違うと思います。1つ1つ家の表情も違うので面白いです。
社長の頭の中の神様がひっぱってくる設計図。経験もあるのでしょうが創造力がすごいなと思います。私もゆくゆくは、お客様の家を設計して出来上がる姿を見るのが目標です!
菅原建築の建物は、住んでいただければ「元気になれる家。」「帰ってきたくなるおうち」です。環境にも良いものです。

仕事で意識していることは?

1つ目は、職人さん・業者さんが作業しやすいような現場づくりを心掛けています。特に段取りについては、職人さんとのコミュニケーションを密にとってスケジュール調整をしているつもりです。現場監督という立場ですが私は一番年下。職人の先輩みなさんがすごく温かく接してくださるので大変ありがたく、毎日が勉強になっています。

2つ目は、建築士とお客様との現場での橋渡しを意識しています。現場に来られた施主さんの“言葉にならないご意見やご要望”を現場の立場から引き出してお聞きし、建築士へ伝える役割があると考えています。そのためには、お話しやすい雰囲気づくりを心掛けていますし、お客様からのご要望は、できるかぎり実現できるように建築士と調整します。
また、お客様の中にあるイメージと現場での実際の建物とのギャップをなくせるよう現場での事前説明や設計意図をしっかりとご説明しようといつも考えています。

お客様への思い

家が完成したときが一番、本当に感動します。お客様のお宅1棟1棟 建つごとに私の中の感動が増えてゆきます。

当社に来られるお客様は、他社でできなかった理想の家をなんとか実現したいという方が多い印象です。当社は自由度が高いですから、あきらめないでご要望をおっしゃってください! 実現できる道筋を建築士とともに考えます。建てた後になって「あれをすればよかった」など後悔していただきたくないですし、住宅が完成した時、より一層の感動をしていただけるようご要望をもらさず汲み取れるようになりたいと思っています。

エシカルハウス(菅原建築)専属の職人たち


Akira Takano
高野 昭

職種

大工 (棟梁)

略歴

16歳から大工一筋。2004年から菅原さんの現場でやってる。引退して半分休んでたんだけどね、菅原さんから話があって。
最初断ったんだけど、急きょ「やろか!」ってなって。今度は俺が「やらせてくれせ」って頼んだの。ガツガツやらんでほどほどやってる。身体が動く間はね。

趣味/特技

海釣り。これからは鯛だね。自分の船で釣りに行くよ。自分で釣ってさばいて最高だよ。でも、あんまり出なくなったから、鯛は今年まだ1枚だけどね(笑)
半身は刺身、半身は鯛飯にしたね。炊き込みご飯は、骨を入れなきゃダメだよ、ダシが出るからね。
あとはね、鯛のあじ丼とかさ。ご飯に鯛の刺身乗せて、青シソを刻んでさ、刻み海苔かけて、わさび醤油をかけて、ばかばか食べるんだよ。鉄火丼のように漬けにしないから魚の味がわかってうまいよ(笑)

好きなもの、苦手なもの

だいたいなんでも食べるけど、チーズだけは自分から好んでは食べない。あとは・・・セロリは、クセがあるから食べないな。

好きな言葉は?

ない!(笑)

仕事の原動力は?

今はない! けど、仕事自体が張り合いになるからね。

菅原建築について

菅原建築の良いとこは、真面目なとこだろ。建物で好きな所は、木をいっぱい使うとこ。木を沢山見せる建物だからね。
無垢をいっぱい使う。無垢の木だと生きてるから。息をする、収縮があるってこと。集成材は接着剤使ってるっけさ、どうしても木が息をしない。塗装してるのも息できない。

仕事で意識していることは?

失敗しないこと!(笑)それから、見えないところを良くする、ってこと。見えるところはみんなよくするけど、問題は見えないとこ。見えないとこをいかに良くするかってのが大事。たとえば、金具が足らんではダメだし。

こういう気密住宅ってのは結露しちゃ絶対ダメだからね。ねじ穴1つとっても、外に面しているとこは冷たい空気が入ってきて結露の原因になるから空気が入ってこないようにコーキングを打つ。
ちょっとした事だけどね。

菅原建築じゃない、よその現場で直したのが、流しの床板の色が変わってきたことがあってね。原因は、排水パイプの所だけウレタンが入ってなくて結露してたんだよね。
だっけ、高断熱・高気密住宅ってのは、失敗すると逆効果になっちゃうから。

あと、台風になると佐渡沖から南西の風が壁にぶつかって上にあがるんだけどね。
この家は900も屋根が出てるから、風で屋根をもってかれないように金具でしっかり固定しとかないと。問題は、こういう見えないとこね。

お客様への思い

何千万もかけて家を作るわけだからね、安心して暮らしてもらえる家を「見えないとこを良くする」って思いで造ってますよ。
あのね、図面にない所の金具1つでも、やらなくて何かあったときに「あ、やっぱりやっておけばよかった」じゃ、悔いが残る。
だから悔いが残らんようにやれるだけの事はやっておこうって。


Masato Kuzumi
久住 政人

職種

大工 (棟梁)

略歴

19歳から大工になり家を造ってます!

趣味/特技

家族でドライブ、魚釣り。

仕事の原動力は?

休日、魚釣りしたり、家族とゆっくりするのが力になってるね。

菅原建築について

木や自然の素材を多く使うなど古来の建築の良さと現代の建築技術、断熱・気密を取り入れ、うまくミックスさせているところが良い所だと思う。社長は新旧の建築技術をもっているし、日本全国から一番良いと思える素材を探してきたりと熱心だと思う。

仕事で意識していることは?

お客さんが住んでみて「良かった!」と思えるよう満足いただける建物づくりを心掛けてます。現場の雰囲気がよくなるよう、皆が現場で楽しく仕事ができるよう周りにも気を配っているつもりです。現場の職人が責任と緊張感をもちつつ、和みながら良い雰囲気で仕事ができるよう心がけてます。

お客様への思い

家は一生の買いもの。新築の時もそうだけど、ながく住んでいかれるなかでも菅原建築で建ててよかった!と思っていただけるような建物を職人全員で造っていきます!


Toshihiro Watanabe
渡辺 敏博

職種

大工 (棟梁)

略歴

53年

どんな人?

兄弟で仕事しているからね、現場でも皆に「あんにゃあ」「あに」って呼ばれるかな。
家族構成:夫婦・長男夫婦・孫3人

趣味/特技

魚釣り。あと、孫に頼まれて昔の玩具を作ってる。例えば、弓とか刀とかね。

仕事の原動力は?

やっぱり酒だね(笑)

菅原建築について

どれひとつとっても工程的に難しい仕事をしている。設計的にも考えられていている。建物でそこまでやるかと驚く。菅原さんは他と全然違う。技術面でも付加断熱とか。気密も2回検査するけど他のとこじゃ検査しない。よその高気密、高断熱がやってないことをしていて、だからこそ絶対に手は抜けないね。丁寧な仕事に気をつけているよ。

仕事で意識していることは?

常に図面を見てどうしようかと考えてる。無垢でそのまま室内にが出てるから綺麗に仕上げなきゃと思う。

お客様への思い

前の現場で秋頃だったけど、菅原さんの建物は暖かいし、外の音も気にならない。住んでみて住み心地の良さがわかると思うよ。


Tosiji Oda
小田 俊次

職種

大工

略歴

大工になって45年くらい

なんて呼ばれていますか?

や~恥ずかしいなぁ。『小田さん』かな。

趣味/特技

んー、言えない(笑) 沢山ありすぎるくらいだけど・・・挙げるとしたら登山。良く行くのは朝日連峰かなぁ。山行くのは気持ちいいよねぇ。あと釣りも好きだな。

仕事の原動力は?

酒!!(笑)甘いものも好き。

菅原建築について

断熱がほんと素晴らしいよね。内装、外装に自然の木を使ってて構造もしっかりしているので大工としては、やりがいあるね。

仕事で意識していることは?

やわらかい無垢材だからね。傷つけないように丁寧な仕事を心がけているよ。

お客様への思い

菅原建築の家は、住んでみていいところをたくさん感じられると思うよ。お客さんに喜んでいただける仕上がりにしたいね!!


Yoshinobu Watanabe
渡辺 義信

職種

大工 (棟梁)

略歴

50年

なんて呼ばれていますか?

よしのぶって呼び捨てで呼ばれることが多いかな。

趣味/特技

色々な場所に釣りに行く。休日はほとんど釣り。釣りは楽しいねえ。

仕事の原動力は?

原動力は特にないけど、今の目の前の仕事をやらんば。

菅原建築について

一言じゃあ言えないなあ。とにかくすべてが難しくて、手間がかかりすぎるくらいにこだわりがある。断熱、気密すべて複雑。

仕事で意識していることは?

無垢を使っているので傷つけないようにしている。自分も怪我もしないように気をつけてる。

お客様への思い

難しくて手間がかかる分、大変なこともあるけれど設計どおり丁寧に仕上げようと思う。さあ!仕事やるか!!


Kenichi Watanabe
渡邊 建一

職種

内装工事・大工

略歴

19歳から現場に出て働いてます。

なんて呼ばれていますか?

周りからは「ケン」「ケンちゃん」とか呼ばれています。

好きなもの

ゲーム(モンハン)

仕事の原動力は?

ハードな仕事なのでゆっくり休むことと・・・「酒」ですね(^^)。

菅原建築について

木を沢山使った建物だから気持ちいいと思います。菅原社長は、いつも細かい図面・わかりやすい図面を書いてくれるので作業で迷う事は少ないです。

仕事で意識していることは?

お客さんがいつも目にする内装をできるだけ綺麗に仕上げることを考えてます。やはり、ケガをしないよう気を付けてます。

お客様への思い

ずっと気持ちよく住んでもらえるような家、室内を作り上げるようこれからも努力します。


Akiyoshi Sato
佐藤 昭義

職種

塗装・防水工事 (責任者)

資格

塗装一級技能士、塗装指導員 他多数

略歴

15歳から塗装の仕事をはじめて、21歳で独立しました。それからずっと塗装一筋です。

好きなもの

家族

苦手なもの

かみさんと娘(笑)

趣味/特技

消防団の訓練・大会に気合い入れてます。ときどき魚釣りにも行きます。

好きな言葉

一期一会

仕事の原動力は?

晩酌かな

菅原建築について

菅原社長の人柄と仕事意識が好きで菅原さんの現場ばかり来てます。
他の現場は社員にまかせても菅原社長の現場だけは自分できて塗りたい。使う塗料にしても有機溶剤なんか入ってない体に害のないものを選んでくれているから良い。自分も勉強になるし、良いものをお客様に塗ってあげられるのが嬉しい。木を主体にした建物ばかりでやりがいがあります。

仕事で意識していることは?

仕上がりの美しさを意識するのは当然だけど、丁寧な仕事ができないと漏水の原因にもなるので細心の注意をはらって仕事しています。

お客様への思い

お客さんと会う機会はほとんどないけれど現場にいるときは、ここで暮らす方のことをいつも考えながら仕事しています。


Hiroshi Fujita
藤田 浩史

職種

塗装工事

略歴

H14.から塗装工事をしています。

好きなもの

お・さ・け

趣味/特技

家族でドライブ、アウトドア

好きな言葉

なんとかなる

仕事の原動力は?

家にかえって一杯(笑)と、やっぱり家族かな

菅原建築について

木を活かした塗装が多く、難しい面もあるけれどやってて楽しいです。社長がよく現場に来てくれるのも助かってます。

仕事で意識していることは?

塗装だから美しく仕上げようといつも気をつけてますし、高い場所に行くのでケガしないよう注意してます。

お客様への思い

お客さんが喜んでもらえることが何よりうれしいです。そのために自分が今できることを精一杯やっていきます!


Hiroyuki Kubota
窪田 広幸

職種

電気工事 (責任者)

資格

電気工事士、酸素欠乏危険作業主任者、ガス溶接作業者

略歴

20代から電気工事をはじめて30年以上。

趣味/特技

魚釣り、自然写真の撮影。

仕事の原動力は?

家でゆっくり過ごすこと、かな。

菅原建築について

梁を見せたり、独特な建て方をしている。大工さんも大変でしょうが、電気工事も天井・壁の断熱材が厚いから電気を通すのも大変!でも、菅原社長がおおらかで話しやすいから良いね。

仕事で意識していることは?

漏電、ケガ、事故。

お客様への思い

普段、電気とか意識しないと思うけど大事な所なので漏電等、ミスないように仕上げます。