エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

断熱気密、よくあるご質問

1.床下(基礎内)の暖かい空気は、二階の各部屋に届くのですか?
2.グラスウールは、寿命が短いのですか?
3.基礎の内側の黄緑色のものは断熱材?
4.基礎断熱の場合、シロアリが心配ですが大丈夫ですか?
5.基礎断熱にウレタンではない断熱材を使うことはできますか?
6.冬も上(二階)のエアコンを使うのですか?
7.冬、床下に1台のエアコンだけで家じゅうがあたたかくなりますか?

床下(基礎内)の暖かい空気は、二階の各部屋に届くのですか?

床下(基礎内)の暖かい空気は、二階の各部屋に届くのですか?

はい、届きます。

各部屋にあるガラリから暖められた空気が各部屋に出てきます。
基礎からは、ダクトをとおして二階にあげています。

また、ガラリだけではなく、階段・吹き抜け等の開口部をとおして各部屋の換気システムによる 吸排気により暖かい空気が循環しています。

グラスウールは、寿命(耐用年数)が短いのですか?

グラスウールは、寿命(耐用年数)が短いのですか?

グラスウールの寿命は、ほぼ半永久的です。

グラスウールは、文字どおり「ガラスの繊維(ケイ酸:SiO2)」です。
そのため、素材は半永久的に持ちます。

ただし、壁内結露を起こさない適切な施工が必須条件です。
壁体内が高湿度となった場合、素材自体は、ガラスですのでほぼ水分を吸着することはありませんが、 断熱材内に湿気が出入りし、断熱材が痩せたりするなど、断熱材としての機能が低下して問題が出ます。

基礎の内側の黄緑色のものは断熱材?

基礎の内側の黄緑色のものは断熱材?

はい、断熱材です。

基礎と土台とをすき間なく断熱するためにも基礎の内側だけは、
発砲ウレタンフォームの断熱材を最低30mmは吹きつけています。
基礎・土台の断熱が不十分だと基礎コンクリートからの冷気により土台が結露する恐れがあるためです。
土台と基礎との気密もとれるので土台上まで吹き付けます。

なお、基礎の外部側には防蟻処理をしたポリスチレンフォーム(スタイロフォーム)の
厚さ50mmを基礎コンクリート打設時に一緒に打ち込んでいます。

基礎断熱の場合、シロアリが心配ですが大丈夫ですか?

基礎断熱の場合、シロアリが心配ですが大丈夫ですか?

新潟の場合、シロアリは、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

日本に生息するシロアリは、多くがヤマトシロアリとイエシロアリの2種類です。
新潟は寒いので食害が強烈なイエシロアリはおらず、ヤマトシロアリですから、
あまり心配されなくても大丈夫です。

防蟻処理は、「エコボロン PRO」を使用しています。当然、安全性の高いホウ酸系です。

基礎断熱にウレタンではない断熱材を使うことはできますか?

基礎断熱にウレタンではない断熱材を使うことはできますか?

はい、グラスウールで基礎断熱を行うこともできます。

グラスウールを使う場合は、はっ水処理されたボード状のグラスウールボード、
厚さ100mmを後貼りします。
グラスウールの下部に砂利を敷き込み水が溜まらないように処置をしますが、
仕上げにメッシュをはり、樹脂モルタルにて仕上げますから費用面でやや割高になります。

セルロースファイバーは、擦れると剥落し床下には不向きです。
また、湿式の吹付けとなり、乾燥にも時間がかかります。

冬も上(二階)のエアコンを使うのですか?

冬も上(二階)のエアコンを使うのですか?

冬は二階のエアコンは、使わなくても大丈夫です。

床下に設置したエアコン1台を動かすことで暖かい空気は上にあがりますから、
二階まで暖かい空気が流れます。床下の空気は各部屋にガラリをとおして伝わります。

もちろん、二階に設置したエアコンを補助的に使うことはできますが、
基本的には床下の1台でまかなえます。

冬、床下に1台のエアコンだけで家じゅうがあたたかくなりますか?

冬、床下に1台のエアコンだけで家じゅうがあたたかくなりますか?

高気密でQ値 1.3以下の性能があればエアコン1台で暖房できます。

エアコンを冷暖房のメインとして使用する場合、
本来あまり使いたくない電気をエネルギーとして使う訳ですが、
他の熱源と比べた場合、省エネ性、経済性で優れているので総合的に判断しています。

なお、Q値が1.4以上の場合は、省エネ性、経済性を考えて
熱源がガスのハイブリッド給湯器による暖房をお勧めしています。


エシカルハウスが“ 体感 ”できます

「本当に真冬にエアコン1台で家じゅう暖かい?」
「本当に真夏もエアコン1台で快適?」

あなたの五感で体感してみてください。
下の画像をクリックすると体感住宅の案内へ移動します。


エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲