住まいの中でも自然を感じながら暮らしたい。

健康にいい素材だけを使った快適な空間がほしい。

そんな理由から、自然素材の家を選ぶ方が増えています。

ところが、ただ無垢材や漆喰などの自然素材を使うだけでは、
住まいの性能として不十分だと、私たちは考えています。

夏は蒸し暑く、冬は寒い、厳しい気候の新潟では、
断熱と気密に優れていることが、
快適で健康に暮らせる住まいの必須条件です。

断熱と気密がもたらすメリット

一年中が春のような快適な温度・湿度

夏、クーラーを消すとすぐに部屋が暑くなってしまうのは、
家の断熱が不十分な証拠です。
また、冬に足元が寒く感じたり、暖房が効きづらいのは断熱が不十分なだけでなく
家に隙間がある、つまり気密性能が低いから。

エシカルハウス(菅原建築設計事務所)では、
断熱と気密それぞれにおいて国土交通省が定める長期優良住宅の基準値よりも
3倍以上高性能(※1)な家づくりができます。

夏は涼しく、冬はぽかぽか。

空調効率も高いため、省エネ(※2)にもなります。

(※1)次世代省エネ基準 新潟市 Ⅳ地域 Q値 2.7 C値 5に対して、
Q値 0.9 C値 0.2 → 断熱3倍・気密13倍の家を造ることができます。

(※2)家じゅうを暖房して 1/5 の燃料消費量だから家計にもやさしい


お子様から高齢者まで家族の健康を守る

あなたの家は冬に結露が発生しませんか?

結露は、湿度のバロメーター。高湿度の家ではカビが発生することもあり、
アレルギーやダニ・ハウスダストなどをもたらします。
また、結露の原因のひとつである家の中の温度差はヒートショックを引き起こすこともあります。
小さなお子様や高齢者がいるご家庭では特に心配ですね。

これらを防ぐためにも、住まいに断熱と気密は欠かせません。