エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

新潟で建てる良い家とは?

1.一年を通じて気候条件の厳しい新潟
2.断熱と気密で住環境性能を上げる
3.長寿命の住宅
4.木の香りがして、冬は暖かく、夏は涼しい家

一年を通じて気候条件の厳しい新潟

私達が住んでいる郷土新潟は四季がはっきりしていて、とても良い所だと思っております。しかし四季がはっきりしているという事を裏返せば、冬寒く、夏は暑い、しかも、冬も夏も湿度が高いのが特徴です。

住宅にとって過酷な、この相反する条件をもつ四季を快適に過ごせる家造りが大切です。

昔は、住宅というのは、高温多湿の夏をいかに過ごすかという事が重要視されていたので、冬季は厚着をしてひたすら耐える事になります。それこそ木と紙で出来た風通しの良い、冬は寒い住宅であったのです。

最近までこの様な基本的な住環境構造は変わらず、暖房をしている茶の間だけが暖かく、暖房が付いていない部屋やトイレ、脱衣場などは外気温と変わらない温度。暖房を消すとたちまち吐く息が白くなるような温度変化の激しい住宅が出来ていたのです。

断熱気密の悪い家(つららができる)
左の写真の家の中の様子
提供:新木造住宅技術研究協議会(無断転用を禁ず)

しかも暖房をしている室内の環境は座っている床の温度は低く、天井は暑いという部屋の中にも温度差がある(頭だけが暑い)状態です。

暖房のきかない家のサーモカメラ見ると...
提供:新木造住宅技術研究協議会(無断転用を禁ず)

家の中の温度変化に人間の体がついていけずに、脳疾患や心臓発作などで倒れる人が多いのです。そして、冷えれば体のあちこちが痛くなり具合も悪く、特に寒い朝などは、起きるのも切なくなるのは当然です。

これを解決するにはやはり家の断熱によって住環境性能を上げることが最重要課題となります。

断熱と気密で住環境性能を上げる

断熱性能を上げる事で健康的で冬暖かく夏は涼しく過ごす事が出来るのです。高断熱の住宅の夏は暑いという人がいますが、これは完全に間違いで、断熱を行ない建物内部に熱を取り込めば確かに暑い家になります。(オーバーヒート)

ただ断熱性能を上げれば良いと言うのではなく、庇を深くする等して夏場の日射を遮り、計画的に空気の流れを作れば快適に過ごす事が出来ます。

夏場の家中の空調を、エアコン一台で済ませることも可能で、断熱性能の良い家は涼しいのです。又、冬も同じ事が言え、日射を積極的に取り入れ暖房機器一台で家中を暖房できます。(パッシブソーラーハウスといいます)

断熱性能と同時に建物の気密も重要です。
気密性が悪いというのは、分厚いセーターを着ていても風を通してしまっては、暖かさを半減するのと同じ状態です。

セーターの上に、ジャンパーなどの風を通さないものを羽織ると暖かいのはお解かりでしょう。建物は最近のハイテク繊維の様に、濡らさず、蒸らさず、風を通さず、しかし、湿気は出す。そして暖かい事が理想です。

もうひとつの理由は、建物の気密が良いと計画的に換気が出来る事があげられます。

計画的な換気とは、暖房で暖めたり、エアコンで冷やしたりした室内の空気を効率よく熱交換し換気して、新鮮な空気と入れ替える事です。
気密性能が悪いとあちらこちらから隙間風が入り、中々換気がうまくいきませんし、せっかく空調をした空気が、あちらこちらに逃げて行きます。

結果的に断熱と気密性能を上げることは結露をおさえ、換気と湿気とうまく付き合う事になり建物と人間の寿命も延ばす事になります。

長寿命の住宅

建物の設計もそれなりの技術力や経験が必要ですし、建てる場所毎にそれぞれ全く別な設計をしなくてはなりません。

新潟の場合は特に梅雨時は勿論の事、冬場の湿気の問題もあり、使用する材料などの検討が必要です。特に気密に関しては職人の技量も重要なので、大手メーカーの様な効率第一の大量生産には向きません。

これからの家は環境に負荷を掛けない材料は元より、限りある石油由来の材料を極力使用せず、リサイクルできる製品を使い、積極的に日差しや床下の冷気などの自然を取り入れ、冷暖房エネルギーを最小限に抑え、四季を通じて人間にも環境にも良好な家造りをすることです。

国はようやく200年住宅(長期優良住宅)という政策を打ち出してきましたが、家の寿命を延ばし、生活の変化による間取り変更にも対応し、メンテナンスも容易で最低でも100年は使って頂くような構造体を造る事(適正なメンテナンスは必要です)が重要です。

今までのように25年程の寿命しかない建物では、資産価値は0になり、売却する場合でも土地の価格のみというのは当然です。

しかし、長寿命の住宅(超長期住宅)はその資産価値を上げ、建てる時には多少高くても、建替えも必要ありませんから、結果的には負担にならずに済みます。

家のローンが終わる頃に会社を定年退職し、その退職金で又新しく建替えなどと言う事ではどうにもなりません。

本物は年数が経っていてもみすぼらしくはならずに、味わいが増します。それは決してベニヤ板や張物の建材では出来ませんし、修理も間々なりません。

実際に本物を造るコストはせいぜい2割増し程度で済むはずです。
しかし、これを大手で造るとなると相当なコストアップとなり恐らく不可能でしょう。

木の香りがして、冬は暖かく、夏は涼しい家

 我々の造る住宅は当たり前の事ですが、木の香りがして、冬は家中暖かく、夏はエアコンを使わなくても、梅雨時の嫌なベトベト感が無く涼しく快適に過ごせ、当然圧倒的な省エネであり健康的な住宅です。

使用する材料も環境に配慮した物、無垢材を多用し、ベニヤ板、ビニールなど石油由来製品を極力使用しない家造りをしています。 無機質な工業製品では暖かさ、快適さも半減し、決して健康的な住まいにはなりません。

効率重視で企業側の方を向いていては決して良いものは出来ません。
大量に生産する工業製品で造ったものは本当の住まいではなく、一軒一軒丁寧に本物で造るのが本当の家造りであり、出来れば国産、地元産の木材を使用する事で山を育て、そこに住む人々の暮らしを支えるものだといえるでしょう。

良い物を末永く大切に使って頂く。これが我々、家を造る者の願いです。


エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲