エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

いくらで家が建てられますか?(価格を詳細にご提示)

「結局、いくらで家に住むことができるのですか?」
「高いのと安いのがあって住宅の価格って何が妥当なのかわからない」
「後からオプション追加ですごく高くなってしまいました」

このような疑問や声を聞いたことはないでしょうか。

 住宅の価格については、不透明な事が多いようですし、様々な提示の仕方があってわかりにくいと思います。また、高いのか、安いのかの比較や判断も難しいのではないでしょうか。

1.住宅価格の妥当性を判断するためには?
2.いくらで新しい家に住むことができるのか?

住宅価格の妥当性を判断するためには?

 価格の妥当性を判断するための一番確実な方法は、詳細な項目毎の見積もりを出してもらうことです。会社によっては、言わないと詳細な見積もりを提示してくれないところもあります。これでは比較できませんので詳細な見積もりを出してもらい1つ1つの項目毎に考えて各社を比べてみてください。

 当社では、全ての工事金額を細部にわたり見積もりし、全ての原価がわかるようご提示いたします。工事途中で仕様の変更などがあった場合は除きますが、設計段階で時間を掛けていますので追加工事はほぼ発生いたしません。

いくらで新しい家に住むことができるのか?

 このページをご覧のあなたが一番気になるのは、「総額いくらで新しい家に住むことができるのか?」ではないでしょうか。 

 住むまでに掛かるお金は、建物本体価格+別途付帯工事費+諸経費で表せます。

といっても、わかりにくと思いますので当社のコンセプト規格住宅「エシカルハウス」の例でご説明いたします。
※エシカルハウスは、モデルハウスや建売住宅ではありません。おおよその仕様や価格をイメージしていただくための架空のプランです。 エシカルハウスの仕様や詳しい内容は、こちらのページでご覧いただけます。

エシカルハウス(約30坪)の場合、建物本体価格は、2,350万円(税別)、
別途付帯工事費285万円(税別)です。

この価格には、冷暖房設備・地盤改良費を含んでいます。地盤改良が不要な場合には、その分差し引かれますし、配管の引込み状況によっては、別途付帯工事が削減され、さらに金額が低くなります。

上記の「建物本体価格」については、キッチンや風呂等の必ずかかる費用が含まれているため、坪数が大きくなればなるほど坪あたりで割安になってゆきます。逆に上記「別途付帯工事、諸経費」の部分は、40坪くらいまでの大きさであれば同じくらい(一定で)かかってくる費用です。

別途付帯工事の部分がわからないと思いますので以下の一覧をご覧下さい。

・共通仮設(仮設電気、水道等使用料共):750,000
・地盤改良費             :800,000
・屋外配管工事            :300,000
・空調設備工事(エアコン2台分)   :500,000
・ガス工事              :200,000
・電気引込工事            :300,000
                  計 2,850,000

上記に加え、諸経費として建築申請や登記、引っ越し、住宅ローン諸経費等の費用が数十万円~かかります。
また、外構(エクステリア)工事をする場合には、数十万~必要ですのでおさえておいてください。

なお、当社の経費は概略で下記の様に設定しています。

 ※設計及び監理のみの場合 150万円(工事金額は2000万円程度)より
 ※設計施工で工事金額2500万円の場合、以下の金額が含まれます。
    ・設計費150万円
    ・諸経費15%相当 350万円(設計費と諸経費合わせ全体の20%)

小さな事務所ですので経費が余りかからず、熱意を持って、お客様本位の仕事をしているつもりです。いわゆる「建物本体価格」も合わせて提示しておりますので、私どもの内容と価格を比べていただければきっとご満足頂ける価格となるはずです。


エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲