1.設計にかかる時間、かける時間
2.設計の流れ

設計にかかる時間、かける時間

お客様一人一人の好みが違うように、家も一軒一軒全く違った家造りとなりますので、設計完了まで最低3ヶ月から通常半年程(長い場合は1年)かかります。

一生の大仕事ですので簡単に決める訳にはいきません。

当社は、何回何十回と納得の行くまでお話を伺い、お客様と二人三脚で家造りを行ないます。

設計の流れ

設計の流れは次のように行ないます。


①プランニング

最初のお打合せでご希望を伺いプランニング(平面図、姿図(立面図)等)を行います。 気に入って頂ければ設計の御契約を行い、(この時点で設計料が発生します。)続いてそのプランを元に日数を掛けてご検討頂き、お話を何回でも伺い、最低5、6回はプランの変更を繰り返し行います。


②本設計

概ねプランが固まりましたら、本設計に入ります。

本設計の段階でも月に最低2回はお打合せが必要です。

まだまだこの時点でも変更は可能です。

さらに細部の変更を繰り返し煮詰めて、本設計は作図を含めて最低2~3ヶ月は掛かります。

設計図は通常の大きさの家ではA3サイズで30枚前後、ディテール等の細かい詳細図を入れると最終的には50枚位の量となります。

こちらの要求を確実に伝え、完全な施工を行なうためには必要な枚数だと思っており、設計図に不足がある場合は、建物の出来に即関係してまいりますので、神経を使うところです。

設計図が出来上がりましたら、施主様のご承認を頂きます。

設計図が出来上がりましたら、施主様のご承認を頂きます。

③見積書作成
続いて建物の積算を行ない、見積もり書を作成し、価格の摺り合わせを行ない、さらに最終調整をし、御承認を頂ければ工事の本契約となります。

設計の段階で家造りの80%は完了です。