エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ


プロフィールはこちら
1 / 3123

野外活動開始 (2017.05.18)

ゴールデンウィーク前半に宮城県で行われている音楽フェスに行ってきました!

大学仲間8人で参戦です!

DSC_3458_1

毎年恒例になりつつあるこの音楽フェス・・・夜の20時まで気が抜けません。

DSC_3421_1

開園時間まで並びます!

この時間にどのアーティストをみるか作戦会議!

タイムテーブルを穴があくほど読み込みます。

みちのく、つがる、はたはた、あらはばき、はながさ、ばんえつ、ざおう

といった東北にちなんだ名前の各ステージがあります。

会場の端と端で徒歩30分かかるステージもある広大さ・・・

DSC_3429_1

メインステージエリアで拠点を設営!

とりあえず乾杯です・・・

家族で参加している方々もたくさんいます。

音楽に合わせて、幼児を抱っこしながら縦揺れしているママを発見・・・ファンキー。

DSC_3432_1

このフェスの楽しみは、毎年最後に行われる出演アーティストのスペシャルセッションと

開催場所の環境もさることながらフェス飯が美味しいこと!!

今回のお気に入りは、このドラゴンチキン・・・手のひらサイズの鳥の唐揚げです。

DSC_3436_1

新潟県のブースもありました。村上牛茶漬けですって。

DSC_3449_1

夜は夜で各ステージエリアでこんな感じになります。

昼とはまた風景が変わるので、散策するのが楽しいです。

DSC_3453_1

お気に入りのアーティストを間近で見る為に前戦を攻めに攻め

周囲の興奮も相まって揉みくちゃにされること三回・・・

最後のスペシャルセッションを見る頃には廃人になっていました。

斉藤和義さんの歌うたいのバラッドも生で聴けたので満足。

下町ロケットの財前さん(吉川晃司さん)のシンバルキックを見れなかったのは悔やまれますが・・・

気分爽快!今年も充実した楽しい二日間でした。

その反動でゴールデンウィーク後半は持病が暴れに暴れ・・・時に悲劇。

 

次は、苗場で行われるあのフェスと新潟市内のあのフェス・・・今年の夏も忙しくなりそうです。

 

 

 

 

 

半年点検 (2017.02.23)

先週末にK様邸のお宅に半年点検でお邪魔させていただきました。

P2181303_1

この日は、K様の「是非ご一緒に!」という素敵なお言葉もいただき、ボスの娘ちゃんも一緒に訪問。

P2181302_1

子どもが集まれば、とっても賑やか!・・・それなんの遊びーーー!?

 

あれ?

P2181304_1

どどどドラえもんの寝床がある!!!

新しい和室の収納の使い方をありがとうございます。

小さい頃からドラえもんで育っている私には、大変嬉しい発見でございました。

小さいお子さんがいらっしゃると当社の和室は、おもちゃコーナーになるのが大定番!

K様のお宅は、お片づけがしやすいように、カゴにしまうおもちゃの写真が貼られていました♪

P2181305_1

途中からK様のお子さまが大好きな我らが大棟梁を召喚!

ご近所な大棟梁は、ちょっとした不具合を颯爽とこなして、帰っていったのでした。

P2181307_1

図書コーナーにあるカウンターでお絵かき中のお子さま。

 

新居で過ごすはじめての冬は、お子さまがお風呂あがりに服を着てくれないほど快適に過ごされた

とお聞きし、安心しました。

また、こうすればよかったと思うところが見当たらない!という嬉しいお言葉もいただき、

大変励みになる楽しい半年点検となりました。

 

K様!ありがとうございました!

異国の国へ・・・後編 (2017.02.21)

すがけんの桐生が行くバルセロナの旅、後編でございます。

お話は、2日目の朝から始まります。

 

前日の21時に就寝した友人のヒタっ・・・ヒタっ・・・という気持ち悪い足音で目覚めました。

「あいつらまだ寝てやがるぜ(小声)」という友人の一言で完全に開眼。

時計をみると朝5時・・・はやっ。こういう時に物音に敏感な私の性質を恨みたくなります。

朝食の7時まで2時間もあるよ・・・どうしてくれる!!!

1485234960871_1

そんな小さい争いを朝から行いながら、スペインの加工肉の美味しさに舌鼓。

パンも美味しい!コーヒーも美味しい!朝からこんなに食べれるんですねという位、お腹に収納。

偶然、同じホテルに日本人の御夫婦が宿泊していることも分かり、束の間の安堵感を味わいました。

 

この日は、現地の市内観光ツアーに申し込んでいたので、

少し早くホテルを出て町並みを見ながら集合場所に行こう!

と張り切っていたはずが、友人の入念なる準備でギリギリの出発。走れーーーーー!!

1485235502189_1 1485235506370_1

集合場所は、バルセロナの凱旋門。集合時間の8時20分ぴったりに到着。

朝日がとてもまぶしい・・・思わぬ早朝ランニングで汗も輝く。

道中、バルセロナ市民の方に「アリガトゴザイマス」と話しかけられもしました。

そして「アリガトゴザイマス」となぜか返してしまう我々日本人。

 

現地ツアーの始まりは、モンジュイックの丘公園です。バルセロナ市内が一望できます。

近くには、ミロ美術館、オリンピックスタジアムもあります。

1487596580651 1485234637377_1

1487596732441 1487596565288

この公園の面白い所は、廃材を利用したデザイン。牛乳瓶の底など見つけた時が楽しい。

この日は、マンションのような豪華客船も港にとまっていました。

後々調べると、MSCスプレンディダ という豪華客船。とにかく大きかった・・・

 

そして二番目は、待望のサグラダファミリア大聖堂!

近づくにつれて、その迫力に手が震えました。でででかーーーい!!!

1485234649858_1 1485235292322_1 1485235287060_1

中央の写真は、生誕の門の彫刻。

イエス・キリストの誕生を歓ぶ全ての生命達を表現しているそうです。

一番右の写真の扉は、日本人の佐藤悦郎さんがデザイン・製作したもの!

とても繊細で、彫刻とは思えない・・・

1487596373939 1485235308090_1 1485234663979_1 

中に入ると、光のファンタジー!!!

そこで気になる構造。どうやってこんな大空間を持たせてるんだろう・・・

地下にある記念館にいくとその疑問は解決しました。ガウディあんたすごいよ!

1485242346866_1 1485240937278_1

建物の方角でステンドグラスの色が違うので、午前と午後で全く別な表情をみることができます。

一眼レフ持ってくればよかった・・・

 

一行は、コカ・コーラを片手にサグラダファミリアから歩いて40分のグエル公園へ!

ここからガウディ作品ローラー大作戦!!

1485234857733_1 1485235463416_1

廃材のタイルを使用したグネグネしたベンチとトカゲの像が有名です。

1485235592816_1 

このお菓子の家のような可愛らしい建物は、公園の門番なのだそう。窓の配置で顔みたいに見えます。

もちろんこの建物の中も入れます!我々は、時間がないので断念!!

 

恐れていた地下鉄にも乗り、建築の教科書に必ず出てくるカサ・ミラへ!

1485235563081_1

着いたころにはすっかり暗くなってしまいました・・・

外観は、地中海の波をテーマにしたデザインなので、ウネウネしているのが特徴です。

こう見えてマンション。現在も住まわれている方がいるそうです。

 1487579846957  1485235421481_1

日本にはない曲線の世界。ガウディの建物は、屋上も面白いですよ。

 

そしてカサ・ミラの道路挟んで向かいにある一番のお気に入り!カサ・バトリョ!

建物のテーマは、海の世界。建物はクリスマスシーズンの為、素敵な装飾がされていました。

1485235382743_1 1487596656437 

室内に入ると、青いタイル仕上げのライトウェル(光の井戸)が印象的です。

明かり取りの窓は、上の階から下の階にいくほど大きくなっていて、

日差しを取り入れる工夫がされていました。

スマホのような形状をしたハイテクな館内案内の機械を建物に向けると

昔、どういう風に生活していたかを見ることができます。これが面白い!!!

1485235392014_1

この曲線に合わせて造られた建具・・・当時の職人さんの声を聞いてみたい。

 

カサ・バトリョを見終えた頃には21時。そんな時間まで開館している世界遺産もすごい・・・。

疲れ果てた我々は地下鉄に乗り、ふらふらとホテル近くのバルへ。

1485234971067_1 1485234981458_1

本場のサングリアもパエリアも美味でした。スペインのビールも飲んでみたかったけど・・・

(ビールと言ったのに、サングリア飲んだほうがいいよ!と頑なに店員さんに言われた。)

こうしてバルセロナ最後の夜を終えたのでした。

 

弾丸トラベルでしたが、初海外旅行はとても楽しかったです。

行きたいところはたくさんありましたが、限りある時間で楽しみつくす。それが我々のモットー。

10年後サグラダ・ファミリアが完成した際に、また行きたいと思います。

IMG_20161226_223621_1

帰りの飛行機にて。

以上、バルセロナ旅行レポートでした。

 

異国の国へ・・・前編 (2017.01.30)

去年の12月末にお休みを頂き、さりげなく人生初の海外旅行に行って参りました!

行き先は、初めて海外旅行に行くなら絶対ここ!と想いを馳せていたスペインのバルセロナへ!

 

深夜に羽田空港を旅立ち、バルセロナに着いたのは現地時間のお昼頃。

 

バルセロナの最寄の空港に着いて早々、日本のサイン計画の有難さを知る。

斜め下の矢印に振回され、途中で消える電車のサインに翻弄され、スペインの洗礼に脅える私たち。

空港から出られない・・・という先行き不安な絶望も味わいながら

お仕事で海外出張へ度々行っている友人の活躍で、無事バルセロナ市内のホテルに着いたのでした。

 

実質動けるのは2日間・・・ボヤボヤしている時間はない!!!

 

ということで、バルセロナといえば、建築家アントニオ・ガウディの建築作品群。

1485240943000_1

まずは、ホテルのお向かいに建つグエル邸へ。

建築家として駆け出しのガウディの才能に眼をかけ、自身の家造りも依頼したグエル伯爵のお家です。

内装が豪華絢爛。なによりも2階のサロンから見上げた17mもある吹き抜けがとても綺麗!

(外観は、え?これもガウディ?ほんとに?という位、地味な印象でしたが・・・)

1485235908246_1  

そして、日が暮れる中、謎のシルエットの像が気になり、海岸の方へ散策。

コロンブスさんでした。

1485235920232_1

コロンブスさんがいるポルトベイの港がこれまた素敵なんです。

日本海とは全然違う・・・

1485234619152_1

長時間の移動で疲れ果てた我々は、ホテル近くのサン・ジョセップ市場へディナーを調達に行きました。

ここでイベリコ豚の生ハム、ピクルス、フルーツ、牛串などなどを購入。

その帰り道のスーパーでビールとワインを購入し、初日のディナーは、ホテル飲みとなりましたとさ。

 

友人の一人が21時に就寝したのをきっかけに、こうして1日目は終わったのでした。

 

続く・・・

 

 

 

 

筋肉痛 (2016.02.29)

2月末に今シーズン初の雪山滑走に湯沢へ行ってきました。

 

この日は、なんと快晴!

そして、手袋が汗でバシャバシャになる程の暖かさ!!

寒さを見越して、タートルネック+ヒートテック+腹巻+ホッカイロ(お腹・背中の両面貼り)と

耐寒装備を強化していた私にとっては灼熱地獄・・・滑るサウナ状態でした。

ga-ra2 (2) ga-ra1 (2)

その代わりスキー場からの景色は、絶景!

こんな景色を見ながら、ビールを飲めたら最高!←しませんけどね

脚の軽い筋肉痛だけで、至って普通に動いていた私ですが、

納得いかないことが、ただひとつ・・・

mokei1 (1) mokei1 (2)

この模型を造り始めた次の日に二の腕に痛みが・・・

常々、自分の筋力の無さに気づかされている私ですが、模型製作で筋肉痛になるレベルにガッカリ。

カッターの先に気持ちを込めすぎたのでしょう・・・

なにかの偶然と思いたい・・・今日この頃。

1 / 3123

エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲