コンテンツへスキップ

6月はじめにおしゃれキャンパーが集うキャンプフェスに行ってきました。

会場は、私の好きなキャンプ場の1つである「猪苗代オートキャンプ場」でございます。

磐梯山がくっきり。とても良い天気に恵まれました。

憧れのSUP!いつかやってみたい・・・。

某ビールメーカーも協賛していたので、合言葉を言うと無料でビールを貰える仕組み。

近くにイワナも売っておりまして、ついつい4人分まとめて買うといくらになりますか?

と悪気もなく素直な気持ちで値段交渉・・・優しいお兄さんでお安くしてくれました。

手に入れたイワナエール(イワナ+香るエールの略称)で早速乾杯です。

会場にはアウトドア用品を見て体験して購入できる場所もあります。

某アウトドアショップに通いなれている私は、見たことのない雑貨がいっぱいで大興奮。

新潟のキャンプ場も来ていました。

※本当は海まで5分くらいだそうです。

やはりおしゃれキャンパーの集い・・・おしゃれなテントサイトがいっぱいです。

キャンプにいったら何を食べているんだ?という質問があったので載せましょう。

この日は筍ご飯とお肉を焼いて、おやつにバナナとチョコのホットサンド!

今回はソロキャンプのプロがいましたので、贅沢なデイキャンプになりました。

湖水浴もできますが、ひしの実には要注意です。

音楽を聴いて、ビールを飲んで、湖の波の音を聴きながら・・・いつの間にか夕方に。

この夕日がまた見たくてこのキャンプ場に来てしまうんですねえ。

気づいたら黄昏人が・・・お兄さんにもきっと良いことがあるよ。

今年初の花火も見れて楽しい1日となりました。

・・・次は、ひしの実なんぞ踏んでやらないんだからな。

 

 

 

 

 

8月11日~13日までお休みを頂き、佐渡へ行ってきました。

佐渡には、一度、行ったことがありますが、その時の思い出はというと・・・

常にキラキラが出ていたこと。

そう、私は三半規管が弱いのです。

そんなキラキラな思い出を払拭するべく、佐渡の大自然満喫計画を実行しました。

さらば、新潟。

二度と同じ失敗はしない・・・酔い止めをきちんと服用。

お盆の時期もあって佐渡汽船の指定席は2ケ月前で既に売り切れ状態。

今回は、ときわ丸の二等席で佐渡へ向かうことになりました。

酔い止めの効果も抜群。

しかし、謎のどこからともなくやってくる靴下の嫌な匂い・・・

そんな匂いと格闘しながらもあっという間に佐渡へ到着。

 

到着後のおおざっぱな野望行程はこちら・・・

1日目

スキューバダイビング

2日目

トンデン山登山

3日目

レンタサイクルでお土産を手に入れながら港へ

 

そして実行!

ミッション1:人生一度はやってみたかったスキューバダイビング!

座学と浅瀬で実際に呼吸法やトラブルシューティングを学ぶこと一時間・・・

無事潜れましたーーー!水深5メートルの世界へ!とにかく楽しい!!!

 

 

 

必死すぎて、お魚の名前を教えてもらったのに忘れてしまいました。

ダイビングを終えて、陸地へあがると重力の重さたるや・・・

 

ダイビング終了後、宿泊先のキャンプ場へ向かう移動中にひまわり畑に寄り道しました。

日本海とひまわりのコラボレーションは、とても新鮮。そして綺麗。

1日目の終わりには、キャンプ場の目の前の海水浴場で花火も見れました!

 

ミッション2:トンデン山に登りたい!

台風5号が過ぎた直後でしたので、お天気が大変不安定・・・

2日目の早朝にも大量の雨が降った痕跡と怪しい雲行き。

しかし我々が活動し始めると、あら不思議・・・晴れました!

ただこの日、残念ながら佐渡のお山全域には厚い雲が被さっていました。

 

登り始めるも雲、雲、雲・・・霧、霧、霧・・・ 

 

道中に現れる綺麗な蝶々や自然の石畳み、トンデン山の草原にとても癒されます。

 

ここぞという時の自称晴れ女!山頂で晴れ間を出現させました!!

 

標高900mを登りきった感を出していますが、実はワープを使ってトンデン山荘まで行きました。

そこから山頂まで700m・・・気軽に登山したい方にオススメです笑

 

ミッション3:レンタサイクルで島をサイクリングしたい!

この天気でレンタサイクルは空いているに違いないと思っていたら、なんと1台もない・・・

我々よりタフな人がたくさんいました・・・ミッション失敗。移動手段を路線バスに変更。

バスの時間までに両津港近くの商店街巡りをしながら、お昼も兼ねてはしごランチ!

回らないお寿司屋でお造り、地元の揚げ物屋さんでハムカツ、オオサカヤでデザートまで堪能しました。

 

路線バスに揺られること1時間と15分・・・キャンプ場に戻って来た時には夕方になっておりました。

 

名残惜しい佐渡旅行、最後の晩餐の開始です。

穏やかな真野湾を眺めながら一次会・・・移動して佐渡産の海鮮バーベキューで二次会。

(※前日は花火を見ながら一次会・・・移動してお肉だらけバーベキューで二次会)

 

キャンプ場の管理人さん、レンタカーの受付のお姉さん、路線バスの運転手さん、話しかけてくれた地元のおばあちゃん、佐渡の人は質問すると気さくに答えてくれる素敵な方々ばかりでした。

 

2泊3日いたにもかかわらず、佐渡が広すぎて、味わえなかった場所がたくさん。

 

時間ができたらまた佐渡に行こうと思います。

 

佐渡の方々の人柄とゆっくりと流れる大自然の風景に心を掴まれた旅行となりました。

 

ダイビングのライセンスをいつかとって、次回佐渡に行った時にはコブダイと泳ぎたい!

 

また新しいやりたいことができました。

 

 

 

ゴールデンウィーク前半に宮城県で行われている音楽フェスに行ってきました!

大学仲間8人で参戦です!

DSC_3458_1

毎年恒例になりつつあるこの音楽フェス・・・夜の20時まで気が抜けません。

DSC_3421_1

開園時間まで並びます!

この時間にどのアーティストをみるか作戦会議!

タイムテーブルを穴があくほど読み込みます。

みちのく、つがる、はたはた、あらはばき、はながさ、ばんえつ、ざおう

といった東北にちなんだ名前の各ステージがあります。

会場の端と端で徒歩30分かかるステージもある広大さ・・・

DSC_3429_1

メインステージエリアで拠点を設営!

とりあえず乾杯です・・・

家族で参加している方々もたくさんいます。

音楽に合わせて、幼児を抱っこしながら縦揺れしているママを発見・・・ファンキー。

DSC_3432_1

このフェスの楽しみは、毎年最後に行われる出演アーティストのスペシャルセッションと

開催場所の環境もさることながらフェス飯が美味しいこと!!

今回のお気に入りは、このドラゴンチキン・・・手のひらサイズの鳥の唐揚げです。

DSC_3436_1

新潟県のブースもありました。村上牛茶漬けですって。

DSC_3449_1

夜は夜で各ステージエリアでこんな感じになります。

昼とはまた風景が変わるので、散策するのが楽しいです。

DSC_3453_1

お気に入りのアーティストを間近で見る為に前戦を攻めに攻め

周囲の興奮も相まって揉みくちゃにされること三回・・・

最後のスペシャルセッションを見る頃には廃人になっていました。

斉藤和義さんの歌うたいのバラッドも生で聴けたので満足。

下町ロケットの財前さん(吉川晃司さん)のシンバルキックを見れなかったのは悔やまれますが・・・

気分爽快!今年も充実した楽しい二日間でした。

その反動でゴールデンウィーク後半は持病が暴れに暴れ・・・時に悲劇。

 

次は、苗場で行われるあのフェスと新潟市内のあのフェス・・・今年の夏も忙しくなりそうです。

 

 

 

 

 

先週末にK様邸のお宅に半年点検でお邪魔させていただきました。

P2181303_1

この日は、K様の「是非ご一緒に!」という素敵なお言葉もいただき、ボスの娘ちゃんも一緒に訪問。

P2181302_1

子どもが集まれば、とっても賑やか!・・・それなんの遊びーーー!?

 

あれ?

P2181304_1

どどどドラえもんの寝床がある!!!

新しい和室の収納の使い方をありがとうございます。

小さい頃からドラえもんで育っている私には、大変嬉しい発見でございました。

小さいお子さんがいらっしゃると当社の和室は、おもちゃコーナーになるのが大定番!

K様のお宅は、お片づけがしやすいように、カゴにしまうおもちゃの写真が貼られていました♪

P2181305_1

途中からK様のお子さまが大好きな我らが大棟梁を召喚!

ご近所な大棟梁は、ちょっとした不具合を颯爽とこなして、帰っていったのでした。

P2181307_1

図書コーナーにあるカウンターでお絵かき中のお子さま。

 

新居で過ごすはじめての冬は、お子さまがお風呂あがりに服を着てくれないほど快適に過ごされた

とお聞きし、安心しました。

また、こうすればよかったと思うところが見当たらない!という嬉しいお言葉もいただき、

大変励みになる楽しい半年点検となりました。

 

K様!ありがとうございました!

すがけんの桐生が行くバルセロナの旅、後編でございます。

お話は、2日目の朝から始まります。

 

前日の21時に就寝した友人のヒタっ・・・ヒタっ・・・という気持ち悪い足音で目覚めました。

「あいつらまだ寝てやがるぜ(小声)」という友人の一言で完全に開眼。

時計をみると朝5時・・・はやっ。こういう時に物音に敏感な私の性質を恨みたくなります。

朝食の7時まで2時間もあるよ・・・どうしてくれる!!!

1485234960871_1

そんな小さい争いを朝から行いながら、スペインの加工肉の美味しさに舌鼓。

パンも美味しい!コーヒーも美味しい!朝からこんなに食べれるんですねという位、お腹に収納。

偶然、同じホテルに日本人の御夫婦が宿泊していることも分かり、束の間の安堵感を味わいました。

 

この日は、現地の市内観光ツアーに申し込んでいたので、

少し早くホテルを出て町並みを見ながら集合場所に行こう!

と張り切っていたはずが、友人の入念なる準備でギリギリの出発。走れーーーーー!!

1485235502189_1 1485235506370_1

集合場所は、バルセロナの凱旋門。集合時間の8時20分ぴったりに到着。

朝日がとてもまぶしい・・・思わぬ早朝ランニングで汗も輝く。

道中、バルセロナ市民の方に「アリガトゴザイマス」と話しかけられもしました。

そして「アリガトゴザイマス」となぜか返してしまう我々日本人。

 

現地ツアーの始まりは、モンジュイックの丘公園です。バルセロナ市内が一望できます。

近くには、ミロ美術館、オリンピックスタジアムもあります。

1487596580651 1485234637377_1

1487596732441 1487596565288

この公園の面白い所は、廃材を利用したデザイン。牛乳瓶の底など見つけた時が楽しい。

この日は、マンションのような豪華客船も港にとまっていました。

後々調べると、MSCスプレンディダ という豪華客船。とにかく大きかった・・・

 

そして二番目は、待望のサグラダファミリア大聖堂!

近づくにつれて、その迫力に手が震えました。でででかーーーい!!!

1485234649858_1 1485235292322_1 1485235287060_1

中央の写真は、生誕の門の彫刻。

イエス・キリストの誕生を歓ぶ全ての生命達を表現しているそうです。

一番右の写真の扉は、日本人の佐藤悦郎さんがデザイン・製作したもの!

とても繊細で、彫刻とは思えない・・・

1487596373939 1485235308090_1 1485234663979_1 

中に入ると、光のファンタジー!!!

そこで気になる構造。どうやってこんな大空間を持たせてるんだろう・・・

地下にある記念館にいくとその疑問は解決しました。ガウディあんたすごいよ!

1485242346866_1 1485240937278_1

建物の方角でステンドグラスの色が違うので、午前と午後で全く別な表情をみることができます。

一眼レフ持ってくればよかった・・・

 

一行は、コカ・コーラを片手にサグラダファミリアから歩いて40分のグエル公園へ!

ここからガウディ作品ローラー大作戦!!

1485234857733_1 1485235463416_1

廃材のタイルを使用したグネグネしたベンチとトカゲの像が有名です。

1485235592816_1 

このお菓子の家のような可愛らしい建物は、公園の門番なのだそう。窓の配置で顔みたいに見えます。

もちろんこの建物の中も入れます!我々は、時間がないので断念!!

 

恐れていた地下鉄にも乗り、建築の教科書に必ず出てくるカサ・ミラへ!

1485235563081_1

着いたころにはすっかり暗くなってしまいました・・・

外観は、地中海の波をテーマにしたデザインなので、ウネウネしているのが特徴です。

こう見えてマンション。現在も住まわれている方がいるそうです。

 1487579846957  1485235421481_1

日本にはない曲線の世界。ガウディの建物は、屋上も面白いですよ。

 

そしてカサ・ミラの道路挟んで向かいにある一番のお気に入り!カサ・バトリョ!

建物のテーマは、海の世界。建物はクリスマスシーズンの為、素敵な装飾がされていました。

1485235382743_1 1487596656437 

室内に入ると、青いタイル仕上げのライトウェル(光の井戸)が印象的です。

明かり取りの窓は、上の階から下の階にいくほど大きくなっていて、

日差しを取り入れる工夫がされていました。

スマホのような形状をしたハイテクな館内案内の機械を建物に向けると

昔、どういう風に生活していたかを見ることができます。これが面白い!!!

1485235392014_1

この曲線に合わせて造られた建具・・・当時の職人さんの声を聞いてみたい。

 

カサ・バトリョを見終えた頃には21時。そんな時間まで開館している世界遺産もすごい・・・。

疲れ果てた我々は地下鉄に乗り、ふらふらとホテル近くのバルへ。

1485234971067_1 1485234981458_1

本場のサングリアもパエリアも美味でした。スペインのビールも飲んでみたかったけど・・・

(ビールと言ったのに、サングリア飲んだほうがいいよ!と頑なに店員さんに言われた。)

こうしてバルセロナ最後の夜を終えたのでした。

 

弾丸トラベルでしたが、初海外旅行はとても楽しかったです。

行きたいところはたくさんありましたが、限りある時間で楽しみつくす。それが我々のモットー。

10年後サグラダ・ファミリアが完成した際に、また行きたいと思います。

IMG_20161226_223621_1

帰りの飛行機にて。

以上、バルセロナ旅行レポートでした。