床屋行き休業中につき... (2013.03.08)

主人は友人が床屋さんなので、いつもその友人に髪を切ってもらっています。

ところがその床屋さんがケガをしてしまい、しばらく休業中。そんな訳で主人の床屋行きも休業中…

元々、天然パーマなのでどんどん頭は鳥の巣状態に(゚Д゚≡゚Д゚)?。

「近所の床屋さん(女性が経営していらっしゃいます)に行っておいで」

「女の人のやってる店になんて恥ずかしくて行けるわけねぇねっか」

「じゃあ、少し行ったところの男の人がやってる床屋さんに行けばいいじゃない」

「うん、行ってみる…」

と言いながらも、やはり初めてのお店には恥ずかしくて行きにくいのか、全く行く様子がない上に「美容院、次いつ行くん?」と私に聞き出す始末。

実は、私の長年通っている美容院は殆どが男性陣営で固められているのを知っているので、初めてでも、しかも“美容院”でも(美容院を彼はパーマ屋と言います…)一緒になら行けると遠まわしにつついているのは明らか。

お客様が来社される度に、主人の頭が気になっていたのでとうとう私の通っている美容院に連れて行ってきました!あぁ、サッパリ!!

家づくりや建築に関してならセミナーまで開催できるくらい話ができるのに、実は本当に恥ずかしがりやなのです。困っちゃいますよね。

 

 

簡単に造れる? (2013.02.24)

最近色々の会社から

粗利30%以上だの簡単に造れるスマートハウスだの

のセミナーの案内が来ます。

内容はお話しするのもバカバカしい・・・・

しかも販売の仕方やら様々なノウハウを聴いてなんと!セミナーの会費は3,000円!!!

セミナーの開催者は住宅関係の人でしょうから、商売敵に儲け話をたった3000円で大公開!

こんな良い話はありません!!

このようなものに飛びつく業者があればそれは自由ですし

非難するつもりもありませんが、

簡単に家は造れる訳がありませんし、私、設計者も職人も真剣勝負です。

我々の造った家はお客様が亡くなっても子、孫の代まで住んで頂くもなのです。

家はその人たちの人生の一部なのですから、決していい加減なことはできません。

ましては「1千万で出来る」だの「必ず売れる家」などという家は造りたくもありません。

私共も会社ですからそれなりの利益は必要ですが、そのようなことまでして儲けたくはありません。

お客様に業者の見積書も堂々とお見せしますし、当社の経費分もオープンにしています。

なんら隠す必要は無いと思っています。

お客様あっての会社です。

これで良いと満足したらおしまい。常に先、もっと良いものをと考えて、

日々精進です。

 

 

 

 

 

 

 

建築士の娘 (2013.02.21)

建築士の妻です。 やっとブログを開始しました!

建築に関しては素人の私ですが、建築に関することも全く関係ない事も 面白い話などを綴っていければと思っています。

さて、わが家には年中児(5歳)のおてんば娘がおります。

つまり、彼女が表題の「建築士の娘」なのですが 年少さんの時とは違い、ボキャブラリーが増えてきたなと感じる日々です。

そんな娘のこの冬のはじまりの頃のことです。 ある日、サッシのガラスが曇っているのを見て言った言葉は、 「あ、結露してる~」でした。

普段の主人と私の会話をよく聞いているんだな~、と感心しながらも

5歳児が「くもってる~」ではなく「結露してる~」と言うのも ちょっと可愛くないかも★と思うのでありました。

思い返してみても「くもってる」という言葉を娘の口から 聞いたことはなく、いつも「結露してる」なのです。

自分のおもちゃを暖房している暖かい部屋に持ってきても

「あ、結露した。」と言い、

風呂上がりに私のメガネが曇っていると

「ママのメガネ、結露してるから拭かなくちゃ!」

と、余計なお世話で、ティッシュペーパーで拭いてくれます...

(キズがつくからやめてほしいんだけど、ホントは、トホホ(ーー;))

日常生活に業界用語はあまり使わないように気を付けよう、と思う 母なのでありました。

ハードスケジュール (2013.02.13)

昨夜は久しぶりに徹夜!

明日は午後から設計のプレゼンなので頑張らねば。

とりあえず提出する資料はそろったので一安心。

 

お陰様で最近お客様から沢山お問い合わせを頂き只々感謝1感謝!

これほどうれしい事はありません。

2月も中旬が過ぎようとしていて

地域ブランドの締め切りが間近なので、少々焦り気味・・・・

設計スタッフの募集もかけたので、少しの辛抱

春から新築工事が始まります。

今年はさらに省エネ住宅にするため新しい断熱仕様にしますので

こうご期待!

追々ご報告いたします。

 

 

棟梁ダウン (2013.01.10)

来週末にお客様の持ってらっしゃる

ケヤキを見に行くので棟梁に電話したら

風邪でダウンしていました。

めったに風邪などひいて寝込むことはないのに

珍しい!!

「どんなだ?熱あるんか?」

「8度くれぇ~あるれや。」

「飯食べられるんか?」

「お~!オガ(俺)なんて40度も熱が出たって腹がすくすけ大丈夫られや!」

と言っていたので全く心配は無用のようでした。

60も過ぎるとさすがに寒さが応えたのでしょう。

週明けには完治すると言っていたので大丈夫と思います。

オイラも体を冷やすと悪いので中から暖めますかな!