コンテンツへスキップ

今日から9月。

新潟も相変わらず30度以上の日が続いています。

昨日は午後から上越の現場。

電力と引き込み電柱の位置の打ち合わせ。

 

現場は暑い中1階の建て込みが始まっていました。

柱筋は立ち上がり、型枠の建て込み真っ最中!

1階のコンクリートを11日に打設できるよう、頑張っていました。

 

ほとんどが、コンクリートの化粧打ち放しなので、型枠工事は大変です。

まあ、打ち上がってしまえば、そまま仕上げになるので、それで終わり。

しかし、その分神経を使うので、大工さんは面倒です。

 1階の建て込み
上部に高圧線があって、

レッカーが思うように使えない

 

 

現場打ちのPC梁があり、工程が一つ多いので、

現場の所長さんは工程表とにらめっこの毎日です。

 

無事、無事故で工程通り進むよう、皆さん頑張っています。

今日は上越へ定例打ち合わせ。

現場は根切り、捨てコン、墨出しが終わって、地足場組建て中!

 

来週から基礎の鉄筋組み立て作業に入ります。

上越現場全景

現場全景

 

地足場の組み立て中

 

 

 

 

矢板の内側

矢板の内側はこんなかんじ

杭の頭の補強筋がみえます

白く見えるのが捨てコン

 

 

 

上越は新潟県内でも暑いところ。

鳶職の人たちも大変そう。

 

 

 

 

先日敷地の測量に行った建物の基本計画を始めました。

農地の転用が必要ですので来月の始めまでに、建物の大きさと配置を決めなければなりません。

敷地は東西に広く、計画しやすい敷地なのですが、最初に建物を置く場所にはいつも悩みぬきます。

 

諸条件によりますが、現在の建物は大体、敷地に余裕がある場合、南側を外部へ開放します。(大きい開口部をつくる)

しかし、昔の建て物(住居系)は余り、方位などは気にせずに、道路のあるほうに開放しています。

つまり、人の出入りがしやすい方に縁側が有り、隣人など親しい間柄の人などは、玄関などから入る事はせず、縁側、いわゆる庭から出入りしていたのです。

玄関は、家の主人や目上の人が出入りするもので、家人は勝手口から出入りしたのです。

日射の関係も、昔の建物は夏を如何に快適に過ごす事を旨としていましたので、現在のように室内に、日射を進んで取り入れるなどという事は全く考えてはいません。

まして、武家屋敷などは全て藩の官舎(社宅のようなもの)ですから、

南向きが良い」とか、「北向きの敷地は嫌だ」などと言う事は一切出来ません。

大名屋敷や上級武士などは別ですが、一般の武士の世帯は、普通に町人と交わっていたようですし、仲の良い者同士、自由に家を出入りしていたようです。

つまり、家の造りは人に向かって開放的な家が主流だったようです。

 

昔は、建物の造りからしても、人々の繋がりが深く、解放的で安全なコミュニティーだった事が解ります。

上越の現場の杭打ち工事開始。

この土曜日に試験杭の立会に行ってきました。

杭の長さは31m。

新潟県上越市の直江津地区は地盤が相当悪く、昔から現場の付近は地盤沈下の激しい所でした。

所々に砂盤はありますが、薄く地耐力は期待できません。

実際、支持層は無いに等しく、節杭を用いて、摩擦で耐力を稼ぐしかありません。

 

しかも、現場は高圧線下にあり条件も悪く、一本打ち終わるのに4時間近く掛ってしまいました。

一日3本打てるかどうか、今後の工程に影響しそうです。

 

基礎のコンクリート打設前の現場

 

使用する節杭

総長さ31m

 

 

試験杭開始

 

 

 

 

試験杭開始

高圧線がぎりぎり

 

 

 

 

 

最後の杭の建てこみ

最後の杭の建てこみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで4時間近く掛かってしまった・・・

隣に見える建物が先日竣工した検査棟

来週初めまで22本打ち込みます。

7月末まで基礎工事の予定。

11月竣工に向けていよいよスタートです。

住宅のプランニングは、一番好きな事のひとつなのだけれど、 こればっかりは、気乗りがしないとサッパリ良い案が出てこない・・・

特に今週は出たり入ったりだったし、寒かったし。(これは理由になりません) なんとなくデスクワークが、疎かになってしまった。

行き詰ると、散歩にでも出れば良いけれど、あいにく寒いし、雨降ってるし! 夕方には地震もあったし (新潟市は震度3)

プランニングは平面的に部屋を並べるのは簡単だけれど、 我々プロは常に3次元的+αで考えるのでそうはいかない。

建物全体のイメージを描きながら、常に人の動線などの動き、日射の方向、家族が集まる、食事をする、くつろぐ、勉強や読書をする、寝るなど等・・・・・

お客様の家族を頭に浮かべながら作業をする。

家族それぞれの動き方、好みや癖の果てまで、 子供さんはその成長過程まで想定する。

だから、時間もかかるし、打ち合わせの回数も多くなる。 平面的なプランニングだけでも相当な作業量だ。

設計は、とても1ヶ月や2ヶ月では出来るものではないのだ。 と、言い訳がましく行ってもしょうがない。

まぁ、やる気になれば何とかなるもので、夕方あたりには、おぼろげながら、形が浮かんできた。 平面くらいは週明けには何とかなりそう (*^▽^*)