西区O様邸 足場解体 (2012.10.09)

O様邸の足場を解体しました

白い外壁がきれいです

 

外壁のそとん壁は完了

ベランダの手すりの下地が付きました

 

 

 

 

内部は大工さんが急ピッチで仕上げに入っています。

来週あたりから左官や表具などの仕上げ工事に入ります

 

新潟市西区O様邸、外壁(そとん壁)ほぼ仕上げ完了 (2012.10.01)

O様邸も佳境に入ってきました。

外壁のそとん壁はほぼ仕上げ完了。

綺麗な白壁になりました。

しっとりした雰囲気がバカ良いですな。

近々足場を解体します

 

 

 

 

 

 

内部は階段の取り付け中

杉の無垢板の階段です。

色々造作が絡み大工さんは二日掛かり

ちょっとこり過ぎたか・・・

正面はFIXの木製サッシ

外部からも階段が見えます

脇のスリット部にガラスが入ります

階段の下部は玄関からちょっとしたものを

飾るスペースになります

 

 

 

昨日「上がっても良いかぁ」と棟梁に聞いたら

「まだダメられや」と言われ少しがっかり・・・

階段は見せ場でもあるので、完成が楽しみです。

 

 

 

O様邸 外壁 左官仕上げ(スーパーそとん壁) (2012.09.18)

O様邸は外壁に左官仕上げ(スーパーそとん壁)のためのメッシュを貼りました。

 

この上に下塗りをします。

下塗りをしばらく乾燥させて

仕上げ塗を行います

 

 

 

内部は1階は外壁断熱材充填完了し

窓枠と各部屋の出入り口枠が付きました

 

HGW16㎏ 厚さ120mmを充填

この後気密シートを張ります

 

 

 

 

2階は間仕切り下地完了

1階と同じく窓枠、出入り口枠の取付完了

 

 

 

 

 

 

 

今後、作り付け棚類の取り付け、ボード貼り等

木工事の仕上げ段階に入ります

 

 

O様邸壁断熱(気密シート張り) (2012.08.28)

2階外壁に断熱材が充填されました。

心持涼しいような気がします。

断熱材を入れ

気密シート張り施工中

 

 

 

 

 

しかし、未だ天井面を断熱していないので、

小屋裏の熱気は伝わります。

小屋裏は現在こうなっています。

水平構面の合板に気密テープを貼り

束の取り合いはシーリング

ここにセルロースファイバーを

300mm吹き込みます。

 

 

気密施工を完全に行わないと、スカスカのセーターを着ているような物。

暖かさは半減ですね。

壁内の結露も防止できません。

 

O様邸 床張り(杉無垢板) (2012.08.27)

O様邸は毎日猛暑の中、大工が大汗をかきながら順調に進んでいます。

1階の床板は杉の無垢板で厚さが30mmです。

 

 

 

 

 

 

 

一枚一枚丁寧に隙間なく貼っていきます。

一日かかっても幾らも進みませんが、

床板は人が常に触れているものなので、大事な部材です。

無垢板は割れたり、目地が広がったりの欠点もありますが、

梅雨時のベトベト感は全くなく、冬も素足の感触が暖かく、

とても良いので、お勧めしています。

杉板なので傷は付きやすいのですが、

例え傷だらけになっても、無垢板なのでサンダー掛けをすれば、

元通りになります。(板厚は多少薄くはなりますが・・・)

既製品のベニア板と違い、夏は涼しく、冬もヒヤッとしない床板。

いつまでも味わい深く長く使えます。