胎内市S様邸外壁下地完了 (2017.12.16)

胎内市のS様邸はサッシが付け終わり

外壁の下地が完了しました。

 

外壁の塗り壁部分は

(そとん壁仕上)

塗り壁用の透湿防水シート

モルタルラミテクトを貼りました。

 

 

 


基礎部分内側の断熱材吹付に備え

気密シートを先張り

 

 

 

 

 

電気工事のKUBOTAさん

が粗配線中

断熱材が入る前に作業します。

 

 

 

 

 


外壁面に内側の断熱材を入れます。

高性能グラスウール24K 120mm

 

 

 

 

 

屋根断熱部分は通気部材をセット

 

 

 

 

 

 

 


1階

一部を除いて

断熱材を入れ上げました。

 

 

 

 


2階は充填完了

 

 

 

 

 

 


ユニットバスが入る部分は

先に気密シートをはってから

石膏ボードまで貼っておきます。

 

 

 

 

 

 

 


設備配管

 

 

 

 

 

 


設備業者の

NAKAMURA君

床下の配管作業中

 

 

 

 


上棟式にお祀りした

幣束とお札も小屋裏に取り付けられました。

 

 

 

 

 


外壁のレッドウッドも貼り始めました。

年内に外部の木工事は

予定通り終わります。

 

 

 

 

天候を見ながら

そとん壁の下塗りまで行ければ良いのですが

今年は早く雪が降って

現場の外仕事は大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東区S様邸上棟 (2017.12.09)

先日S様邸が上棟しました。

 

1階部分柱建て

 

 

 

 

 

 

 

2階床

杉の集成材のムクボード

床の水平構面を構成します。

 

 

 

 


床下地のムクボードは

構造材も兼用なので

所定のピッチで釘止め

 

 

 

 


2階梁

 

 

 

 

 


小屋組

 

 

 

 

 

 


建て方完了!!

 

 

 

 

 


上棟式

大棟梁の祝詞奏上

 

 

 

 

 


工事の無事を祈願

 

 

 

 

 

 


棟〆

 

 

 

 

 

 


大棟梁の掛け声で

7回、5回、3回

金銀のカケヤで行います。

 

 

 

 


建物の四方を清めて

終了

 

 

 

 

 

立ち上がるとやはり大きい家なのと

300mm断熱なので

外壁の木工事が終わるまで

通常より少し時間がかかります。

 

春に完成なので来年の夏は涼しく

冬は暖かく過ごしてもらえると思います。

今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東区S様邸基礎工事完了 (2017.12.02)

外周のコンクリート打設が終了し

内部の立ち上がり

 

外側の白いのが

一緒に打ち込んだ

防蟻断熱材の100mm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンクリート打設が終わり

外周の断熱材の保護のため

樹脂モルタルを塗ります

ジョイント部には再度防蟻シールを

入れてメッシュも貼り付け

 

 


樹脂モルタルを施工中

 

 

 

 

 


斑点状に見えるのは

型枠のセパレーター部分を

穴埋め

 

 

 

 


内部型枠を解体

 

 

 

 

 

 


いよいよ土台敷き込

 

 

 

 

 

 


大棟梁の出番!!

 

 

 

 

 

 

次は建て方です。

つづく

 

 

胎内市S様邸サッシ取付 (2017.11.30)

胎内市のS様邸は付加断熱と

外壁下地が終わりサッシの取付です。


そとん壁仕上の外壁

これからモルタルラミテクト

(左官仕上げ用の透湿防水シート)

を張ります。

 

 

サッシはサーモスX


サッシ取付前の防水処理の

フラッシングシート

この上にサッシを取り付け

漏水が無いように

しっかり補強。

 

 

コーナー部分は伸縮性のあるテープで補強


別な面

写真のようにフラッシングシートは

透湿防水シートの前にきます。

サッシの周りには両面防水テープがあり

シートと密着させます。

 

 

その上に再度防水テープをサッシの四方に貼ります。


 

 

 

 

 

 

 


電気工事のKUBOTAさんと

打ち合わせ

 

 

 

 

 


外に出て

KUBOTAさんは換気扇の

ダクトの出口まわりをテーピング中

YOUは屋根の取り合い部を

確認中

 

 


内部に充填する高性能グラスウール

が搬入されました。

HGW24Kの120mm

 

 

 

 


搬入された梱包の一部

 

 

 

 

 

 

透湿防水シートを張り終えると

次は軒天の造作と外壁のヨロイ貼り

本格的に雪が降る前に中に入らないと・・・

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胎内市S様邸付加断熱開始 (2017.11.23)

胎内市のS様邸順調に進んでいます。

外壁の下地が完了し付加断熱の断熱材を入れ始めました。


455ピッチの付加断熱下地

 

 

 

 

 

 


この様に付加断熱下地に

キッチリ入れ込んでいきます。

この面は塗り壁仕上ですので

下側のタイベックは防風層の役割

 

 

 


反対側の外壁

下部の黒いシートは

木下地部分の透湿防水シートの

「ソリテックス フロンタWA」

 

 

 

付加断熱は高性能グラスウール16K

厚さ105mmの断熱材

内側は同じく少し性能の良い

24Kの厚さ120mmが入りますので

合計225mm。

これで外壁断熱材の熱抵抗値はR=6.1 m2K/Wです。

国の省エネ基準の4等級でR=2.2ですから

3倍近い性能値です。


ソリテックスの上から

通気胴縁が取り付けられ

外壁仕上の板が貼られます。

 

 

 

 

サッシも搬入されましたので

平行して取り付け作業を行います。

つづく・・・