Y様邸 屋根 瓦葺き工事(安田瓦) (2013.06.27)

Y様邸は無事屋根下地が終わり

瓦葺き工事に入りました。

今回は安田瓦です。

IMG_4138

 

瓦荷揚げ中

見ていると結構重労働

 

 

 

 

IMG_4140

 

瓦を振り分け

こうやって見ると結構な枚数が

屋根の上に上がります。

 

 

 

今週は天気がよかったので一安心。

これで室内はとりあえず雨の心配がありません。

 

 

北区 Y様邸 建て方 (2013.06.20)

先週末、北区のY様邸が上棟しました。

あいにく雨の中の上棟でしたが無事完了

IMG_4095

 

 

2本の240x150の通し柱

 

 

 

 

IMG_4100施主様との撮影の前に

今日のメンバー全員集合

黄色いヘルメットは

カメラマンのショウさん

恥ずかしがり屋の職人を

さすが上手に仕切ります!

中央がWT棟梁

 

IMG_4105

屋根はまだですが

こんな感じ

大屋根が大きい

 

 

 

 

IMG_4107

 

吹き抜け部の化粧垂木です

杉の化粧野地を貼って

2x10の屋根垂木が乗ります

そこに断熱240mm

 

 

IMG_4108

 

屋根垂木の先張り気密シート

 

 

 

 

 

こちらも秋完成予定

楽しみです。

 

 

 

I様邸 思い出のクサマキを製材 (2013.06.12)

今日はI様邸の材料の一部を製材

旧能生町の田中製材所さんで行いました。

おじいちゃんの家に2本あったクサマキです。

一本は大黒柱にし、それの残りともう一本を製材しました。

板材、土台、濡れ縁の材にします。

大黒柱は先に新潟へ運び棟梁が加工中です。

IMG_4032

 

必要長さにチェンソーで切断

 

 

 

 

 

IMG_4046

まずは板から

皮の部分を切り落とし

必要厚さにカット中

 

 

 

 

IMG_4049

 

厚さ40mmの板が9枚取れました

 

 

 

 

 

IMG_4048

 

きれいな板目です。

 

 

 

 

 

製材が始まるとヒバの類なので

加工場にヒノキの匂いが広がりました。

樹脂が多く腐りにくく、目の詰んだ固い木だ

と製材所の人が言っていました。

樹齢は100年以上あるようです。

おじいちゃんと施主様の子供の頃からの思い出が

新潟市内で形を変えて生き続けます。

作業を見ていて何か不思議な気分と

とてもありがたい気になりました。

 

 

 

K様邸 内部床貼り (2013.06.11)

K様邸の付加断熱も無事に終わり

内部床貼りが始まりました。

P6060394

1階床杉板厚さは30mm

根太が一部覗いています。

脇にあるベニア板は足場のための仮敷きです。

 

 

 

 

外部のヨロイ張りは

P6060401

こんな感じ

この上に塗装を掛けます。

 

 

 

 

 

テクスチャーは

P6060430

 

塗装をすると節は

目立たなくなります。

 

 

 

 

結構暑い日でも付加断熱材の100mmが効いているのか

中は涼しい様です。

床を貼り終わると内部の断熱工事です。

 

 

 

 

 

 

K様邸 外側の付加断熱 (2013.06.01)

K様邸も順調に進み

外部面材を貼り終え、外側の断熱準備に入りました

P5280270

  面材のモイス貼り完了

 

 

 

 

 

 

IMG_4003

外部の付加断熱部

の下地

黒いのがジョイント部の気密テープ

 

 

 

 

IMG_4008

付加断熱用のグラスウール

HGW16K のロール状のものです

 

 

 

 

 

断熱材を挿入した写真を撮る間もなく棟梁がタイベックを貼ってしまい

画像がないのが残念!!

天気が心配で張り上げてしまいました・・・・

気合入りすぎ!