コンテンツへスキップ

秋葉区で新しく始まったA様邸

ブログアップが遅くなり今頃から開始!

実は3月末より着手してました。

先ずは地盤改良杭から


今回は鋼管杭工法

先端にプレートがついて

地耐力を高めます。

 

 

 

杭つり込み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挿入中

 

 

 

 

 

所定の深さにセット

杭天端のレベルを確認

 

 

 

 

基礎根切り中

改良杭が見えます。

場所によって高さが違いますが

内側と外側で高さを変えてあるので

これで良い

 

 

 

駐車場部分も

先に掘削して砕石まで敷き込

 

 

 

 

捨コンとスラブ下の採石

 

 

 

 

 

 

 

砕石転圧中

 

 

 

 

 

 

スラブ下の防蟻断熱材

断熱材の下には防湿シートが敷いてあります。

 

 

 

 

A様邸は長期優良住宅で

断熱性能はUA値=0.31 Q値=0.99

おおよそ省エネ基準住宅の1/3の燃費で家全体を暖房します。

旧新津市は旧新潟市内より少し寒いので

通年エアコンを使用すると(窓を閉めっぱなし)年間の空調電気代は5万円弱

中間期は窓を開けて

(窓を開けたり閉めたり普通に生活)

夏冬のみ冷暖房では年間4万円ちょっとで済みます。

月平均 3,300円 !

旧新潟市内だと年間の冷暖房費が36,000円程度です。すごいでしょ!

当然エアコンは1台のみ

月じゃないです!一年間!

弊社では更に高性能の住宅もできます。

この場合は年間の冷暖房費22,000円

暖房だけだと13,000円程で出来ます。

これを東京で建てると暖房費は年間たったの1000円!!

どうです?すごいでしょ!!

その辺の高断熱高気密住宅とはレベルが全く違うのです。

弊社の造る高断熱住宅は本物です。

しかも自然素材! ビニール臭くないのです。ビニールクロスは最悪・・・

次回は基礎躯体工事をご紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東区のS様邸は仕上げ工事も終盤


内部クロス張り

厳密には紙

 

 

 

 


弊社の壁と天井の

標準は目透し処理

紙のクロスは固くて表具屋さんは大変

 

 

 


クロスののり付け

 

 

 

 

 


塗り壁の中霧島ビオセラライト

水と撹拌中

 

 

 

 


塗り付け

 

 

 

 

 

左官の親方の

ARAIさんがパターン付け

 

 

 

 

 


仕上がり

横にコテ目

 

 

 

 


外はウッドデッキ組み立て中

米杉の良い匂いがします。

 

 

 

 


大棟梁とTAMURA

 

 

 

 

 


アプローチのスロープ

コンクリートの準備

右に植栽ブロックの路盤

 

 

 


電気屋さんのKUBOTAさん

分電盤の配線中

 

 

 

 

建具屋さんは家具類の

扉つけ

 

 

 

 

 


玄関の洗い出し仕上

 

 

 

 

 


昨日よりクリーニングが入りました。

掃除の傍らで

電気屋さんがフロアーコンセントつけ。

 

 

 

昨日で手直しを残して内部作業は終了です。

あとはクリーニングと備品等取付

連休前半は皆様に見て頂けます。

外構工事は連休まで

 

 

 

 

 

 

 

 

東区のS様邸は造作工事が間もなく終了です。


家具のカウンターを切断中

の大棟梁

 

 

 

 


造作家具が今回たくさんあります。

家具図面は20枚以上

 

 

 

 


2階ホールの吹き抜け手すり

机と兼用です

 

 

 

 


ボード貼りも終盤

1階の天井

右側に集中換気のダクトが見えます

 

 

 


足場も解体され

外配管工事中

 

 

 

 


大棟梁は階段手すりつけ

「止まりはここでいいかや?」

「いいばここで切るろ」

 

 

 

 

YOUが爺様と外構の打ち合わせ

今日はうちの波多野さんが

ユンボのオペレータ

 

 

 


今日、気密検査を実施

「どんげらや。気になるすけ、はよせぃや」

と大棟梁

 

 

 

とりあえず回せと1回目

何!0.9?そんなはずは・・・・

なんと換気扇ダクトの塞ぎ忘れが3カ所

どうりで排気量が多い

気を取り直して仕切り直し!


0.3

OKでした。

 

 

 

 

気密はサッシの性能が大事です。

樹脂サッシで引違が1カ所もないのは大きい。

もうちょっと漏気を探せば0.2になるのですが

そこまでやる必要もなく合格ということで!

今週末から仕上げ工事です。

連休初日の28~30日に完成見学会を予定しております。

詳しくは後日HPにアップします。

こうご期待!

 

 

 

 

 

 

 

胎内市のS様邸は仕上げに入りました。

壁仕上の中霧島ビオセラライト


 

 

 

 

 

 

 


マゼラーで良く撹拌

 

 

 

 

 

 


ITO左官

先ずは模様パターンの確認から

色々なコテで試します。

 

 

 

 

 

 

 

いつも思いますが

左官の仕事は難しい・・・

素人が手板からコテに材料を

乗せることさえ、なかなか出来ません。

仕上は繊細さが必要です。

力加減でパターンがいくらでも変わる・・・・

これを同じ模様を付けていくのですから

正に職人技です。


表具屋さんが最後に

コルクボードを施工

これはマグネットタイプ

 

 

 

 


書斎の机の上に

貼り込みます。

 

 

 

 

 


2階は家具屋さんが

雲梯取付準備

先に入れておいたボルトの調整中

出来上がりは後日

 

 

 


足場も解体し

設備屋さんが屋外配管の

真っ最中

 

 

 

 

来週にも内部の工事は完了

外構を行い

清掃して月内にお引渡しです。

 

 

東区のS様邸の木工事は順調に進んでいます。

間仕切り下地はほぼ終了し出入り口枠が付きました。


1階

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


棟梁が枠のきざみ

 

 

 

 

 

 


大量の枠材

 

 

 

 

 

 


2階

 

 

 

 

 

 


西面は夏の日射を考慮して

夏型結露を防止できる

ザバーンを気密シートに使用。

 

 

 


外部

ラス張り完了

そとん壁の

下塗りを始めました

 

 

 

 


左官屋さんが

コーナー材取付

 

 

 

 

 


北面から下塗り開始

さすがに乾きが遅い・・・

今年は低温に悩まされますな。

 

 

 

 

そとん壁自体は

厳しい気象条件にも強いのですが

施工時の

低温状態では硬化不良や白華を起こす恐れがあるので

冬季は気を使います。

足場の解体時期も少し遅れそうです。