秋葉区A様邸外部工事 (2018.06.15)

外壁材の杉板と押し縁が搬入

いっぱいありますな・・・・

見ただけで大変そう・・・・

これを使うよう決めたのは誰じゃ!!(笑)

 

 

 

 

 

外壁材を

ウッドロングエコに浸すための

プール

棺桶ではありませぬ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウッドロングエコを溶かした水溶液に

杉板を浸します。

昭和美装の社長さん自ら作業!!

 

 

 

 

 

 

デッキブラシでゴシゴシ

たまたま暑い日で

大汗をかいていました。

頑張ってもらって、ありがたい

 

 

 

 

 

付加断熱も終わり

透湿防水シートを貼っています。

ドイツ製のフロンタ

耐久性がタイベックよりあります。

木仕上の場合これを使います。

 

 

 

 

 

 

白黒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻面の上まで

びっしり断熱材が入ります。

これで現場の環境が普通の家並みになります。

屋根はまだなので2階は暑いけど

 

 

 

 

 

 

 

 

A様邸で

新住協新潟支部の現場見学勉強会

私が付加断熱等説明

 

 

 

 

 

 

 

会員の皆さんが大勢集まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん写真を撮ったり足場に上がったり・・・・

一時間半位じっくり見学していかれました。

タメになったかなぁ。

 

 

 

 

 

 

別に何も隠すことはないので

皆さんが疑問なところはすべてお教えしています。

弊社で普通にやっていることが普通になれば

日本の住宅業界にも大変良い事と思っています。

只、他の方々より一歩でも二歩でも先に進まないと

良いものは生まれませんし、お客様に提供できません。

日々勉強です。

 

つづく~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋葉区A様邸耐力面材モイスと付加断熱下地 (2018.05.30)

A様邸は順調に進んでいます。

 

下屋の屋根が出来ましたので

外壁の耐力面材モイス貼り

玄関前にも屋根ができます。

 

 

 

南面はまだこんな感じ

 

 

 

 

 

大屋根は葺きあがりました。

雪止め金具は「ケセル」

目立たなくて良い商品です。

 

 

 

 

 

付加断熱の準備

基礎部にパッキンの敷き並べ

 

 

 

 

 

 

1段目取付

間柱材を

内部の下地までビス止めします。

 

 

 

付加断熱下地は

こんな感じに

 

 

 

 

中は床根太組

 

 

 

 

 

断熱材

高性能グラスウール

16K

アクリア搬入

 

 

 

サッシも搬入されました。

リクシル エルスターS

 

 

 

 

 

 

玄関ドアのガデリウス

 

 

 

 

 

 

つづく。

秋葉区A様邸建て方 (2018.05.26)

秋葉区のA様邸の建て方

先ずは土台敷き

 

土台の下に敷き込む

気密パッキン

 

 

 

 

 

土台敷き込み

 

 

 

 

 

 

こんな風に敷かれます

 

 

 

 

 

 

足場の上から

ん~結構広い

大引きもセット

 

 

 

 

2階床組

金具締め付け中

 

 

 

 

10時の一服

作戦会議でもあります。

WATANABE兄が棟梁の時は

何故か雨降り・・・・

 

 

 

だんだん組みあがってきました

 

 

 

 

 

 

 

建て入れ確認

 

 

 

 

 

 

屋根組

 

 

 

 

 

 

垂木を止め付け

TAKANO大棟梁も応援

「よし!合せた!いいれ!締めれや!」

 

 

 

 

屋根下地ができたら

即、屋根シート

 

 

 

 

 

下屋が取り合う部分の

耐力面材モイスを施工

 

 

 

 

 

下屋の屋根下地

 

 

 

 

 

 

下屋部分の屋根シート

とモイス

 

 

 

 

 

南面

 

 

 

 

 

 

屋根裏面

屋根断熱なので

母屋にシート先張しておきます。

2×10材の間に断熱材が入ります。

 

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋葉区A様邸基礎 (2018.05.14)

秋葉区のA様邸の基礎工事

基礎配筋から

 

いつものSUZUKI鉄筋さん

親子で黙々と配筋していきます。

 

 

 

 

 

配筋完了

一部のスラブはダブル配筋

応力がたくさん掛るのです。

 

 

 

綺麗に配筋できました

 

 

 

 

 

つづいて型枠工事

 

今回は

内外の立ち上がりを

1回で打設します。

 

 

 


いつものSIRAIさん達

内外一緒なので

一日施工日が増えました

 

 

 


アンカーをセットして

型枠工事完了

通りも真直ぐです!

 

 

 


基礎コンクリート打設

 

 

 

 

 


うちの基礎担当波多野さん

少し休憩・・・

 

 

 

 


スラブの打設

このスパンで終わり!

 

 

 

 

左官のARAIさんが均します。

いつも基礎コンの均しは若手が来るのですが

今回はベテラン班がきました。

「腰イテェ~」・・・・・

ベテランは皆さん腰がキテマス

 

 


型枠を解体して

基礎清掃中

水洗いをします。

 

 

 


基礎工事完了!

 

 

 

 

 

次回は建て方!!

 

 

 

 

 

秋葉区A様邸 (2018.05.08)

秋葉区で新しく始まったA様邸

ブログアップが遅くなり今頃から開始!

実は3月末より着手してました。

先ずは地盤改良杭から


今回は鋼管杭工法

先端にプレートがついて

地耐力を高めます。

 

 

 

杭つり込み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挿入中

 

 

 

 

 

所定の深さにセット

杭天端のレベルを確認

 

 

 

 

基礎根切り中

改良杭が見えます。

場所によって高さが違いますが

内側と外側で高さを変えてあるので

これで良い

 

 

 

駐車場部分も

先に掘削して砕石まで敷き込

 

 

 

 

捨コンとスラブ下の採石

 

 

 

 

 

 

 

砕石転圧中

 

 

 

 

 

 

スラブ下の防蟻断熱材

断熱材の下には防湿シートが敷いてあります。

 

 

 

 

A様邸は長期優良住宅で

断熱性能はUA値=0.31 Q値=0.99

おおよそ省エネ基準住宅の1/3の燃費で家全体を暖房します。

旧新津市は旧新潟市内より少し寒いので

通年エアコンを使用すると(窓を閉めっぱなし)年間の空調電気代は5万円弱

中間期は窓を開けて

(窓を開けたり閉めたり普通に生活)

夏冬のみ冷暖房では年間4万円ちょっとで済みます。

月平均 3,300円 !

旧新潟市内だと年間の冷暖房費が36,000円程度です。すごいでしょ!

当然エアコンは1台のみ

月じゃないです!一年間!

弊社では更に高性能の住宅もできます。

この場合は年間の冷暖房費22,000円

暖房だけだと13,000円程で出来ます。

これを東京で建てると暖房費は年間たったの1000円!!

どうです?すごいでしょ!!

その辺の高断熱高気密住宅とはレベルが全く違うのです。

弊社の造る高断熱住宅は本物です。

しかも自然素材! ビニール臭くないのです。ビニールクロスは最悪・・・

次回は基礎躯体工事をご紹介