エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

新潟市某様邸仕上げ工事 (2017.06.24)

某様邸の工事は最終段階

IMG_9997

 

外構の型枠組

 

 

 

 

 

 

IMG_9963

 

内部のクロス張り

環境クロスなので

ビニールの嫌な臭いはありません。

貼るには少々固く手間がかかります。

 

 

 

IMG_9980

MIKIちゃんがクロス糊付け裁断中

 

 

 

 

 

 

IMG_9974

YOUが建具の打ち合わせ中

表具の貼り分けの型が出来ました

チョークでイメージの位置を決定

型よりもう少し下でしたね。

 

 

 

IMG_9977

家具に付く扉の開放方法を検討中

 

 

 

 

 

 

IMG_9976

建具工事をお願いしている

森沢製作所さんの工場内部

色々な加工機械が並んでいます。

 

 

 

 

IMG_9978

後日現場に搬入される建具達

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成が見えてきました。

 

燕市S様邸基礎工事2 (2017.06.24)

引き続き基礎工事

基礎配筋が完了しましたので型枠工事

IMG_9972

型枠大工さん

手前が型枠大工の棟梁SIRAIさん

 

 

 

 

 

IMG_9970

 

外側の白いのがコンクリートと一緒に打ち込む

断熱材です。

防蟻の厚さ50mm

 

 

 

 

IMG_9968

 

ジョイント部分には防蟻シールを入れます。

 

 

 

 

 

 

IMG_9969

 

これを上の写真のカートリッジに入れて、

むぎゅ~と

 

 

 

 

 

IMG_9989

 

型枠完了

アンカーもセットされています。

 

 

 

 

 

IMG_9990

 

YOUがアンカーの位置を確認中

漏れなくセットされていました。

 

 

 

 

 

IMG_0004

基礎コンクリート打設

外周部と一体打ち!!

これ常識です。

 

 

 

 

IMG_0007

 

左官屋さんがスラブを均します。

 

 

 

 

 

 

IMG_0008

 

金コテで押さえる。

 

 

 

 

 

 

IMG_0010

基礎コンクリート一回目終了

 

 

 

 

 

 

IMG_0011

 

気温が高いので夕方に散水

夏場は水分の蒸発が激しいので

表面の硬化不良やひび割れ防止に必要

 

 

 

 

 

 

後日内部の立ち上がり型枠を組みます。

つづく

 

 

 

 

 

燕市S様邸基礎工事 (2017.06.19)

燕市のS様邸は基礎工事が始まりました。

毎日天気が良くて助かります。

P6091928

 

駐車場より根切り開始

 

 

 

 

 

 

P6121942

 

爺様方が図面を見ながらミーティング中

ん~何か似ている・・・・

 

 

 

 

 

img_3

 

上の写真を見て何かふっと思い出しました。

「雷電」の脇で青木中尉と部下たちがミーティング。

比べるのは申し訳ありませんが

こちらは真剣そのものです。

 

 

P6121940

土間下の採石敷き、転圧完了

捨コンの枠も完了

 

 

 

 

 

IMG_9964

捨コンを打設して

スラブ下に全面断熱材敷き込み

防蟻断熱材のパフォームガード50mm

 

 

 

 

IMG_9967

基礎配筋開始

鈴木鉄筋親子

左側鈴木父

右長男

 

 

 

IMG_9966

配筋家族全員集合!

 

 

 

 

 

 

基礎配筋は構造計算によります。

この建物は長期優良住宅ですので耐震等級は2以上です。

次は型枠組み立て

つづく

 

燕市S様邸開始 (2017.06.06)

燕市で新しい現場が始まりました。

IMG_9820_1

 

地鎮祭にて

神主様の祝詞奏上

 

 

 

 

 

IMG_9839

 

大棟梁

玉串奉てん

 

 

 

 

 

IMG_9841

 

鎮め物

後で建物の中央部に埋めます

 

 

 

 

 

IMG_9845

お榊

これ根切り時に埋めます

 

 

 

 

 

IMG_9894

今回は小口径鋼管杭で

地盤改良です。

 

 

 

 

 

IMG_9914

杭芯マーク

 

 

 

 

 

 

IMG_9899

所定の場所にセット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9901

 

掘削開始

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9909

掘削レベル確認

「あと3,2,1 はいOK!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_9910

スタッフを当てて再確認

5mm以内の誤差

 

 

 

 

 

 

IMG_9913

杭打ち完了

後ほど杭頭にカバープレートを被せます。

 

 

 

 

 

一工程10分程度完了

杭と書きましたが、正式な杭とは違い

「地盤改良杭」と言います。

これは杭に曲げモーメントを負担させず、

鉛直荷重のみ負担するという事です。

要は固い地盤の代わりです。

杭としてみる場合は基礎の中まで杭頭を挿入し

基礎にかかる水平力も負担させます。

(曲げる力(モーメント)が杭にかかる)

単純に考えると建物荷重を面積で割り、負させる本数が決まります。

新潟は地盤の良い地域が少ないので、地盤改良は、ほぼ必須です。

あとは支持地盤の深さや地層の構成によって工法等も変わります。

場合によっては100万円近くかかるので、お客様にとって結構な負担です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟市某様邸 (2017.05.21)

某様邸は造作工事の真っ最中

IMG_9780

 

大棟梁

現場で枠の切り出し

 

 

 

 

 

IMG_9779

2階ではWATANABE弟

間接照明の面台の穴あけ中。

 

 

 

 

 

IMG_9778

翌日

大棟梁はトイレの収納棚の

建て具の溝掘り。

100均の老眼鏡が大活躍!

 

 

 

IMG_9654

ちょっと前の写真ですが

YOUと電気屋さんのKUBOTAさん

電気設備は重要な工事の一つ

気密貫通部にも気を使ってくれています。

 

 

 

IMG_9719

外部はそとん壁

左官屋さんが

ラスの上から防水層となる

下塗り

 

 

 

IMG_9715

下塗りにはメッシュシートが

伏せこんであります。

 

 

 

 

 

週明けから外壁の仕上塗り

完了後足場を解体

外回りは外構工事入ります。

 

 

 

 

 


エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲