コンテンツへスキップ

K様邸

 

 

 

 

 

左官屋さんが壁の仕上げに入っていますが

その横の作業灯が点いているところは

猫ちゃんの階段

吹き抜けの文字通りキャットウォークに上がれます。

さて

K様邸の気密検査

 

 

 

 

 

 

 

窓に送風機をセット

室内の空気を排出にて測定

 

 

 

 

 

 

結果C=0.3cm2/m2

OK~!!

C=0.3ということは、

1m四方の大きさに0.3平方センチの穴なので

大きさは

5mmx6mmの穴・・・・

この家は床面積が133m2ですから

家全体では

133x0.3≒40cm2

家全体で6.3cm四方の隙間相当という事です。

次世代省エネ基準で高気密と言われていた

(今はこの気密基準は何故かなくなりましたが)

隙間相当C=5.0では

同じ面積の家だとすると

133x5=665cm2

大よそA4サイズの穴が開いている!!

100φの穴(パイプファン型換気扇の穴)の面積は約80cm2ですので

これが8か所開いているのと同じ!

せっかくの温めた空気がダダ漏れ

新潟の冬の季節風がその穴から吹き込む・・・・

風が強ければ強いほど

ちゃんとした換気もできず隙間風が入るし

無駄な冷暖房費がかかります。

ですから気密は大事なのです。

この他にキッチン、お風呂、トイレなどの換気扇の穴が開いているのですから

せめてC=1.0以下すべきですね。

 

 

 

 

内装工事

弊社はビニルクロスは使いません!!

東リ社の場合は「環境クロス」を使用しています。

和紙等も良く使用します。

「環境クロス」は材質が固く、クロス屋さんは嫌がります。

施工が面倒なのです。

天井と壁の取り合いの廻縁は使わず

目透しで納めることが多いので特に大変です。

実際は「クロス」呼んでいますが紙。

施工後のあのビニールの嫌な臭いもないですし、

風合いも良いのでこのような素材を使っています。

 

横の模様の壁紙はレーザーで確認しながらの作業です。

 

 

 

 

 

O様邸の室内

赤いレーザー光

レーザーレベルで水平を確認しながら貼って行く。

 

あと定番で使っている中霧島

シラス(九州の火山灰)が原料なので

多孔質で臭い等も取ってくれとても良い材料と思います。

 

 

 

 

 

左官のARAIさん

横に櫛をひきながら仕上る

文字通り「櫛引仕上」

間接照明があたると陰影が出て良いアンバイになります。

 

 

 

 

 

 

内装工事とは違いますが

受電前の分電盤

あとで一番左に大本のブレーカーが付きます。

通常60A位まで対応できる引き込みをしています。

契約回路は40Aでも50Aでも良いので

将来増やす場合にも対応できます。

最低でも20回路

昔と違いコンセントの数も多くこれ位が定番です。

キッチンなどの家電専用にそれぞれ回路分けしてあるので(専用回路)

余程でないとブレーカーは落ちなくなりました。

 

ついでに外構

花壇などは極力コンクリートやブロックを使わず

自然石等を使う仕様にしました。

 

 

 

 

 

 

 

花壇の石積作業

後日植栽工事をします。

設計当初から植栽を織り込む事にしています。

建物の雰囲気が植栽によってガラリと変わります。

やはり緑は大事ですね。

植栽が終わりましたら、アップいたします。

 

 

西区のK様邸はピッチが上がってきました。

 

 

 

 

 

断熱気密工事は完了

寝室とトイレの間仕切りには

吸音のためのグラスウールが入ります

 

 

 

 

 

換気扇などのスリーブ周りもテーピングで

気密処理

 

 

 

 

 

大棟梁と電気工事のKUBOTAさん打ち合わせ中

 

 

 

 

 

間仕切り下地も完了

 

 

 

 

 

階段のササラを付けて

 

 

 

 

 

階段がかかりました。

 

窓枠も取付開始

 

 

 

 

 

先に組んでサッシにはめ込む。

 

 

 

 

 

2階はボードを貼り始めました。

いつものハイクリンボードです。

大棟梁は枠の加工や現場での支持などで大忙し!!

しかし、大棟梁の鼻歌は現場に響いています。(笑)

 

西区のK様邸は内部の壁断熱材を入れ終わりました。

 

 

 

 

 

2階

壁の気密シートも貼り終わり

 

 

 

 

 

天井の下地を組み

天井の気密シートを施工

 

 

 

 

 

1階

正面に居るのは電気屋さんのKUBOTAさん。

テレビ台がこの面に付くので

色々寸法確認中!!

 

 

 

 

 

 

 

これは猫ちゃん用の階段の下地

先に入れておきます。

 

 

 

 

 

 

 

先日ユニットバスも設置

いつもの通り先に外壁の断熱とボードまで

貼っておきます。

 

 

 

 

 

2階吹き抜けのスチール手すりも設置

急ピッチで進みます!!

同時進行が他に2現場。

ほぼ同時竣工なので少々忙しっ!

 

西区のK様邸はポーチ周りを残し

外回りは一旦終了。

木工事は内部工事に移りました。

 

 

 

 

 

枠付けの前にサッシ周りを内部から気密処理

サッシの取り合いにシールを打ちます。

 

 

 

 

 

床貼り前に各取り合いを大棟梁と打ち合わせ。

この現場は1階に無垢のナラフローリングを貼るので

下地は2階床下地と同じくムクボード。

ベニア板は使いたくないのです!!

ムクボードは杉板の集成材なので

接着剤の使用量がベニア板より少ないのです。

 

 

 

 

 

リビングより貼り始め。

 

 

 

 

 

2階の寝室等はいつもの15mmの杉板。

壁際のシートは先張り気密シート。

明日には内部の断熱材が搬入されます。

つづく~