コンテンツへスキップ

環境壁紙

内壁の仕上げは、中霧島、漆喰等、塗り壁を選ぶこともできますが、
こちらのように環境壁紙で仕上げることもできます。

こちらの「環境壁紙」は、稲麦やマニラ麻などの天然素材を表層紙に漉き込んだもので、
コストパフォーマンスが良いだけでなく、和紙のような風合いが楽しめる壁紙です。

撥水性のため汚れにくく、通気性にも優れているため壁下地材の
調湿を妨げず、結露防止のサポート役となります。
当然、シックハウス対策がされていますから安心して使えます。

【 環境壁紙のメリット 】
 ・壁の風合いとコストパフォーマンスを両立。
 ・管理が容易で結露防止のサポート役にも。

こちらの写真は、和紙調の環境壁紙を使っていますが、
より麻風のものなど、様々な風合い、色あいの環境壁紙を選ぶことができます。

環境壁紙の販売元は、東リ株式会社 です。

ガラリ

この「不思議な穴」を見たことがありますか?

床に穴があいているのは、あまり見たことがないかもしれませんね。

これは「ガラリ」といって、床下(基礎内)の空気を
室内に取り込み、空気の流れをつくるためのスリット(通気口)です。

あれ? 床下って外とつながっているのでは?という疑問がありませんか。

よくご存じですね。一般的な住宅では、床下は外とつながっていますが、
この住宅は床下は外と遮断し、床下を室内として扱っています。

床下を室内として扱うことで沢山のメリットがあるのですが、
ここで少しご紹介いたします。

【 床下を室内として扱うメリット 】
 ・気密が確保しやすく、床下に空調を置くことで家中を快適な温度にできる。
 ・床下に湿気がこもらないから床下に結露やカビが発生しない。
 ・床下が乾燥していればシロアリも出にくく、構造もより長持ちする

ガラリの裏側(床下)には網がついており、物やゴミ等が床下に落ちにくくなっています。
もちろん、取り外しての掃除も簡単にできます。

ガラリの材質ですが、写真はプラスチック製ですが、
現在では、木製のガラリも選ぶことができます。

フラットコイヤータイル

ちょっとアジアンテイストな、この床材。
「フラットコイヤータイル」といいます。

天然ヤシ類の繊維を織り込んでできた敷物で、天然素材ならではの
落ち着いた色合いがとってもおしゃれ。素足への感触がやさしく、
大変心地よいお勧めの素材です。水にも強く、お手入れも簡単です。

主に洗面・脱衣場でフラットコイヤータイルをご提案させて頂いていますが、
杉無垢板でももちろん大丈夫です。

【 フラットコイヤータイルのメリット 】
 ・なんといっても素足が気持ちいい。
 ・耐久性に優れており、お手入れも簡単。

サーモタイル

冬、トイレの床でヒヤっとしたらイヤですよね。

こちらの床「サーモタイル」は、たくさんの空気層が断熱の役割をしてくれるから、
足裏から奪われる熱が少なくなり冷たさを感じにくくなります。

ぜひ一度、触れて確かめてみてください♪
もちろん、電気やガスを使っていませんから、経済的です。

【 サーモタイルのメリット 】
 ・床がヒヤっとしないから心地いい。
 ・電気やガスいらずで経済的。環境にもやさしい。

杉無垢板をトイレに使うことももちろんできますので
お好みでお選びいたただけます。

木製サッシ

重厚な木製サッシをご覧ください。
これは、村上で造っているオーダー(特注)の木製サッシです。

サッシは、アルミサッシや樹脂サッシ以外にもこちらのお宅のように木製サッシを選ぶこともできます。

木製サッシは、意匠として木の家にとてもなじむのは もちろんのこと高級感があり、
断熱性能にも大変優れています。(ガラスは、Low-Eペアガラス以上が基本)

住宅全体で48%もの熱が窓から逃げると言われています。
どんなに壁の断熱性能を良くしても窓の断熱性能が低いと
室内の熱は外に逃げてしまいますから窓の断熱は重要なポイントです。

初期費用とメンテは必要ですが、それ以上のメリットがあると思います。

【 木製サッシのメリット 】
 ・[断熱性・気密性・水密性] が他の材質のサッシより優れている。
 ・アルミと比較して 2.5倍の強度を持つのが木製です。(同質量での比較)

木製サッシの製造元は、ユニウッド株式会社 です。