コンテンツへスキップ

最近は長期優良住宅ってのも出てきたようだから……
それなら結露しないですよね?

長期優良住宅でも室内の温度と湿度のバランスが悪いと結露は発生するんですよ。

温度と湿度のバランス……ですか?

はい。空気には水蒸気が含まれているのはご存じですよね。
空気は暖かければ暖かいほどたくさんの水蒸気を含むことができるのですが、その暖かい空気が冷やされると含んでおくことができる水蒸気の量が少なくなります。

暖かい空気が冷やされて、空気が含んでおくことができなくなった水蒸気が水滴になるんです。

さっき、佳織ちゃんが話してた窓ガラスの結露だね。
暖房で温められた空気が冷えた窓ガラスにぶつかって冷やされる。
温度が下がった空気は水蒸気を含んでおくことができなくなって水に戻って窓に付く。
その水が結露だよ。

そっか、窓ガラスは外に接しているから冷たいもんね。

窓の結露を家全体に置き換えて考えてみてください。
暖房をしている部屋と、暖房をしていない部屋があるとしたら……部屋の間で温度差が生まれますよね。

長期優良住宅は、一般的な住宅よりは断熱性能がいいから温度差が生まれにくい。
しかし、湿度がたまりやすい間取りになっていたり、部屋の温度差があるような作りになっていると、長期優良住宅でも温度が低い場所で結露が発生してしまう可能性があるんです。

じゃぁ、「長期優良住宅」といっても安心していられないんですね。

はい、長期優良住宅の基準を満たしていれば大丈夫ということではないんですよ。
室内の湿度が高いとそれだけ結露しやすくなりますから湿度を適正に保つ「換気」が計画的に行える間取りと換気量の設計が大事なんです。

もう1つ。暖房器具選びも大切です。
水を含んだ排気ガスを室内に出すストーブやファンヒーターなどの暖房器具。これらを開放型の暖房と言いますが、開放型の暖房を使った場合どうしても湿度が高くなり結露しやすいし、空気も汚れるので私はお勧めしません。

今のアパートはファンヒーター使ってるから、それも結露の原因ですね、きっと。

あ、そうだよね……。

ところで佳織ちゃん、「長期優良住宅」ってどんな家のことをいうのか分かっているかな?

え~っ、わかっているわよ。
地震に強くてメンテナンスもしやすくて、長く住むことができる住宅……って、この前、おさむくんと一緒に行ったモデルハウスで営業の人が言ってたじゃない。

うわっ、すごいザックリな言い方。

なによぉ! じゃぁ、おさむくん説明してみてよ。

ははは。
じゃぁ、ご主人に「長期優良住宅」についての補足説明をしていただきましょうか。

そうきましたか……。分かりましたよ。
では、僕が代わって説明しましょう!

長期優良住宅というのは、長期にわたり良い状態で使うための措置がとられている家ってこと。
その措置を行って基準を満たしていると認定されると税制面などで優遇が受けられる

おさむくんの説明だってザックリじゃん……。

うっ……。じゃぁ、もう少し詳しく説明しようか?
長期優良住宅に認定されるためには9つの項目の基準値を満たす必要があるんだよ。

9つの項目って?

ちょっと待ってね、手帳を見るから……。

9つの項目は、劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性(共同住宅、長屋のみ)、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画です!

えっへん、どう佳織ちゃん!

メモしてたんだね、おさむくん……。

よく勉強されていますね。

なぜ長期優良住宅というのが出てきたのか?
じつは日本では家を建ててから20~30年で建て替えをされる方が多い状況なんです。
国土交通省のデータでは家の寿命は日本が30年、アメリカ55年、イギリス77年と推計されています。

ずいぶん違うんですね。

そうなんですよ。
建築基準法の改訂があって、耐震面の心配から建て替える方は少なくなっているでしょうが、ローンを払い終えるか終えないかくらいの頃になって老朽化等で家を建て替えされる方がまだ多くいらっしゃるのです。

ローンの支払いが終わらないうちに、家の建て替えをしなければいけないってのは……厳しいなぁ。

えぇ、まったく……。
そこで、ようやく国は長期優良住宅法を施行し、「いいものをつくり、きちんと手入れを行い、長期にわたって使うこと」をコンセプトに、長期優良住宅という政策を打ち出しました。

長期優良住宅というのは、質の高い長寿命の住宅を国が認定するという制度です。
質の良い家に長く住めると共に、税の優遇や一部でローンの優遇を受けることができます。

長期優良住宅のお家の寿命って、どれくらいなんですか?

そうですね。
さきほど、ご主人がお話ししてくださった9つの基準。
劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画を満たしたうえで、住んでいる地域に応じて基準よりもさらに性能をアップすることで、最低でも100年は使って頂くような住宅を造ることができます。

えー、すごい!

ただし、メンテナンスは必要ですよ。
住宅だけではなく、物ってきちんと手入れをしなければ長持ちしないでしょ。

佳織ちゃんがお母さんから譲り受けた、銅製の大根おろしがあるんですよ。
ときどき、大根おろしの目立て直しをしてもらっているんですが、メンテナンスをきちんとしているから長く使うことができているんだもんね。

それは、すばらしいですね!

ありがとうございます。

日本人の知恵として「もったいない」の精神を大切にしていきたいものですよね。

はい! 長期優良住宅っていいですね。
きっと長期優良住宅なら寒い冬も快適なんでしょうね。

佳織ちゃんは寒いの苦手だもんね。

佳織さん。
長期優良住宅といっても一概に暖かく快適とは言えないのはご存じですか?

えっ? そうなんですか!?

はい。長期優良住宅は、一般的な住宅よりは暖かいと言えますが、まだ十分ではありません。

なぜなら、長期優良住宅の9つの項目の中に「省エネルギー性」というのがありましたよね。
これは、断熱性能を指すのですが、ここで定められた基準がまったく不十分なんです。

なんだか混乱してきました・・・。

「長期優良」という名前ですから「長期優良住宅なら大丈夫!」と思ってしまいますものね。
混乱するは無理もありません。

それでは、冬に快適で暖かい家と寒い家には、どんな違いがあるのか。
それをどうやって見分けたらいいのか?
なぜ一般的な長期優良住宅では不十分なのか、というあたりをわかりやすくご説明しますね。

結露が原因でよくないことが発生するんですか?

そうなんですよ。
佳織さんは結露というと、どんなことを思い浮かべますか?

あ、やっぱり……冬の窓ガラスに水滴がビッシリつくのが思い浮かびます。

そうですね。
暖房であたたまった室内の空気が外気に触れて冷えている窓ガラスに接すると、その部分の空気の温度が下がる。
すると、空気が水蒸気を含んでおくことができなくなり結露が発生します。

窓ガラスや壁、押入れやタンスの裏側の壁など目に見える部分で起る結露のことを表面結露といいますが、
実は目に見えない部分、壁の中や床下、天井裏などでも結露が起っているのです。

この壁の中や床下などで発生している結露のことを内部結露といいます。
内部結露に関してはのちほど詳しく説明させていただきますが、表面結露も内部結露も空気中の水分量が多く、温度差があるために発生します。

今住んでいる木造アパートは冬になると窓ガラスについた水滴がサッシのサンのところにたまって、そこが黒く汚れてしまったり、サンの周りの木が腐ったりしています。

実は……その黒い汚れはカビなんですよ。

えー!? カビだったんですか。ショック。

結露してサンに溜まった水にカビが発生したんですね。

カビは、ぜん息や鼻炎などのアレルギー疾患の原因になりますし、さらによくないのが、カビはダニのエサになるのでダニも繁殖する。
つまり、結露は木材を腐らせるだけではなく、シックハウスの原因となるカビ、ダニなどのハウスダストを呼び込んでしまうのです。

え~いやだぁ……。
もしかしたら、おさむ君のいつもの鼻炎もカビやハウスダストが原因!?

僕、鼻炎で朝起きてから11時くらいまでティッシュが手放せないほどなんです。
とくに冬場は毎日。

原因は一概には言えませんが、鼻の炎症である「鼻炎」がつづく理由は、鼻への刺激がずっと続いているからなんですよ。

やっぱりカビやダニが鼻を刺激しているのかもしれないですね。。。

古いアパートに住んでいた方の実際の話なんですが、赤ちゃんを抱っこしたとき赤ちゃんの髪の毛からツンとカビの匂いがしてビックリしたそうです。

えっ、カビの匂い?

そう。よくお話をお聞きすると、そのアパートの部屋は、冬は結露がひどく、カーテン、押入れの奥、タンスの引き出し・タンスの裏、窓枠などいたるところに黒っぽいカビが繁殖していたそうです。
そのカビの匂いが、お子様のやわらかい髪の毛についてしまったのですね。その奥様も冬場は鼻炎がひどく、風邪をひきやすかったそうです。

どうしよう、心配になってきちゃった……。

そうですよね。
そんな話を聞くと不安になりますよね。

住んでいる家に健康を害されるって考えると怖いね。

そうなんですよ。特に新潟は冬の寒さが厳しいので、暖房器具を使わざるを得ない。

日本では石油を燃料としたストーブやファンヒーターを使っている家庭が多いのですが、じつは石油を燃料にした暖房器具は炭酸ガスだけではなく水も発生させるのです。
1リットルの石油を燃やすと約1リットルの水が発生する。

そんなに?
暖房器具を使うと水も発生するなんて知らなかった……。

それに、暖房だけでなく、普通に生活していると私たちの体や炊事・洗濯などで、4人家族だと1日7リットルほどの水が出てくるといわれているのですよ。

7リットルって結構な量だよね。

そうね。でも、いま住んでいるアパートは古い建物だから結露が目立つんじゃない?
最近は長期優良住宅ってのも出てきたようだから……
それなら結露しないですよね?

う~ん……。

えっ、違うんですか?

菅原さん、こんにちは~。

こんにちは、松井さん。

いつでも来てくださいっていうお言葉に甘えて、また来ちゃいました。
菅原さん、今お時間いいですか?

大丈夫ですよ。ちょうど、ひと段落ついたところなので、休憩しようと思っていました。
あと、菅原さんじゃなくて、「もっちゃん」と呼んでくださいよ。

あはは。ありがとうございます。
じつは今日、もっちゃんに会ってもらいたい人がいて連れて来たんです。

こんにちは、いつもおさむ君がお世話になってます。
おさむ君の妻の佳織です。

はじめまして。ようこそいらっしゃいました!

おさむ君が「家を建てる前に、菅原さんから教えてもらって、いろいろ知っておいた方がいいよ」って
いつも言っているので……お話をお聞きしようと思って、お伺いしました。

はは、そうですか。大歓迎ですよ!

来年、子どもが小学校に入学するので、子ども部屋が欲しいなと思って。
それで、家を建てることを真剣に考えるようになったんです。

なるほど。
お子さんが生まれたり進学されたりするときに、自分の家を持ちたいとお考えになる方は大勢いらっしゃいますからね。

住宅展示場をまわってハウスメーカーの方から説明を聞いているうち、なんだか頭の中がゴチャゴチャしてきてしまって……。
どんな家が良いのか、どんな家が自分たちに合っているのか、今ちょっと見失っている状態なんです。

わかります。ハウスメーカーさんによって特徴や設計、施工方法が違っていますからね。
展示場を見学すると多くの情報が得られますが、一方でどれを選んでいいのか迷いが生じるのも仕方ないと思います。

お恥ずかしいんですが……家の建て方や作りについても、よくわからないことがあって。

工法や構造ということでしょうか?

はい、そうです!
一方では良いと言われている工法が、別の展示場ではあまり良くないと言われたり……
それで、混乱してきちゃって。

なるほど。

一度、もっちゃんに話を聞いてもらって、頭の中を整理したほうがいいかなと思いました。
それで、佳織ちゃんを連れてきたんです。

そうでしたか。ありがとうございます。

私、一度迷いはじめると、いろいろ考えてしまうんです。
そうすると、あれこれ悩んでしまって。

いえいえ、迷うって大切ですよ。
おかしいな? と感じているけれど、まぁいいかと疑問から目をそらして進んで行ってしまう。
そのほうが問題です。
迷うのは、どこかで「これはおかしいぞ?」と感じている証拠。そういった感覚はとても大切なんですよ。
不安や疑問をひとつひとつ、丁寧に解決していくのが良い家を作るポイントと言ってもいいでしょう。

ありがとうございます。
そんな風に言っていただけると安心します。

もっちゃんの話を聞いているとなんか元気が出てくるんだよね。

だから、おさむ君は菅原さんの事務所にお邪魔してばかりいるのかしら?

いや、ははは。

佳織さん、先ほど「一方では良いと言われている工法が、別のところでは良くないとされる」とおっしゃいましたよね。

はい。

例えば、それはどんな工法ですか?

在来工法? 軸組工法っていうんでしたっけ?
それと、2×4工法です。

在来工法と軸組工法、どちらでも呼び方は合っていますよ。
在来工法は、日本古来の伝統工法を簡略化した工法で構造的には、実は伝統工法とは考え方が違うものです。
ちなみに…伝統工法の代表選手は、松井さん、ご存じですか?

法隆寺!

そう。さすが松井さん。
法隆寺は飛鳥時代(600年代)に建てられた世界最古の木造建築物と言われています。
法隆寺のような伝統工法のお寺と現在の在来工法の住宅は、つくりが違うというのはイメージできますか。

はい、なんとなくわかります。
お寺は、ガッチリと木で組まれているイメージです。

そのとおり。
伝統工法は、柱と柱を貫(ヌキ)という水平材でつないで強度を保つ工法です。
一方、在来工法は、貫を使わず、柱と柱をナナメの筋交いや金物(金属)でつないで強度を確保する工法なんですよ。

なるほど~。

では次に2×4についてです。
2×4は、北米で生まれた工法で、日本での正式名称は「枠組壁工法」といいます。
2×4工法は屋根、壁、床が一体となった構造で建物を面で支えて強度を確保する工法です。

 

っと、ちょっと専門的でしたか。

あ、まだ大丈夫です(笑)
それで、2×4は地震に強いって聞いたんですけれど本当ですか?

平成7年1月に阪神・淡路大震災が発生しましたが、その時、2×4工法で建てられた住宅に大きな被害がなかったととして注目を浴びました。
2×4工法は、地震の揺れを建物全体で受け止め、地震力を分散させるので地震に強いといわれています。

「2×4工法は在来工法より耐震性が高いから安心ですよ」と2×4工法を勧められたんです。
でも、在来工法を行っている会社の方からは、「在来工法のほうが地震に強い」といわれて……。
それから、「2×4工法は内部結露の問題があるから築年数が増すと耐久性が失われる」ということもいわれていたんです。

なるほど。
そんな風に比較して話されると混乱しちゃいますね。

そうなんです……。

先ほど阪神・淡路大震災のとき2×4住宅の被害が少なかったとお話ししましたね。
実は倒壊したのは古い在来工法の建物が多かったのです。
2×4工法は1970年代の中頃から施工されるようになったので古い住宅がなかった、ということ。

2×4の住宅会社は、「地震で倒壊した住宅が少なかった」というのを、アピールするもんね。

そうですね。
建物を面で支える2×4工法は、一般的に在来工法より耐震面でやや有利なのは事実ですが、決して在来工法が地震に弱いわけではないんですよ。
「2×4工法は地震に強く、在来工法は地震に弱い」というイメージは、営業の方の「売り文句」から作られた感じがありますね。

そうなんですね。

阪神・淡路大地震のとき、在来工法でしっかり建てた家はびくともしなかったという実例も沢山あります。
反対に新しい住宅でも、施工方法が悪かったり、耐震のための壁(耐力壁)のバランスが悪かったりした住宅は倒壊しています。
家が建っていた場所、地盤がどんな風だったか、というのも関係していますしね。

 

話しを戻しますが、2×4工法と在来工法、それぞれの特徴があり良さがあるので、どちらがより優れているとはハッキリ言い切れません。

構造が違うんだから、それぞれに長所・短所があるわけだもんね。

おっ、いいこといいますね!

いやぁ~。

結局は、どのような家でどんな暮らしがしたいか?という事に行きつきます。

在来工法は、2×4よりは、間取りが自由にできるし、窓も大きく取れる。後で間取りの変更もできる。
それに木を室内に表したデザインができる。しかし、気密面が弱いので気密を適切に確保する仕組みが必要という課題もある。

一方、2×4工法は、壁で造るので、気密性を高くしやすいことと工期が早い、材料費が安いのがメリット。
反面、間取りの自由はあまりなく、木を室内にあらわすことができないという特徴もある。

もっちゃんの話を聞いて大事なのは工法の種類じゃないのかなって思えてきました。
問題は、まだ自分たちがどんな家で生活したいのかハッキリしていないってことですよね?

そう!具体的な暮らしをイメージすることで住んでみたい家がはっきりして適した工法を選べるようになりますよ。

そして工法選びも大事ですが、それよりも、住宅会社の経営者の考え方(理念)に共感できるかってことが意外と大事なんですよ。
考え方やセンスがご自分にあっていて、なおかつ、設計と建築技術の向上を怠っていなければ、悪い家になるはずがありません。

たしかにそうですよね。
考え方があっているかって大事なことですよね。

あ、あと1つ。
工法の話に戻りますが、どんな工法でも共通して言えることがあります。

共通して言えること?

はい。それは、設計のやり方。
設計をきちんと行わなければ、どんな工法でも、どんなに素晴らしい素材を使っても、その良さをいかすことができないんですよ。

正しく設計することで長所を生かすことができるってことですね。

そうなんです。
逆に言うと誤った設計をすると、それが問題の原因となってしまう。
たとえば、2×4工法だから結露が起るのではなく、設計に問題があると結露が発生することがある。

どんな設計だと問題になるんですか?

私たちが暮らす新潟は、年間通じて降雨量が多く湿度が高いので湿度対策を考えた設計をしないといけないんです。

具体的には、湿気を逃がす空気の流れの設計、換気の設計。温度差を造らない設計。
あ、ちょっと熱く語ってしまったかもしれません!
詳しくは、このあと、1つ1つお話しさせていただきます。

ところで佳織さん。
室内の湿度が高いと結露が発生してよくないのは、ご存じですか?

え? 結露ってそんなに問題なんでしょうか。

実は、結露が原因で様々な弊害が生じてしまうんですよ。

えっ、弊害!?

こんにちは、菅原建築設計事務所のもっちゃんこと菅原です。
このホームページを訪れたあなたは、これから住宅を建てたいという考えを少なからず抱いていると思います。

住宅展示場を見学してハウスメーカーさんの話を聞いたり、書籍やインターネットで設計や施工について調べてみたり。ただ、専門用語をたくさん使って難しい説明をされると、良く分からないと感じることがありますよね。

私は、そんな疑問や不安に直接お応えできればと、住宅に関するセミナーや勉強会をときどき開催していますが、
一度、説明を聞いただけでは理解しにくいことがあるでしょうし、話を聞いて少し経ってから、新しい疑問が生まれてくるときもあります。

そこでいつも、みなさんには「分からないことがあったら遠慮なくどんどん質問して下さいね」とお伝えしています。

メールでのご相談にもお応えしていますが、最近はセミナーで出会った方たちが事務所に来てくださり、お茶を飲みながら住宅設計や施工に関するお話をさせていただくことも度々あります。

ほら、今日も……以前セミナーに足を運んで下さり、その後、親しくお話をさせていただくようになった方がお見えになったようです。
何か、私に聞きたいことがあるのかもしれませんね。

もしよろしかったら、あなたも一緒にお話しを聞いていかれませんか?

寒い冬でもぽっかぽかに暖かく、夏はヒンヤリ快適に過ごせる新潟にあった良い家を失敗なく建てる方法をお話しします。
きっとあなたのマイホーム作りにきっと役立つはず。

マイホーム作りに関する、あなたの「?」(はてな)が、そうだったのか! という気持ちの「!」マークに変わっていきますよ。

さぁ、どうぞ──。
お入りください!

このお話の登場人物、3人をご紹介します。

 

もっちゃん(菅原守利)

菅原建築設計事務所 代表取締役、一級建築士
NPO法人新潟長期優良住宅推進協議会理事。

中堅ゼネコン勤務中は建築工事監督として大規模なビル・マンション、体育館、一般住宅など幅広い建築物の設計・施工を手がける。
その後、独立し1997年、株式会社 菅原建築事務所を立ち上げる。

新潟市生まれ新潟市育ち。趣味は海釣り、スキー。
好きなものは、自然、無添加・無農薬。
苦手なものは、大手メーカー、時間を守らないこと。添加物、化学調味料(外食時、化学調味料だらけの味付けで、食べずに退店することも)

無垢材と本物の自然素材で健康的で高性能・長寿命な家づくりを行う。
お客様とじっくりお話しさせて頂き、心からご満足いただける本物の良い家を造らせて頂きます。

おさむ君(ご主人:松井 理)

某お菓子メーカーの工場長。
温厚でおっとりしているように見えるけれど、言うべきことはハッキリ言う。
理論的で物事を調べるタイプ。分からないことはきちんと理解しておかないと気が済まない。
でも、ちょっと抜けているところがあり、時々、ママに注意されたり怒られたり……。
サッカーのアルビレックス新潟の大ファン。ママが許してくれるときは、県外に応援遠征にでかけることも。
※その時、他県の住宅環境をチラリと観察。少しポッチャリめ。暑がりで、夏が苦手。

佳織ちゃん(奥様:松井 佳織)

専業主婦。家でブログモニターなどのアルバイトを行っている。
子どもが来年小学校に上がるので、子ども部屋が欲しいと考えるようになり、住宅展示場などを回りはじめる。
物事の「良し悪し」について、直感で決める。また、それが的を得ていることが多い。
ただし、はっきり決められない場合は、いつまでも悩み続けてしまう。
細身で冷え性。新潟の冬が少し苦手。趣味はお菓子つくり、100円均一の商品に自分なりのアレンジを加えて使うことに凝っている。