コンテンツへスキップ

床暖房と床下暖房の違い、メリット・デメリット

床暖房と床下暖房。

似たような言葉だけれど違いをあらためて確認してみましょう。

そもそも、「床暖房なら聞いたことがあるけれど床下暖房って?」という方も少なくありません。

この記事では床暖房と床下暖房の違い、メリット・デメリットを整理します。

床暖房

床暖房

床暖房は、床自体がホットカーペットのように熱源になり足元を暖めるものです。

床からの輻射熱もある程度は見込めますが室内を暖めるにはエアコン等の補助暖房が必要。

床暖房は、風がない・音がないというメリットがあります。

熱源機や温水マット、専用の床材が必要なので初期費用が大きく、日々の電気(ガス)代・交換時の工事費用も大きいです。これは、床暖房のデメリットと言える部分です。

床下暖房

床下暖房

床下暖房は、床下の空間(または部屋の隅)に市販のエアコンを1台設置し、基礎コンクリートを暖めて蓄熱することで、ゆるやかに暖かい空気を家じゅうに循環させるものです。

気を付けないと空気が乾燥することもあります(デメリット)が、エアコン1台だけなので初期費用は小さく、無垢など床材は自由に選べます。(メリット)

熱源がエアコンだけなので日々の暖房費、交換時の費用が小さくてすみます。(メリット)

お客様にとってはメリットが大きいので当社では採用しています。

床下暖房は、断熱気密の技術が必須(簡単にはできない)な上、大手メーカーにとっては利益にならないので、あまり宣伝されていないのかもしれません。

新潟市で床下暖房を体験

当社(エシカルハウス)では、全棟・床下暖房を採用しています。
実際に「床下暖房の暖かさを体験してみたい」という事でしたら
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

モイスザバーン

住宅の気密を確保する方法は大きく分けて2つ。

1.室内側に気密シートを張る方法

2.室外側で気密を確保する方法

より安全で確実に気密を確保できるのは外部側であり、
当社では外部側のモイス(写真上)部分で気密を確保しつつ、
室内(内部)においてもザバーンという気密・防湿調湿シート(写真下)で
ダブルの気密を確保しています。

ザバーンは、気密確保だけでなく防湿・調湿効果があるため、
特に夏型の壁内結露(※)を防止する大切な役割があります。

夏場、壁体内に過剰な湿気がある場合は室内側に湿気を逃がして結露を防止。
冬場は室内から壁体内へ湿気を侵入させない事で壁体内の結露を防止します。

( ※ 夏場の高温多湿な空気が涼しい内壁に触れて壁の中で結露する事 )

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。
家づくりに役立つ1つの物語、いかがでしたでか?
松井さんご夫婦のように、家を建てたいと思い立ち、実際に動き始めたら、様々な疑問が浮かんできたという方は多いと思います。

一番最初にお伝えしたように、迷うって、とても大切なことなんです。
「変だな」「おかしいぞ」という信号が送られてきたら、それをしっかりキャッチして、疑問をひとつひとつ丁寧に解決する。

自分とのキャッチボールが上手にできるようになることが、良い家を作るためのポイントと言ってもいいでしょう。家づくりは、家を建てることがゴールではなく、家族の新しい暮らしのはじまりですよね。

家の中で、何十年もかけて、家族の喜びやぶつかりを通して成長の物語が紡がれていく。
その物語を長い時間、見守る「家」という場所が、夏暑く冬寒く、カビが発生、家の不具合が生じ、日々の生活が不便だったら大変です。

一時の感情で家を決めてしまうのではなく、様々な観点からじっくりとお考えいただくのが大事だと思います。もちろん、外観や印象、自然素材というイメージも大事ですが、一生住む場所ですから「住んでから何十年の生活が快適な家なのか?」ということを見分ける視点を持っていただければと思います。

何かのご縁で、この物語をご覧になってくださったあなたには、健康的に永く住み続けられる快適な家に安心して暮らしていただきたいというのが私のただ一つの願いです。

私も、みなさまの疑問解決のキャッチボールのお手伝いをさせていただきますので、お気軽に「ボールボーイはもっちゃん」と指名してください。

・鼻炎や喘息・シックハウスなど健康被害の出る一般住宅への対策
・新潟の気候にあった家の選び方
・断熱・気密の必要性
・住宅の価格のからくり
・新潟での土地選び

など、住宅選びの基本をわかりやすくお話しさせていただきます。

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご相談はお金は頂きませんし、相談頂いたからといって弊社に何かを注文しなければならないなどということは一切ありません。欠陥住宅甲信越ネットの会員として誠実に対応させて頂きます。

この後も家づくりコラム、まだまだ続きます!

最後にもう1つ良いですか? さきほど「地盤」の話が出ましたが、新潟で地盤が良い土地を探したいのですが、どうしたらいいでしょう?

わかりました。新潟が沖積平野だということはご存じですか?

チュウセキ平野…。あ、新潟市は信濃川と阿賀野川で形成された沖積平野だから地盤があまり良くないっていうのは、子どもの頃、学校の授業で聞いたことがあります。

うん。川の流れによって運ばれてきた土や砂が堆積してできた平野ってことだよ。

そのとおり。松井さん詳しいですね。新潟は、もともと海だったところに土や砂が堆積してできています。もともと海だったところに粘土や砂が堆積しているわけだから基本的に新潟は、あまり地盤がよくないんです。とはいえ、家を建てる土地を探すときにはできるだけ地盤が良いところにしたいですよね。

はい。地盤が弱いってことは…地震のときも心配ですし。

そうだね。2011年に発生した東日本大震災では、千葉県の湾岸部や埼玉県の田んぼを埋め立てた土地などで液状化現象が発生したもんね。地面から水があふれだしたり、道路が陥没したり。

えぇ。新潟でも1964年(昭和39年)に発生した新潟地震の時、液状化現象が起こりましたね。県営アパートが傾いたり、新潟空港の滑走路が冠水したりしました。液状化現象という言葉はご存じだと思いますが、念のため液状化現象について説明しますね。

液状化現象というのは、水を含んだ砂質の土が、地震などの強い振動により、個体から液体へと変わる現象のことをいいます。地震の揺れで地盤が動くことにより、砂と砂の間を埋めていた水が押し出され、地表面に噴出してくるのです。発生しやすい場所は、海や川、池や沼、田んぼを埋め立てた土地。沖積地など地盤が緩く地下水位が高いところです。

新潟市は海、川、沼、湖があちらこちらにあるし……しっかりした地盤の土地を探すのって、難しいんじゃないでしょうか?

そうですね。さきほどの、沖積地のお話にもありましたように土砂が堆積してできた土地が多いですからね。事前に地盤調査を行って弱い地盤であれば地盤改良工事をしっかり行う必要があります。
あまり知られていませんが、現在の建築基準法では、地震による一般住宅の液状化は確認の対象となっていないんです。ですから、住宅会社によっては、お客様が確認しない限り、液状化のリスクを伝えないというところもあります。

えー! そうなんですか!?

はい。そもそも、地盤改良工事に関しても液状化を加味した内容ではなく、建物の重さによって地盤が沈み込まないようにする段階までのものです。
工法によっては、液状化に有利な地盤改良工事も可能ですが、一般的な地盤改良工事と比べて費用がかかります。ですから、家を建てたい場所の地盤をしっかり調べて、できるだけ地盤の良い土地を選んで購入すれば、経費も削減できますよね。見落とされがちなんですが、家を建てるとき、地盤について知っておくことは、とっても重要なんですよ。

「足場を固める」というのは、まさにそういうことなんですね。

その通り。
では、地盤や地質を調べるにはどうしたら良いかというと、国土地理院の「土地条件図」という資料を参照する方法があります。ただし、親切に解説されているわけではないので、地質に詳しくないと分かりにくいかもしれません。ちなみに「川」「河」「池」「沼」「潟」「渡」「田」など水にまつわる漢字が地名に付くところは、地盤が弱いということが考えられます。
逆に「○○山」「○○台」というような地名は地盤的にも比較的、安定していることが多いですね。

そうなんだぁ……。土地を探すとき、地名も参考にするといいんですね。

はい。新潟市の西、海岸線に沿って、小高い砂丘地域が続いています。あの辺りは、比較的、地盤が良いです。たとえば、「青山」や「有明台」「寺尾台」のあたり。
東の方に向かいますと、大山台公園のある「大山」「桃山」「物見山」と続きますね。
内陸部でも、「紫竹山」「牡丹山」「石山」など、かつて砂丘があった場所の地盤は比較的、安定しています。その他にも「自然堤防」といって昔、川の岸で盛り上がっていた部分は、地盤が良いことが多い。たとえば、「米山」がこれにあたります。

こうやって見ると新潟でも地盤が良い場所も結構あるものですね。

そうなんです。気を付けないといけないのは、もともとの地盤がよかったとしても、
造成する際に地盤をいじっている場合、表層部分が弱くなっていることがあります。
表層部が弱い場合には、そのまま家を建ててしまうと家の重さで一部が沈み込んでしまう等の問題が出ることもあるので、必ず地盤の調査を行う必要があります。

難しいものですね~。暮らしやすい場所というだけでなく、安心できる土地選びって。

そうですね。私どもでは、土地探しのお手伝いも行っていますから、よろしければお声掛けくださいね。土地探しの費用は全くかかりませんから。地盤だけではなく、周辺環境や法的な制限など、必要なチェックポイントをふまえ、ご紹介に値する土地をお探ししますよ。

頼もしいですね、その時はよろしくお願いいたします!
もっちゃん、今日もたくさんお話していただきありがとうございました。
すごく参考になりました!

ありがとうございました。僕もより理解が深まったと思う。

いえいえ。また何かわからないこととか、疑問が出てきましたら遊びに来てください。

はい!ありがとうございます!

では、今日はこの辺で失礼します。

あと、もう1つだけ。
平成25年10月に次世代省エネルギー基準の改正が行われ、Q値という基準から建物の外皮の平均熱貫流率(U値)基準に変わったんです。

U値?? 外皮??

すこし難しいですよね。まず、どうしてU値への基準を変更したか説明しますね。
説明のなかでU値の意味もご理解いただけると思います。
Q値は、1時間に床面積1㎡ あたりに逃げ出す熱量をあらわす数値ですが、建物の形状や広さで数値が変わるという性質があるんです。これを建物の広さ等の影響の少ないU値に変更したということです。外皮とは、建物の外壁部分の表面積のことで、外皮1㎡あたりに逃げ出す熱量がどれくらいあるかということです。表現方法が違うだけで基本的なことは同じです。地域ごとにU値が決められ、新潟市は5地域でU=0.87以下と覚えておいて頂ければよいでしょう。

U値が0.87ですね。

はい。ちなみに海沿いではない地域は、4地域(0.75)で、旧入広瀬村・津南町は3地域(0.56)です。

平成25年の改正で、次世代省エネルギー基準の低さは改善されたんですか?

いえ、残念ながら答えはNOです。
そもそも、日本における「次世代省エネルギー基準」の値が低すぎるのです。地域の気候風土に合っていない。

基準値をクリアしていればOKというわけではないということですね。

えぇ、そうなんです。次世代省エネルギー基準は、最低限の目安として参考にしていただければよいと思います。

次世代省エネルギー基準をクリアしているかどうかで判断しないほうがいいってことですよね。

はい。ハウスメーカーなどは「次世代省エネ基準クリア」などと誇らしげに宣伝しているところもありますが、全く省エネと呼ぶには程遠く、ヨーロッパの基準の足元にも及びませんから。
実際、2010年にドイツで行われた国際パッシブハウス・カンファレンスという会議で日本の次世代省エネルギーの基準値を発表したところ会場から笑いが起こり、さらに、この基準が義務ではなく努力目標であり、住宅の30%以下しか達成出来ていない事を発言したら会場から失笑を買った(WIKI / パッシブハウス・ジャパン2010年6月22日発行ニューレター)そうです。トホホですね。

ほんと!日本人として恥ずかしいですね。

うむ。住宅展示場でいくら太陽光パネルを上げ、省エネを謳っても何台もエアコンの室外機が並んでいるようでは、お話になりません。おっとっと……また、熱く語っちゃいましたね。

ダメなことはダメってはっきり言うのがもっちゃんの良いところなんですから。
どんどん言ってください。

ははは、ありがとうございます。
このような内容の話で大丈夫でしたか、佳織さん?

はい。とっても分かりやすくてためになります。

そうですか、よかったです。

気密や断熱のことがわかってきました。
今度は、土地の選び方についてもお話をお伺いしたいです。

では、少し休憩してから、話を続けましょうか。