コンテンツへスキップ

西区K様邸外壁貼り

西区のK様邸引き続き外壁の

杉板貼り進行中

 

 

 

 

 

棟梁が所定の寸法に切り出し

 

 

 

 

 

コタケさんが作業

目透し貼りなので目地板を挟みながら

貼って行く。

 

 

 

 

 

ステンレスのビスで止め付け

ある程度貼ったら、下げ振りで建付けを確認する。

(右側にあるのが下げ振り)

 

 

 

 

 

取付ビス

所謂、デッキビスです。

 

 

 

 

 

悪天候時は中で作業

壁の先張りシート

基礎内部のウレタン吹きの準備

 

 

 

 

 

鋼製床束取付

 

 

 

 

 

ウレタンに絡む配管も完了

 

 

 

 

 

基礎断熱のウレタン吹き付け

100mm吹き付けます。

 

 

 

 

 

 

 

吹き付け完了

土間部分は断熱補強の50mm

土間の下には断熱材が打ち込んである。

 

 

 

 

 

外壁貫スリーブ周りはうまくグラスウールを

入れられないので基礎と一緒にウレタンを充填します。

換気扇の貫通スリーブは外気が出入りする場所なので

少しでも断熱欠損を無くします。

 

 

 

 

 

住宅センターの躯体検査を受けました。

検査員の方の要所要所の写真撮影

 

 

 

 

 

先日大分県の坂井建設さんの坂井社長と社員の方々

(写真左が坂井社長さん。他役員の方や社員の皆様12名)

が弊社の現場を見学されていきました。

皆さん九州の方々なので

付加断熱を見るのは初めてとの事。

気密や屋根、天井、桁上断熱の手法等

熱心なご質問を頂きました。

少しでもご参考になればと思います。

寒い中お疲れ様でした。