エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

欠陥建築問題がなくならない

2012.07.07

この冬の大雪で友人の店のアーケードが壊れた。

かれこれ50年程経っているアーケードだ。

警察や道路管理者から危険なので撤去するよう指導があり、隣の店を管理している不動産屋さんの業者が撤去した。

 

友人からオイラにアーケードを復旧してほしいと頼まれたので、行政と協議したところ、昔なので道路専用の届けも出ておらず、現状の2軒だけの復旧は許可できないとの返事。

但し、5軒以上集まって改修(建替え)であれば、協議に応じるとの事。

市側は道路、建築、消防の3者のアーケード協議会というものが有り、そこで審査するらしい。

(またこれが、審査するにも、いっぱい書類や図面が必要なのだ・・・(´・ω・`))

 

ところが、先日友人のところに撤去した業者からアーケードの見積が届いたと連絡があった。

見積を見てみると、鉄骨工事と屋根工事の見積で、表紙と内訳書と中身の無い内訳明細書の3枚。

しかも全て内訳明細書は詳細の数量など一切無い一式見積。

図面は手書きのスケッチのようなものが1枚

基礎関係は一切無いので50年前の基礎に乗っけるつもりなのだろう。

誠に簡単である。( ̄□ ̄;)。

 

その見積の良い悪いは別として、そんなものが行政に通るとでも思っているのか、

それとも、やったもん勝ちとでも考えているのか?

もし、無事工事が終わったとして、行政から何かあったらどう責任を取るつもりなのか?

友人もあきれていたが、見積もりをした業者に対し疑問しか湧いてこないし、怒りさえ覚える。

 

この様な業者がいる間は欠陥建築問題はなくならない。

HPを見ればいっちょ前の会社である。

知りませんでしたで済むような話でない。

こんな会社は即刻退場願いたい。





エシカルハウスが体感できます 新潟市で自然素材 高断熱の注文住宅なら菅原建築設計事務所

新潟市中央区に「体感住宅」があります

エアコン1台で家全体が春のような快適空間。
弊社の標準仕様で建てた代表自邸は、予約制で体感いただけるエシカルハウスです。 壁厚220mm、新潟トップクラスの高断熱住宅の快適さをあなたの五感で体感してみてください。

詳しく見る


エシカルハウスが体感できます 新潟市で自然素材 高断熱の注文住宅なら菅原建築設計事務所

3種類セットでプレゼント中!

エシカルハウスがもっとわかるパンフレット、良い家・悪い家を具体的な観点で見極められるようになる新潟市で失敗しない家づくりの方法、エシカルハウスの施工事例を満載した「家づくりガイドブック」を3冊セットで無料プレゼント!

詳しく見る

ページの先頭へ▲