断熱の良し悪しは○○で判断できる

今日のような寒い日は、出掛けた時に、よそのお宅の軒先のツララを観察。

  何が解るかと言うと、そのお宅の断熱の良し悪し!

断熱が悪いと、天井から暖気が逃げ、雪が融けて再び凍るのでツララが出来る。

そして、隙間風があると常に冷気が家の中に入り込み、

暖かい空気は、上へ上へと逃げて行き、

さらに室内の上下の温度差が出来て足元が冷える事になります。

 したがって、立派なツララがある家は断熱性が悪い家ということになります

 

 サッシの断熱性能を上げる事も大事なのですが、

特に冬の暖房効果を上げるには

天井や屋根をしっかり断熱する事と、建物の気密がとても大事なのです。