エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

自然素材 100%の住宅造りをしたい

2012.01.20

自然素材 100%の住宅造りをしたい


 

 「自然住宅」や「天然素材の住宅」の文字をよく目にするようになり大変良い事と思っている。
 しかし化学製品や合板類などを使用しないで住宅を作る事は意外と難しく、施工費と材料費が高くなってしまい施主にとっても大変な事である。
 私も極力合板類は使用しないようにはしているが、どうしても予算等の関係で使用せざるをえないときがある。
 最近は輸入合板類が値上がりし、無垢材のほうが安くなるかも知れないと淡い期待をかけているのだが・・・
 100%自然素材の住宅造りをしたいが、なかなかそうもいかないので、とりあえず手短に出来る事からやろうと、下記のような事を予算の許す限り実践。

 

 ビニールクロスは使用しない。
 断熱材はセルロースファイバーや高性能グラスウールを使用。
 ベニア類は構造体部分(2階床や小屋裏の補強等)以外極力使用しない。
 外壁の面材にモイスを使用する。(耐火性、通気性があり、VOCを吸着分解するボード)
 外壁はなるべくサイディングを使用せずに、天然素材で仕上げる。(そとん壁等)
 当然、有機溶剤は使用しない。
 塗料は天然塗料を使用。(リボス、柿渋等)
 床材は無垢板を使う。
 等など。

 

 F☆☆☆☆の製品を使用するのは当然であるが、解体処分時はもとより、生産時にも環境に極力負荷をかけない製品を使用したい。
 最近は各建材メーカーも色々と考えていて、良い製品もあるので工夫して組み合わせていけば良いと思う。

 

 化学製品が全て悪者とは思っていないが、明らかに限り在る資源の石油を必要以上に使わなくても良いと思うし、少しでも石油資源の枯渇を伸ばす事が出来れば良いのではないか。
 多少割高になるけれども、施主様に健康で長く住んでもらいたいので、安全安心で化学物質を使わない家造りが大切だと思っている。




エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲