断熱リフォームの費用

断熱リフォームの費用は実際いくらくらいか?

 当社は、新住協(NPO法人新木造住宅技術協議会)という会に所属しているので、

本部の方が講師となり、建物の断熱性能を算定するソフトのバージョンアップの

説明と住宅の断熱改修についての講習会がときどきある。

  断熱性能を算定するソフトは「QPEX」といって、

設計時にどれくらい建物の断熱性能や、

暖房に灯油(又は電気)を年間どれくらい使うかなど計算してくれ、

非常に重宝しています。

 

 断熱リフォーム(断熱改修)をすることによって、

古い住宅の断熱性能を最新レベル(次世代省エネ基準)以上に

引き上げる事が出来ます。

そして改修時に耐震性能も上げようという改修方法です。

現在の家の状態や、外壁を全面張替えかサッシを取り替えるかによって

変わりますが、断熱そのものの費用は数百万程度で済みます。

外壁が古くなって張替、再塗装をお考えの方は一考されてはいかが。

 

気をつけねばならないのは、

断熱改修は窓だけとか壁だけとか工事をしても、多少は良いでしょうが、

下手をすると壁などに結露が発生して、

かえって不都合を生じる場合もあるので、注意が必要です。

 壁の断熱材もただ入れるだけでは十分な効果は期待できません。

暖房の効率アップと夏の熱気を防ぐ為にも、

天井部(屋根)の断熱も行ないたい所です。

断熱リフォーム(断熱改修)は

室内をほとんどいじることなく施工できますので住んだままで支障有りません。

いづれにしても、それなりの勉強をしている業者でないと、

十分な効果は期待できません。

安易に工事を行って、お金の無駄使いになりませんように・・・・