エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

建築設計に必要な時間

2012.07.01

某住宅会社では、プランニングを

お客様の担当の営業マンが2時間程で作るという・・・

それを、設計担当が図面化するそうだ。

 

オイラの場合、どんなに急いでも3日はかかる。

こっちはプロだから2時間でつくることは造作もないけれど、

とても、そんな無責任なことはできないし、

お客様の情報(家族構成、レイアウトの要望、好み等・・・)

を整理して家全体を考慮しながら計画するので

(あたりまえだ)

とてもその時間で、できるものではない。

図面を描く時間は2時間で出来るかもしれないが、

そこまでの過程が全く違う。

逆に少し仕事をかじった素人だから出来るのかもしれない。

 

そんな会社の造った家は想像がつくが、

頼んだお客様はどのように想っているのだろうか。

そういうものと想うのだろうか?

 

車を買うときも試乗したり、カタログを眺めたり現物が目の前に

あるから良いが、家ばかりはそうはいかない。

(建売や企画もの以外は)

設計者がお客様と直接何回も会って、話し合い

その情報を噛み砕き、組み込み、

積み上げて図面を完成させていく。

したがって、図面は何回も書き直しとなる。

だから、設計の段階で家造りは8割方完成なのだ。

 

営業マンが設計担当に話を伝えて図面化していくのと

全く違う作業。

営業マンは営業が仕事で、設計者ではないし、設計担当も

機械的に図面を書いて良しと言うものでもないはずだ。

それでは、設計者にお客様の本意は分からないし、

「こんなんじゃなかった」となりかねない。

 

造るのも、住むのも人間なのだから、

機械的、事務的で無機質なものでなく、

もっと有機的でなくてはならないのではないか・・・

 

そうゆう事が煩わしい人は別として、

どんなに安くても1千万以上する買い物を、

2時間で出来たプランで仕事を進められたんでは、

誰でも嫌でしょ?

 



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲