東区S様邸内部断熱材入れ

2018.01.30

東区のS様邸は床貼りが終わり

内部の断熱材入れです。

 

内部は高性能グラスウール24K

120mm

 

 

 

 

 

 

いつものアクリアウール

熱抵抗値は3.3

 

 

 

 

 

 

先ずは入れる場所に合わせて

切断

 

 

 

 

 

 

壁に挿入

キッチリ入ります

左側の電線部分は断熱材の小口を裂いて

電線を包み込むように挿入します。

 

 

 


筋交いのあるところは

寸法を採って

切り込みます

 

 

 

 


筋交いの厚みを

カット

24Kなのでへこみません。

大棟梁が手に持っているのは

グラスウール用のナイフ

 

 

 


間柱と柱の間に

挿入

筋交いの金物もあり

結構大変

 

 

 

 

 

 


断熱材入れ完了

これで外壁の断熱材の厚さは

120+105×2=330mm

この後気密シートを張っていきます。

 

 

 


ユニットバスのセット工事

ユニットバスの外壁側は先に断熱材を入れ

防水ボードまで貼っておきます。

上のタイベックが貼ってある所は

天井裏部分の結露止めの断熱

冷房時に天井裏の結露を防ぐ細工です。

 

 

 

 

この現場は屋根裏に空調機を置いて

ダクトで各階の床下を暖房冷房する方式。

冷房時2階の床下(1階の天井)も冷やすため、

外部に面したの梁の室内側に結露が発生する可能性があるので

天井裏に断熱が必要です。(特に吹き出し口の近く)

 

この空調方式は天井からの冷温の放射熱も下階は利用できるので

有効と思います。

 

一台のビルトインタイプの空調機で冷暖房をします。

今後予算が許せばこの方式にシフトしていくつもりです。

後日空調工事が進んだら詳しくアップします。