エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

建築家と建築士の違い

2012.01.20

建築家と建築士の違い

 

 アーキテクチャーは世界でも通用するが建築士なる物は日本だけで、世界には無い制度らしい。(外国ではKENTIKUSHIと書くそうだ)基本的に医師、弁護士等と同等の資格なのだそうだが、自分で言うのも何だが、何せ威厳なるものが全く感じられない。
 まあ私でもなれたのだから実際大した事無いのかもしれない。
 建築業界というものは完全に下請け体質で元請け自体も「請負」と読んで字の如く最初から負けているのである。
 しかし建築は衣食住の文化的生活の基本の住で、お客様にはいくらでも負けて良いが(金額ではない。あしからず。)自分たちの強欲に対しては決して負けてはいけないのであるその強欲に負けた人たちが去年から騒がれている人々なのである。
 決して自分たちの欲が先にきてはダメで、常にお客様の幸せを願いながら設計し、造って行く物なのである。
 強欲と一緒に造られた建物などまともな訳があるまい。
 ごまかしと自分たちの都合の良い建物となるのは目に見えているのだ。
 何度も言うが、安くていい建物など存在しないのである。

 

 次に建築家という名称であるが日本では本人が建築家であると思えば誰でも名乗れるらしい。
 詳しい事は解らないが、自分で芸術家だと言えばこの人はどんな芸術をやるのか知らないが、「本人が言うのだからそうなんだろう」てな具合か。
 何人かの有名な「建築家」と称する人の建物に携わる機会があったが、どれも内容は散々たるものでとても使う人の立場という物は考えていない。
 確かに外観等のデザインは優れているが、設計図等はでたらめの極みである。
 本人は芸術家気取りなので作品の一つなのだろう。
 ある建築家の設計した住宅は「自然と立ち向かって覚悟しながら住め」等と言っていたが、私はそんな住宅にお金を貰っても住みたく無いし、そんな物は住宅ではない。

 

 結局は頼む方も頼まれる方も自己満足の世界で、後で問題が出ても自己責任である。

 



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲