エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

儲け第一主義に乗せられ買ってしまうのは一番悲しい

2012.01.20

儲け第一主義に乗せられ買ってしまうのは一番悲しい

 

 あるとき飲み会があり、帰りにカレーうどんを食べた。
 結構混んでいて深夜にもかかわらず大繁盛の様子。
 一口食べてみるといわゆるカップめんのカレーうどんと同じ味!
 カップめんがうどん屋レベルに近い味を出しているのかは解らないがとにかく化学調味料がたっぷりなのである。腹が減っていたので何とか麺は食べたが汁はとても飲めたものでなかった。
 スーパーに買い物に行ってもほとんど全ての加工食品には化学調味料が入っているし、入っていないものを探すのに一苦労する。
 これはメーカーや店が自社の効率(儲け)を上げる為に入れているのは明らかで、本物の味や風味を出すの為には手間が掛かるし商品自体も当然その分単価があがる。
 そこでもって、化学調味料や香料などの添加物をたくさん入れる。そうすると安く出来るし、会社は儲かる。(食品とは言えず完全に工業製品)偽者なのは明らかだし、不味いから普通に売ったら売れないのでTVや新聞に広告を出して大々的に宣伝をする。(宣伝をしている会社だと消費者は安心する)輸入野菜は安く作らせるために大量の農薬を使う。輸入果物は輸出国で使用が禁止されている農薬が使われている。
 そうすると商社は農薬と輸入品で二重に儲かる。しかし農家や消費者の体は間違いなく薬に侵される。売ってしまえばその後は知ったこっちゃないのである。
我が家ではそういう商品はゼロとは言わないが、少なくとも食品まがいの工業製品は無い。
 実際そのようなものを食べないでいて、たまに口に入れるとまずくて食えないし、まして金を払ってまで食う気がしない。だから最近は殆ど外食をしなくなった。
そして、添加物入りの食品を注意して口に入れないようにしてからは花粉症があまり出なくなった。
 人工物は体に良い訳ないし、企業に騙されて儲けさせるのもシャクである。
 価格や見てくれだけで選んでしまう消費者の自己責任ではあるが、車やブランド品は金をかけるのに食品には余りにも無頓着すぎる。食は体の基本中の基本なのに。
 とにかく、何でも儲け第一主義に乗せられて買ってしまうのが一番悲しい話だ。

 



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲