東区S様邸基礎工事

2017.11.18

東区のS様邸の基礎工事

根切り時に水が出て少し大変

 

根切り底より少し

水位が高い様で

低い基礎部分は水たまり(汗)

 

 

 

 


スラブ下と基礎立ち上がり部分

に使用する断熱材

立ち上がり部分は100mm

 

 

 

 

根切り、砕石敷きが完了し

断熱材敷き込み

 

 

 

 

 

 

基礎配筋開始

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ配筋完了

箱モノの基礎のような状態

 

 

 

 

 

住宅センターの配筋検査

指摘事項無し!!

 

 

 

 

 


1回目の基礎型枠

組み立て完了して

これから通り直し

広い・・・・

 

 

 


コンクリート打設

 

 

 

 

 

 


外周の打設が終わる

この後低い方のスラブ

 

 

 

 

 


基礎スラブは

金コテで均す

 

 

 

 

 


打設完了

なんとか天気は回復

日頃の行いが良いのだ!!

 

 

 

寒くなってきたので

コンクリートの

温度補正をして

強度に不安がないように。

しかし強度を増すということは

セメント量が増えることになるので

スランプ値(コンクリートの粘度)をなるべく小さく抑える。

 

※スランプの大雑把なニュアンスは

 スランプが大きい→柔らかいコンクリート

 スランプが小さい→固いコンクリート

 

セメントが増えるとクラック(ひび割れ)

が発生しやすくなるので

注意が必要です。

つづく