胎内市S様邸一階屋根組他

2017.11.09

胎内市のS様邸は1階の屋根下地組

一部外壁の構造面材部分を先に施工しないと

屋根下地が組めません。


面材のモイスを貼って

ジョイント部分に気密テープで

気密処理

 

 

 

 


1階の小屋の水平構面

ここが気密層になるので

気密シート処理

この上にセルロースファイバーを後日

吹き込みます。

 

 


垂木取付開始

 

 

 

 

 

 


屋根らしくなりました

 

 

 

 

 

 


全景

 

 

 

 

 

 


丸柱を養生

 

 

 

 

 

 


日射がたくさん入りそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


屋根取り合い部分の付加断熱を先行

付加断熱下地

ここに断熱材が付加されます

屋根は取り合いを残し

野地板を張りました

 

 


先行部の付加断熱材

 

 

 

 

 

 


高性能グラスウール 105mm

 

 

 

 

 

 

来週から板金屋さんが来て屋根工事、

大工さんは外壁部の付加断熱工事。