エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

かぶり厚さ の重要性

2012.06.10
「かぶり厚さ」という言葉自体が馴染みがないのではないでしょうか。
かぶり厚さは、住宅の基礎のコンクリート表面から鉄筋表面までの厚さのことです。
かぶり厚さとは・・・? コンクリート表面から鉄筋表面までの厚さのこと。
(下図の赤い部分の幅)

かぶり厚さ かぶり厚さ2
住宅の「基礎」は文字通り家を支える大事な部分です。
家を支える耐力が不十分な基礎の場合、家は傾いてしまいます。

基礎はコンクリートと鉄筋で出来ていますが、鉄筋が正しく入っているか、コンクリートの内部がシッカリと固まっているか、かぶり厚さ(コンクリート表面から鉄筋表面までの厚さ)は十分かなど、設計はもとより、施工面で注意が必要なデリケートな部分なのです。


かぶり厚さが不足すると・・・

かぶり厚さ不足
基礎の主原料であるコンクリートは、気候条件(温度や湿度)により大きく左右されます。
そのうえ内部の仕上がりが特にわかりにくいものなのです。

基礎工事の際、工事監理者がちゃんと毎日現場に出ているか?というのも
誠実な仕事をする会社を見分ける1つの目安になります。
さらっと言いましたが、けっこう大事なことですよ。
なぜなら、毎日、現場に工事監理者が行くことで、施工の妥当性がチェックされることになりますし、
その事は、基礎の重要性をシッカリと認識している会社ということになるからです。
見えない部分は大事というお話でしたが、工期を急ぐあまり、
突貫工事で基礎が施工される場合もありますので
事前に工事監理者にスケジュールを十分確認されることをお勧めします。



エシカルハウスが“ 体感 ”できます

「本当に真冬にエアコン1台で家じゅう暖かい?」
「本当に真夏もエアコン1台で快適?」

あなたの五感で体感してみてください。
下の画像をクリックすると体感住宅の案内へ移動します。


エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲