富山の黒部市でYKK工場見学

2016.04.16

先週13日新住協新潟支部の研修会で

黒部市にあるYKKのサッシ工場の見学会に行ってきました。

 

IMG_6190 - コピー

見学前の挨拶と案内

支部長なので皆様にご挨拶をしました。

(右端の大きいのが私!)

前で挨拶をしていただいているのは

YKKの上越の支店長さん

 

 

 

IMG_6195 - コピー

見学前に記念撮影

工場は一切撮影禁止なのです!!

 

 

 

 

10時半から16時位までたっぷりと見学させていただきました。

メーカーには移動用のバス、昼食を用意していただき感謝!!

感想は・・・

知らなかったのですが、アルミ部材はもとより、

ガラス、ビス、梱包段ボール、工場での工作機械までほとんどすべてが

YKKの自社製品だとの事。

本当の意味の品質管理を目指すならこうなるのかと。

そして、

アルミサッシはやはり莫大なエネルギーを消費して造るもの。

更に建物の性能を上げるには開口部の断熱補強が大事ですが、

アルミのサッシではもはや無理・・・

良く考えるとアルミのメーカーがアルミではなく樹脂でサッシを造るという変な話です。

おそらく、今後は建物の断熱性を上げるよう国も本腰を入れて進めるようになるので

アルミのみの、いわゆる住宅アルミサッシは無くなり、

樹脂、木製へ推移していくのでしょう。

弊社も今後は最低でも樹脂サッシペア、アルミ樹脂複合サッシのトリプルガラス

予算があれば樹脂サッシのトリプルガラスや木製サッシ

(当然ガス入りのLOW-Eガラスですが)

を使用していくよう変える予定です。

もっと高性能のサッシが安く手に入れば良いのですが・・・

その辺が思案のしどころです。