「床暖房」 と 「床下暖房」の違いを簡単解説

床暖房と床下暖房の違い、メリット・デメリット

床暖房と床下暖房。

似たような言葉だけれど違いをあらためて確認してみましょう。

そもそも、「床暖房なら聞いたことがあるけれど床下暖房って?」という方も少なくありません。

この記事では床暖房と床下暖房の違い、メリット・デメリットを整理します。

床暖房

床暖房

床暖房は、床自体がホットカーペットのように熱源になり足元を暖めるものです。

床からの輻射熱もある程度は見込めますが室内を暖めるにはエアコン等の補助暖房が必要。

床暖房は、風がない・音がないというメリットがあります。

熱源機や温水マット、専用の床材が必要なので初期費用が大きく、日々の電気(ガス)代・交換時の工事費用も大きいです。これは、床暖房のデメリットと言える部分です。

床下暖房

床下暖房

床下暖房は、床下の空間(または部屋の隅)に市販のエアコンを1台設置し、基礎コンクリートを暖めて蓄熱することで、ゆるやかに暖かい空気を家じゅうに循環させるものです。

気を付けないと空気が乾燥することもあります(デメリット)が、エアコン1台だけなので初期費用は小さく、無垢など床材は自由に選べます。(メリット)

熱源がエアコンだけなので日々の暖房費、交換時の費用が小さくてすみます。(メリット)

お客様にとってはメリットが大きいので当社では採用しています。

床下暖房は、断熱気密の技術が必須(簡単にはできない)な上、大手メーカーにとっては利益にならないので、あまり宣伝されていないのかもしれません。

新潟市で床下暖房を体験

当社(エシカルハウス)では、全棟・床下暖房を採用しています。
実際に「床下暖房の暖かさを体験してみたい」という事でしたら
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

Ethical House

エシカルハウスを体感できます!

エシカルハウスが体感できます 新潟市で自然素材 高断熱の注文住宅なら菅原建築設計事務所

新潟市中央区に「体感住宅」があります

エアコン1台で家全体が春のような快適空間。弊社の標準仕様で建てた代表自邸は、予約制で体感いただけるエシカルハウスです。壁厚220mm、新潟トップクラスの高断熱住宅の快適さをあなたの五感で体感してみてください。

House Guidebook

家づくりガイドブック

家づくりガイドブック 新潟市で自然素材 高断熱の注文住宅なら菅原建築設計事務所

4種類セットでプレゼント中!

エシカルハウスがもっとわかるパンフレット、良い家・悪い家を具体的な観点で見極められるようになる新潟市で失敗しない家づくりの方法、施工事例が満載の「家づくりガイドブック」を4冊セットで無料プレゼント!