住宅の気密を確保する方法、夏型の結露防止にも活躍する調防湿シート

モイスザバーン

住宅の気密を確保する方法は大きく分けて2つ。

1.室内側に気密シートを張る方法

2.室外側で気密を確保する方法

より安全で確実に気密を確保できるのは外部側であり、
当社では外部側のモイス(写真上)部分で気密を確保しつつ、
室内(内部)においてもザバーンという気密・防湿調湿シート(写真下)で
ダブルの気密を確保しています。


ザバーンは、気密確保だけでなく防湿・調湿効果があるため、
特に夏型の壁内結露(※)を防止する大切な役割があります。

夏場、壁体内に過剰な湿気がある場合は室内側に湿気を逃がして結露を防止。
冬場は室内から壁体内へ湿気を侵入させない事で壁体内の結露を防止します。

( ※ 夏場の高温多湿な空気が涼しい内壁に触れて壁の中で結露する事 )