エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

新潟で良い土地の探し方と地盤の調べ方

最後にもう1つ良いですか? さきほど「地盤」の話が出ましたが、新潟で地盤が良い土地を探したいのですが、どうしたらいいでしょう?

わかりました。新潟が沖積平野だということはご存じですか?

チュウセキ平野…。あ、新潟市は信濃川と阿賀野川で形成された沖積平野だから地盤があまり良くないっていうのは、子どもの頃、学校の授業で聞いたことがあります。

うん。川の流れによって運ばれてきた土や砂が堆積してできた平野ってことだよ。

そのとおり。松井さん詳しいですね。新潟は、もともと海だったところに土や砂が堆積してできています。もともと海だったところに粘土や砂が堆積しているわけだから基本的に新潟は、あまり地盤がよくないんです。とはいえ、家を建てる土地を探すときにはできるだけ地盤が良いところにしたいですよね。

はい。地盤が弱いってことは…地震のときも心配ですし。

そうだね。2011年に発生した東日本大震災では、千葉県の湾岸部や埼玉県の田んぼを埋め立てた土地などで液状化現象が発生したもんね。地面から水があふれだしたり、道路が陥没したり。

えぇ。新潟でも1964年(昭和39年)に発生した新潟地震の時、液状化現象が起こりましたね。県営アパートが傾いたり、新潟空港の滑走路が冠水したりしました。液状化現象という言葉はご存じだと思いますが、念のため液状化現象について説明しますね。

液状化現象というのは、水を含んだ砂質の土が、地震などの強い振動により、個体から液体へと変わる現象のことをいいます。地震の揺れで地盤が動くことにより、砂と砂の間を埋めていた水が押し出され、地表面に噴出してくるのです。発生しやすい場所は、海や川、池や沼、田んぼを埋め立てた土地。沖積地など地盤が緩く地下水位が高いところです。

新潟市は海、川、沼、湖があちらこちらにあるし……しっかりした地盤の土地を探すのって、難しいんじゃないでしょうか?

そうですね。さきほどの、沖積地のお話にもありましたように土砂が堆積してできた土地が多いですからね。事前に地盤調査を行って弱い地盤であれば地盤改良工事をしっかり行う必要があります。
あまり知られていませんが、現在の建築基準法では、地震による一般住宅の液状化は確認の対象となっていないんです。ですから、住宅会社によっては、お客様が確認しない限り、液状化のリスクを伝えないというところもあります。

えー! そうなんですか!?

はい。そもそも、地盤改良工事に関しても液状化を加味した内容ではなく、建物の重さによって地盤が沈み込まないようにする段階までのものです。
工法によっては、液状化に有利な地盤改良工事も可能ですが、一般的な地盤改良工事と比べて費用がかかります。ですから、家を建てたい場所の地盤をしっかり調べて、できるだけ地盤の良い土地を選んで購入すれば、経費も削減できますよね。見落とされがちなんですが、家を建てるとき、地盤について知っておくことは、とっても重要なんですよ。

「足場を固める」というのは、まさにそういうことなんですね。

その通り。
では、地盤や地質を調べるにはどうしたら良いかというと、国土地理院の「土地条件図」という資料を参照する方法があります。ただし、親切に解説されているわけではないので、地質に詳しくないと分かりにくいかもしれません。ちなみに「川」「河」「池」「沼」「潟」「渡」「田」など水にまつわる漢字が地名に付くところは、地盤が弱いということが考えられます。 逆に「○○山」「○○台」というような地名は地盤的にも比較的、安定していることが多いですね。

そうなんだぁ……。土地を探すとき、地名も参考にするといいんですね。

はい。新潟市の西、海岸線に沿って、小高い砂丘地域が続いています。あの辺りは、比較的、地盤が良いです。たとえば、「青山」や「有明台」「寺尾台」のあたり。
東の方に向かいますと、大山台公園のある「大山」「桃山」「物見山」と続きますね。 内陸部でも、「紫竹山」「牡丹山」「石山」など、かつて砂丘があった場所の地盤は比較的、安定しています。その他にも「自然堤防」といって昔、川の岸で盛り上がっていた部分は、地盤が良いことが多い。たとえば、「米山」がこれにあたります。

こうやって見ると新潟でも地盤が良い場所も結構あるものですね。

そうなんです。気を付けないといけないのは、もともとの地盤がよかったとしても、 造成する際に地盤をいじっている場合、表層部分が弱くなっていることがあります。 表層部が弱い場合には、そのまま家を建ててしまうと家の重さで一部が沈み込んでしまう等の問題が出ることもあるので、必ず地盤の調査を行う必要があります。

難しいものですね~。暮らしやすい場所というだけでなく、安心できる土地選びって。

そうですね。私どもでは、土地探しのお手伝いも行っていますから、よろしければお声掛けくださいね。土地探しの費用は全くかかりませんから。地盤だけではなく、周辺環境や法的な制限など、必要なチェックポイントをふまえ、ご紹介に値する土地をお探ししますよ。

頼もしいですね、その時はよろしくお願いいたします!
もっちゃん、今日もたくさんお話していただきありがとうございました。
すごく参考になりました!

ありがとうございました。僕もより理解が深まったと思う。

いえいえ。また何かわからないこととか、疑問が出てきましたら遊びに来てください。

はい!ありがとうございます!

では、今日はこの辺で失礼します。

 

つづきのお話は下のリンクから お読みいただけます。



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲