エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ


“おまもり”その2

2015.08.11

夏休みはどのようにお過ごしですか?
小2の娘は今年はじめてサマーキャンプに参加しました。
いつも面倒みてもらっている自宅から徒歩数歩という近所の実家=おじいちゃんの家に
一人で1泊もできない娘が、なんと3泊4日です!

場所は、泣いて「迎えに来て」と連絡をもらってもすぐに迎えに行ける程近くはない市外でした。
それでも、行きたいと希望したのは娘ですし、行くまでとても楽しみにしていました。
「キャンプまであと〇〇日だね!」なんてことを毎日言うくらい。
それでも「ママ、おまもり作ってね」と頼まれて持たせた“おまもり”がこれ。

201508おまもり
今回は、ハート形に折った折り紙です。
中には読めば頑張れそうな文を書きました。

 

 

 

 

 

娘が生れてから、こんなに長い時間離れるのは初めてで、私も何だか変な感じ。
食欲もなくなり、家事をするのも力が入らずつい仕事ばかり遅い時間までしてしまう始末。
そんな三日目の夕方。
仕事をしていた私に自宅の電話が鳴りました。
受話器を取ると「・・・ママ?」と娘の声。
思わず「どうしたの?何かあったの?」「ママ~、すぐ迎えにきて~」と泣き声。
ぐっとこらえて励ましの言葉をたくさん聞かせ、お世話して下さっているスタッフの方に
重ねてお願いし、予定通り4日目の昼近くに現地まで迎えに行きました。

“おまもり”で頑張れる時と、“おまもり”を見ただけでママが恋しくなってしまって頑張れなくなって
しまう時がありそうです(^_^;)

実は、私も娘の電話の声を聞いたら食欲が戻ってくる始末でした(笑)

それでも元気に少し日焼けも増して帰って来た娘は、少し成長して私の胸に戻ってきてくれたようです(^^)

 

 



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲