エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

住宅の基礎断熱とは?

「基礎の換気口から室内に空気を取り込む」というお話でしたが、床下と室内がつながっているんですか?

はい。まずは住宅の基礎がどうなっているのかについて説明させていただきますね。 住宅の基礎にはいくつかの種類がありますが、主に「布(ぬの)基礎」と「ベタ基礎」という2種類に分けられます。

基礎の種類 布基礎とベタ基礎

布基礎はアルファベットの「T」字を逆さにした形をしていて、その上に家の土台を作って柱を立てていきます。ベタ基礎は、土間(底面)がすべて鉄筋コンクリートになっていて、家を「面」で支える基礎です。

布基礎とベタ基礎とだと作りが大きく違っているように感じます。どういったときに、どちらを選ぶといったことがあるんですか?

はい、建物の構造・重さのかかり方、敷地の地盤の強さに応じて基礎工事を選択します。
木造住宅の場合は、地盤がしっかりしたところでは布基礎でも良いのですが、ベタ基礎は布基礎よりも強度の面で有利なので新潟のように地盤が弱いところではベタ基礎を選択することが多いです。布基礎は逆T字部分にのみ鉄筋を入れていますが、ベタ基礎は底(土間)全面にも鉄筋を入れていますからね。ここも大きな違いです。

建物だけを考えるのではなくて地盤も一緒に考えて基礎を選ぶんですね?

はい、そうなんです。布基礎だと地盤改良工事が必要な現場でも、ベタ基礎にすれば地盤改良工事をしなくても良いような場所もありますよ。地盤改良工事については、また後でご説明しますね。

ベタ基礎は、底がコンクリートでふさがれるのはわかりましたが、ということは布基礎は、床下が土なんですか?

一昔前の住宅はそうです。床下が土だから湿気とシロアリが問題になることがありました。 ただ、この頃は布基礎でも床下の湿気対策・シロアリ対策のために土間部分に防湿シートをしいてから土間コンクリートを打つことが多いですよ。
では、基礎の種類はおわかりいただけたと思いますので、もとに戻って佳織さんから質問のあった「床下と室内がつながっているか?」について説明させていただきますね。

はい。お願いします。

一般的に住宅の床下(基礎の中)は、室内とはつながっておらず、外とつながっています。 どういう事かというと…布基礎の場合には、コンクリートの部分に通気口を作って床下が外とつながっていますし、ベタ基礎の場合には、基礎と土台の間にゴムや金属製の通気パッキンを置いてすき間を作り、外とつながっています。

どうして外と床下がつながっているんですか?

はい、床下の湿気を外へ逃がすためなんです。床下は湿気がたまりやすいですから。 だから、床下と外をつなげて湿気を逃がしているんですよ。それでもカビ等がはえることがありますが…。

なるほど、外の空気を床下に入れて床下の湿気を逃がしているんですね。

そうなんです。床下と外がすき間で繋がっているので、一般的な住宅の基礎は「室外扱い」です。一方、「基礎を室内扱い」にする場合は、基礎(床下)と外はつながっていません。つまり、基礎と外をつなぐ、すき間を作りません。ただし、夏に外の空気を基礎に取り込めるよう開閉式の通気口は基礎に付けておきます。

基礎にすきまを造らない…。 一般的な家の床下の湿気を外へ逃がすのとは、まったく逆の考え方ですね!

そうですね。基礎を室内扱いにした場合、床下の空気は、外とはつながっていません。家の中とつながっています。具体的には、床に「ガラリ」というスリット(通気口)をつくって、コンクリートの基礎に囲まれた床下部分の空気を室内と共有します。 つまり床下と室内は同じ空間です。これが「基礎を室内扱い」にするということです。

ガラリ……ですか?

はい。この写真のように、ガラリは枠の中に細長い板を何枚か組み込んだ通気口です。

ガラリ:床下(基礎内)と室内の空気をガラリで共有

でも、どうしてわざわざ床下を室内とつなげるんですか?

床下を室内扱いにすると沢山のメリットがあるからだよ。
床下に湿気がこもらないから床下に結露やカビが発生しない。乾燥していればシロアリも出にくいからね。湿気がないという事は構造も長持ちすることでもあるんですよね? もっちゃんのセミナーの受け売りだけど。

はい、松井さんのおっしゃるとおりです。付け加えると…気密も確保しやすくなりますし、さらに床下にエアコン等の暖房(空調)を置くことで家の中を快適な温度しやすくなる。暖房のお話をさせて頂いたときに、床下(基礎の中)に暖房を設置して、それで家じゅうに暖かい空気を回すとお伝えしましたが、このガラリから暖かい空気が各部屋にあがり循環します。

イラスト:床下の空気がガラリを通して室内に循環する様子

ちなみに窓の近くにガラリを付けることで窓の温度低下を防ぐから窓の結露防止にも役立つ。

空気を回すというのは、そういうことだったのですね! あれ、冬に空気をまわすというのはわかったのですが、夏はどうなりますか?

はい、夏場はというと……北側の基礎の通気口を開いて比較的涼しい空気を床下に取り込みます。二階の南面の窓を開けておくことで、暖かい空気が上昇気流となって動くことで、基礎内に取り込んだ温度の低い空気がガラリを通って一階に流れ、二階へと流れいきます。 このように空気を動かすためには、階段や吹き抜け等、空気の上がり口、下がり口、南面の窓の大きさ・位置等、空気の流れを立体的に設計することが重要です。

建物内の上下の温度差を利用して空気を動かすんですね。

そうですね、空気の流れを考えるとことで快適に過ごすことができるんですよ。 もう1つだけ大事なことがあって、床下を室内と同じ扱いにするか、外と同じ扱いにするかによって断熱仕方が大きく変わるということ。
一般的な住宅は、床下を室外扱いにするので床が冷たくならないように床で断熱しています。つまり、床断熱。一方、床下を室内と同じ扱いにする場合は、基礎の立ち上がり部分を断熱材で包み込んで断熱しています。これが基礎断熱。基礎断熱にすることで今までお話してきた「床下を室内と同じ扱いにするメリット」が実現できるんです。

床下を室内と同じにするのは、すごくいいことばかりですね。でも、良い事ばかりだったら他の住宅会社もどうしてしないんでしょうね?

そうですね、基礎を室内扱いにするのは比較的新しい家の作り方で、断熱や気密を常に勉強している会社じゃないと取り入れていないかもしれないね。

そうなんですね。良い技術なら取り入れたらいいのに。

私もそう思います。今後は、断熱・気密も国で義務化される流れになっていきますし、といっても義務化の基準自体がとても低レベルなわけですが…。だからこそ、お客様がより安心して住宅を建てることができるよう私も新潟の業界内に向けて勉強会等、情報発信をより積極的に行っていきたいです。

ぜひお願いします。

先ほど、湿度を適正に保つためには換気が大事とお伝えしましたが、換気に関する説明がまだでしたので、次にお話しさせていただきますね。

 

つづきのお話は下のリンクから お読みいただけます。



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲