高断熱・高気密の住宅は夏、暑いのか?

気密と断熱の性能を上げると熱が逃げず、夏は暑いんじゃないですか?

ご心配はよくわかります。しかし、そもそも、断熱(遮熱)がしっかりしていればこそ、壁や屋根にあたる日射の熱を室内に入れないようにできますから室内は涼しく暮らせるんですよ。 断熱が不十分だと家の中まで暑くなり、蒸し風呂のようになってしまいますから。 気を付ける必要があるのは、高断熱・高気密の家で、夏の太陽の熱を部屋の中に取り込んでしまうと佳織さんがおっしゃるように「夏に暑い家」になってしまいます。この点は、日本古来の建物の工夫を取り入れることで、夏の日差しを室内にいれないことができるんですよ。

日本古来の建物の工夫ですか?

はい。軒(のき)を深くしたり、庇(ひさし)を付けるなどして、夏場の日射を遮るのです。

庇って、窓の上のほうについている小さな屋根みたいなものですよね?

えぇ、そうです。夏の強い日差しをさけるのに庇はとっても有効なんですよ。 軒は、屋根の先の突き出した部分のことですが、夏は太陽の高度が高いので深い軒や庇がその光を遮ってくれるのです。

冬は太陽の高度が低いから、軒や庇が深くても部屋の中まで太陽光が入り込むんだよ。 夏を涼しく、冬暖かくすごすための工夫だよね。日本人の知恵だよねぇ。

松井さんのおっしゃるとおりです。
夏は太陽の熱を遮り風を通すことで涼しく過ごす。冬は太陽の熱を積極的に取り入れる。季節に対応して室温調整ができる住まいを作ることが大切ですね。

高気密高断熱の家で夏を快適に過ごすには、太陽の熱を取り入れず……風を通すことが必要なんですね?

そう。太陽の熱を遮り、計画的な空気の流れをつくることで涼しく過ごせるんです。

計画的な空気の流れ、ですか?

はい。北側の比較的涼しい空気を基礎部分の通気口から室内に取り入れ、二階の窓から逃がすことで空気の流れが生まれます。ただし、外気温が一番高くなる真夏に近くなるとこれでは厳しいこともあります。そこで、真夏の場合には、夜間には二階の窓を開けて涼しい空気を室内に取り込み、明け方には窓を閉める。高断熱の家の「室温を一定に保つ効果」を活用することで夕方まで適温で暮らすことができます。このように夏場は、窓の開閉と日中と夜間の温度差を活用することで冷房をあまり使わなくても夏を過ごすことができるんですよ。

私、クーラーが苦手なのでできれば自然の風で夏も過ごしたいと思っていたんです。

僕は暑いの苦手だからクーラー大好きだけど(笑)

ははは。新潟の夏は湿度も高いので余計に暑く感じますが、室内を無垢材や漆喰など調湿効果のある素材をふんだんに使うことで湿度も少しは下がってずいぶん過ごしやすくなりますよ。

いいですねー!夏のべたべたしたのが苦手なので。

うん、アパートのフローリングの床は、夏、ペタペタして足の形に汗の跡が残るほどだから…。

でも、無垢の床なら歩くと気持ちよさそうだね。

あれ、またわからなくなってきました。
さっき「涼しい空気を基礎部分の通気口から室内に取り込む」というお話でしたが、 基礎と室内がつながっているんですか???

佳織さんの疑問は無理もありません。 普通、住宅の基礎は家の中とはつながっておらず、外と同じ扱いになっていますからね。 それでは、基礎の扱いと基礎断熱のお話をさせていただきますね。

Ethical House

エシカルハウスを体感できます!

エシカルハウスが体感できます 新潟市で自然素材 高断熱の注文住宅なら菅原建築設計事務所

新潟市中央区に「体感住宅」があります

エアコン1台で家全体が春のような快適空間。弊社の標準仕様で建てた代表自邸は、予約制で体感いただけるエシカルハウスです。壁厚220mm、新潟トップクラスの高断熱住宅の快適さをあなたの五感で体感してみてください。

House Guidebook

家づくりガイドブック

家づくりガイドブック 新潟市で自然素材 高断熱の注文住宅なら菅原建築設計事務所

4種類セットでプレゼント中!

エシカルハウスがもっとわかるパンフレット、良い家・悪い家を具体的な観点で見極められるようになる新潟市で失敗しない家づくりの方法、施工事例が満載の「家づくりガイドブック」を4冊セットで無料プレゼント!