ガラリ

ガラリ

この「不思議な穴」を見たことがありますか?
床に穴があいているのは、あまり見たことがないかもしれませんね。

これは「ガラリ」といって、床下(基礎内)の空気を
室内に取り込み、空気の流れをつくるためのスリット(通気口)です。

あれ? 床下って外とつながっているのでは?という疑問がありませんか。

よくご存じですね。一般的な住宅では、床下は外とつながっていますが、
この住宅は床下は外と遮断し、床下を室内として扱っています。

床下を室内として扱うことで沢山のメリットがあるのですが、
ここで少しご紹介いたします。

【 床下を室内として扱うメリット 】
 ・気密が確保しやすく、床下に空調を置くことで家中を快適な温度にできる。
 ・床下に湿気がこもらないから床下に結露やカビが発生しない。
 ・床下が乾燥していればシロアリも出にくく、構造もより長持ちする

ガラリの裏側(床下)には網がついており、物やゴミ等が床下に落ちにくくなっています。
もちろん、取り外しての掃除も簡単にできます。

ガラリの材質ですが、写真はプラスチック製ですが、
現在では、木製のガラリも選ぶことができます。