ヒートショックになりやすい住宅とは?

いま、佳織さんからご質問があった「家全体に熱を回すイメージ」についてお話ししますね。
さきほど、つららのできる家は寒い家とお伝えしましたよね。

はい。
部屋の中で暖められた空気が壁と床のすき間から抜けて壁内を通って上に昇り屋根の雪をとかしている……んですよね。

はい、そうです。
昔は高温多湿の夏をいかに過ごすかということを重要視していたので、木と紙でできた風通しの良い住宅が造られていました。
風通しが良いということは冬寒いということなんです。
そのような住宅構造だと、暖房をしている茶の間だけが暖かく暖房がついていない部屋やトイレ、脱衣所などは外気温と温度が変わりません。
夏も部屋ごとに冷房をつけないと暑くて眠れない。

僕の実家なんて、冬は暖房をつけた部屋以外は吐く息が白くなりましたよ。

温度変化の激しい住宅ってことですね。
さらに、暖房をしている室内は、床の温度は低く天井は暑いというように部屋の中にも温度差が生じている。

冷たい空気は部屋の下にたまり、暖かい空気は天井付近にたまりやすいからね。
空気の性質ですね。

そうですね。
だから、断熱気密が不十分だと、家の中であちこち温度差が生じてしまう。

松井さんは「ヒートショック」という言葉を知っていますか?

はい。急激な温度変化によって体が影響を受けることですよね。
この頃は、テレビでも冬場は温度変化に気を付けましょうってやってますね。

暖房のきいている居間からトイレや脱衣所など寒い場所に行ったとき脳卒中や心筋梗塞などが引き起こされる場合があるって聞きました。

そう、暖かい室内から寒い脱衣所、熱い浴槽など温度変化の激しいところを移動すると血圧が急変して脳卒中や心筋梗塞などが引き起こされる場合があるんです。

お風呂に入ったときに倒れたってお話しを耳にしたことがあるけど……
ヒートショックというものもあるのね。

えぇ、ヒートショックは部屋ごとの温度差で発生するので、ヒートショックを防止するためには部屋ごとの温度差をできるだけ小さくしたほうがいいんです。

あ、今のヒートショックのお話を聞いてわかりました!
家全体に熱を回すっていうのは、家全体を暖かくして部屋ごとの温度差を小さくするってことですか。

そうです!
そして部屋ごとの温度差を小さくするということは、家の中の空気の流れを考えることになります。
つまり、部屋ごとに壁を作って閉めきるのではなく、「ふすま」などの建具で仕切ったり、階段や吹き抜けなど空気の流れを意識して広がりのある間取りにするということです。

簡単に言うと家の中全体を1つの広がりのある空間として考えてみる、ということです。
空間が1つになれば家の中すべてが同じような温度になる。

ということは、家全体を暖房するということですよね?

Ethical House

エシカルハウスを体感できます!

エシカルハウスが体感できます 新潟市で自然素材 高断熱の注文住宅なら菅原建築設計事務所

新潟市中央区に「体感住宅」があります

エアコン1台で家全体が春のような快適空間。弊社の標準仕様で建てた代表自邸は、予約制で体感いただけるエシカルハウスです。壁厚220mm、新潟トップクラスの高断熱住宅の快適さをあなたの五感で体感してみてください。

House Guidebook

家づくりガイドブック

家づくりガイドブック 新潟市で自然素材 高断熱の注文住宅なら菅原建築設計事務所

4種類セットでプレゼント中!

エシカルハウスがもっとわかるパンフレット、良い家・悪い家を具体的な観点で見極められるようになる新潟市で失敗しない家づくりの方法、施工事例が満載の「家づくりガイドブック」を4冊セットで無料プレゼント!