エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

長期優良住宅とは? 長期優良住宅は結露しない?

最近は長期優良住宅ってのも出てきたようだから……
それなら結露しないですよね?

長期優良住宅でも室内の温度と湿度のバランスが悪いと結露は発生するんですよ。

温度と湿度のバランス……ですか?

はい。空気には水蒸気が含まれているのはご存じですよね。
空気は暖かければ暖かいほどたくさんの水蒸気を含むことができるのですが、その暖かい空気が冷やされると含んでおくことができる水蒸気の量が少なくなります。

暖かい空気が冷やされて、空気が含んでおくことができなくなった水蒸気が水滴になるんです。

さっき、佳織ちゃんが話してた窓ガラスの結露だね。
暖房で温められた空気が冷えた窓ガラスにぶつかって冷やされる。
温度が下がった空気は水蒸気を含んでおくことができなくなって水に戻って窓に付く。
その水が結露だよ。

そっか、窓ガラスは外に接しているから冷たいもんね。

窓の結露を家全体に置き換えて考えてみてください。
暖房をしている部屋と、暖房をしていない部屋があるとしたら……部屋の間で温度差が生まれますよね。

長期優良住宅は、一般的な住宅よりは断熱性能がいいから温度差が生まれにくい。
しかし、湿度がたまりやすい間取りになっていたり、部屋の温度差があるような作りになっていると、長期優良住宅でも温度が低い場所で結露が発生してしまう可能性があるんです。

じゃぁ、「長期優良住宅」といっても安心していられないんですね。

はい、長期優良住宅の基準を満たしていれば大丈夫ということではないんですよ。
室内の湿度が高いとそれだけ結露しやすくなりますから湿度を適正に保つ「換気」が計画的に行える間取りと換気量の設計が大事なんです。

もう1つ。暖房器具選びも大切です。
水を含んだ排気ガスを室内に出すストーブやファンヒーターなどの暖房器具。これらを開放型の暖房と言いますが、開放型の暖房を使った場合どうしても湿度が高くなり結露しやすいし、空気も汚れるので私はお勧めしません。

今のアパートはファンヒーター使ってるから、それも結露の原因ですね、きっと。

あ、そうだよね……。

ところで佳織ちゃん、「長期優良住宅」ってどんな家のことをいうのか分かっているかな?

え~っ、わかっているわよ。
地震に強くてメンテナンスもしやすくて、長く住むことができる住宅……って、この前、おさむくんと一緒に行ったモデルハウスで営業の人が言ってたじゃない。

うわっ、すごいザックリな言い方。

なによぉ! じゃぁ、おさむくん説明してみてよ。

ははは。
じゃぁ、ご主人に「長期優良住宅」についての補足説明をしていただきましょうか。

そうきましたか……。分かりましたよ。
では、僕が代わって説明しましょう!

長期優良住宅というのは、長期にわたり良い状態で使うための措置がとられている家ってこと。
その措置を行って基準を満たしていると認定されると税制面などで優遇が受けられる

おさむくんの説明だってザックリじゃん……。

うっ……。じゃぁ、もう少し詳しく説明しようか?
長期優良住宅に認定されるためには9つの項目の基準値を満たす必要があるんだよ。

9つの項目って?

ちょっと待ってね、手帳を見るから……。

9つの項目は、劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性(共同住宅、長屋のみ)、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画です!

えっへん、どう佳織ちゃん!

メモしてたんだね、おさむくん……。

よく勉強されていますね。

なぜ長期優良住宅というのが出てきたのか?
じつは日本では家を建ててから20~30年で建て替えをされる方が多い状況なんです。
国土交通省のデータでは家の寿命は日本が30年、アメリカ55年、イギリス77年と推計されています。

ずいぶん違うんですね。

そうなんですよ。
建築基準法の改訂があって、耐震面の心配から建て替える方は少なくなっているでしょうが、ローンを払い終えるか終えないかくらいの頃になって老朽化等で家を建て替えされる方がまだ多くいらっしゃるのです。

ローンの支払いが終わらないうちに、家の建て替えをしなければいけないってのは……厳しいなぁ。

えぇ、まったく……。
そこで、ようやく国は長期優良住宅法を施行し、「いいものをつくり、きちんと手入れを行い、長期にわたって使うこと」をコンセプトに、長期優良住宅という政策を打ち出しました。

長期優良住宅というのは、質の高い長寿命の住宅を国が認定するという制度です。
質の良い家に長く住めると共に、税の優遇や一部でローンの優遇を受けることができます。

長期優良住宅のお家の寿命って、どれくらいなんですか?

そうですね。
さきほど、ご主人がお話ししてくださった9つの基準。
劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画を満たしたうえで、住んでいる地域に応じて基準よりもさらに性能をアップすることで、最低でも100年は使って頂くような住宅を造ることができます。

えー、すごい!

ただし、メンテナンスは必要ですよ。
住宅だけではなく、物ってきちんと手入れをしなければ長持ちしないでしょ。

佳織ちゃんがお母さんから譲り受けた、銅製の大根おろしがあるんですよ。
ときどき、大根おろしの目立て直しをしてもらっているんですが、メンテナンスをきちんとしているから長く使うことができているんだもんね。

それは、すばらしいですね!

ありがとうございます。

日本人の知恵として「もったいない」の精神を大切にしていきたいものですよね。

はい! 長期優良住宅っていいですね。
きっと長期優良住宅なら寒い冬も快適なんでしょうね。

佳織ちゃんは寒いの苦手だもんね。

佳織さん。
長期優良住宅といっても一概に暖かく快適とは言えないのはご存じですか?

えっ? そうなんですか!?

はい。長期優良住宅は、一般的な住宅よりは暖かいと言えますが、まだ十分ではありません。

なぜなら、長期優良住宅の9つの項目の中に「省エネルギー性」というのがありましたよね。
これは、断熱性能を指すのですが、ここで定められた基準がまったく不十分なんです。

なんだか混乱してきました・・・。

「長期優良」という名前ですから「長期優良住宅なら大丈夫!」と思ってしまいますものね。
混乱するは無理もありません。

それでは、冬に快適で暖かい家と寒い家には、どんな違いがあるのか。
それをどうやって見分けたらいいのか?
なぜ一般的な長期優良住宅では不十分なのか、というあたりをわかりやすくご説明しますね。

 

つづきのお話は下のリンクから お読みいただけます。



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲