エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

住宅の結露 原因と問題点

結露が原因でよくないことが発生するんですか?

そうなんですよ。
佳織さんは結露というと、どんなことを思い浮かべますか?

あ、やっぱり……冬の窓ガラスに水滴がビッシリつくのが思い浮かびます。

そうですね。
暖房であたたまった室内の空気が外気に触れて冷えている窓ガラスに接すると、その部分の空気の温度が下がる。
すると、空気が水蒸気を含んでおくことができなくなり結露が発生します。

窓ガラスや壁、押入れやタンスの裏側の壁など目に見える部分で起る結露のことを表面結露といいますが、
実は目に見えない部分、壁の中や床下、天井裏などでも結露が起っているのです。

この壁の中や床下などで発生している結露のことを内部結露といいます。
内部結露に関してはのちほど詳しく説明させていただきますが、表面結露も内部結露も空気中の水分量が多く、温度差があるために発生します。

今住んでいる木造アパートは冬になると窓ガラスについた水滴がサッシのサンのところにたまって、そこが黒く汚れてしまったり、サンの周りの木が腐ったりしています。

実は……その黒い汚れはカビなんですよ。

えー!? カビだったんですか。ショック。

結露してサンに溜まった水にカビが発生したんですね。

カビは、ぜん息や鼻炎などのアレルギー疾患の原因になりますし、さらによくないのが、カビはダニのエサになるのでダニも繁殖する。
つまり、結露は木材を腐らせるだけではなく、シックハウスの原因となるカビ、ダニなどのハウスダストを呼び込んでしまうのです。

え~いやだぁ……。
もしかしたら、おさむ君のいつもの鼻炎もカビやハウスダストが原因!?

僕、鼻炎で朝起きてから11時くらいまでティッシュが手放せないほどなんです。
とくに冬場は毎日。

原因は一概には言えませんが、鼻の炎症である「鼻炎」がつづく理由は、鼻への刺激がずっと続いているからなんですよ。

やっぱりカビやダニが鼻を刺激しているのかもしれないですね。。。

古いアパートに住んでいた方の実際の話なんですが、赤ちゃんを抱っこしたとき赤ちゃんの髪の毛からツンとカビの匂いがしてビックリしたそうです。

えっ、カビの匂い?

そう。よくお話をお聞きすると、そのアパートの部屋は、冬は結露がひどく、カーテン、押入れの奥、タンスの引き出し・タンスの裏、窓枠などいたるところに黒っぽいカビが繁殖していたそうです。
そのカビの匂いが、お子様のやわらかい髪の毛についてしまったのですね。その奥様も冬場は鼻炎がひどく、風邪をひきやすかったそうです。

どうしよう、心配になってきちゃった……。

そうですよね。
そんな話を聞くと不安になりますよね。

住んでいる家に健康を害されるって考えると怖いね。

そうなんですよ。特に新潟は冬の寒さが厳しいので、暖房器具を使わざるを得ない。

日本では石油を燃料としたストーブやファンヒーターを使っている家庭が多いのですが、じつは石油を燃料にした暖房器具は炭酸ガスだけではなく水も発生させるのです。
1リットルの石油を燃やすと約1リットルの水が発生する。

そんなに?
暖房器具を使うと水も発生するなんて知らなかった……。

それに、暖房だけでなく、普通に生活していると私たちの体や炊事・洗濯などで、4人家族だと1日7リットルほどの水が出てくるといわれているのですよ。

7リットルって結構な量だよね。

そうね。でも、いま住んでいるアパートは古い建物だから結露が目立つんじゃない?
最近は長期優良住宅ってのも出てきたようだから……
それなら結露しないですよね?

う~ん……。

えっ、違うんですか?

 

つづきのお話は下のリンクから お読みいただけます。



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲