エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ


ゼロエネ申請

2014.06.05

去年もやりましたが、今年もゼロエネ住宅の補助金申請をしました。

昨年は明らかにいらない書類が多く、見る人も大変と思うくらいの量があり

明らかに役人の自己防衛でした。

今年の申請書は昨年に比べると書類が少なくなり大分楽になりました。

が・・

今年は少々内容が変わり、平成25年基準と事業者基準という二通りの

申請方法にかわりました。

しかし、H25年度基準で申請の場合ハードルが高く非常に難しい!!

こちらのほうがポイントを高く設定しているとの話でしたが、

単に家の性能を上げただけでは全くダメで

明らかに高い設備機器を導入しないと無理!!

役所で公開しているプログラムで計算して暖房、冷房、換気、照明、給湯の年間使用エネルギーの数値を出すのですが、

(しかも単位はわかりにくいジュール!電力に換算してもらったほうが遥かにいいのに)

使用暖房エネルギーは過剰だし、建物外皮の性能を上げてもあまり数値が変わらない。

給湯設備の使用エネルギーの割合が高いのが原因。

申請上の数字がいくら家の性能を上げても無理なようにできているのです。

いつもお得意の取り巻きの業界へ顔を向けたお金持ちしか使えないシステムの様です。

太陽光パネルを一杯載せても全く効果なしで、

高ジェネなどの高い機械の導入が前提のようでした、

機械をつければメーカーや業界が喜ぶそして機械はいつか壊れる。

またまたメーカーが喜ぶ。

家の断熱をしっかりやっておくのが環境、家計、そして体にも一番の省エネと思うのですが

違いますかねぇ~

 



エシカルハウスが“ 体感 ”できます

「本当に真冬にエアコン1台で家じゅう暖かい?」
「本当に真夏もエアコン1台で快適?」

あなたの五感で体感してみてください。
下の画像をクリックすると体感住宅の案内へ移動します。


エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲