断熱・気密

2013.08.02

Y様邸は断熱のグラスウール入れが佳境に。

断熱と気密は切っても切れない間柄です。

私どもは普通に施工しても

気密検査では楽々隙間相当のC値は1.0を切ります。

IMG_4243

 

壁内に高性能GWを入れ

気密シートを施工中

(気密シートは夏型結露を防止できる

ザバーンというシートを使っています)

 

 

 

これは大工の慣れもありますが、

何より職人たちの意識が大切です。

作業手順を考えながら

壁内には隙間なく断熱材を入れ、

気密シートをキッチリ貼って必要に応じて気密テープを施す。

電気のコンセント、電線の貫通部は気を付ける等々

IMG_4246

 

屋根断熱の小屋裏の様子

黒いのが気密テープ

垂れ下がり防止の桟木も忘れずに!

 

 

 

只これだけのことですが、しっかりできる職人はどれほどいるか。

断熱施工は省エネはもちろんのこと、施工不良は結露が発生したり、

躯体の耐久性にもかかわる大事な事なのです。