O様邸 床張り(杉無垢板)

2012.08.27

O様邸は毎日猛暑の中、大工が大汗をかきながら順調に進んでいます。

1階の床板は杉の無垢板で厚さが30mmです。

 

 

 

 

 

 

 

一枚一枚丁寧に隙間なく貼っていきます。

一日かかっても幾らも進みませんが、

床板は人が常に触れているものなので、大事な部材です。

無垢板は割れたり、目地が広がったりの欠点もありますが、

梅雨時のベトベト感は全くなく、冬も素足の感触が暖かく、

とても良いので、お勧めしています。

杉板なので傷は付きやすいのですが、

例え傷だらけになっても、無垢板なのでサンダー掛けをすれば、

元通りになります。(板厚は多少薄くはなりますが・・・)

既製品のベニア板と違い、夏は涼しく、冬もヒヤッとしない床板。

いつまでも味わい深く長く使えます。