スマートハウスと太陽光発電に違和感

毎日いじめの話・・・・

同じ話に同じ人のコメント。

政治でも学校教育でも同じようなものだ。

政治家も教育がなってないから、この為体・・・

揚げ足取りと保身。

挙げればきりがない。

国民から広く意見を聞こうと、

公聴会を開けば役人と電力会社の都合の良いイベントに過ぎず、

発言者は挙句の果てに

「福島原発事故では放射能の直接的な影響で死亡した人はいない。5年、10年たっても状況は変わらない」

と平然と言い放った電力関係者・・・

やらせと言われても反論の余地はないでしょう。

メガネを掛けた”とっつぁん坊やの大臣”が今更何を言おうと、

信用を失ってしまった次第。

どうにもなりませんな。

 

今日の読売に4ページにわたり大々的にスマートハウスなるものが特集。

まぁ結構な事だと思うけれど、

何か違和感を抱いたのはなぜだろう。

太陽光パネル、蓄電池、EV・・・・

まとめてコンピューターで制御するらしい。

しかし、何をしたいのかよく判らない。

CO2削減?、節電?、儲け話?

莫大なエネルギーを使って作るものばかりで、

どれも高額な商品だ。

 

前にも書いたけれど、多額の税金を使って、一般の消費者から

電気代を上乗せして、結局お金持ちと企業だけが得をするシステムには変わりはない。

今の所、太陽光発電そのものは税金を投入しないと全く成り立たないシステム。

年間10数%の効率しかない。

何十年もやってきて、この程度。

システム自体が本当の実用化にはまだ早いか、全くダメなのかのどちらかだ。

同じお金を使うなら、代替エネルギーの開発に潤沢なお金を回す方が良いと思うけど・・・

 

建物のさらなる断熱化の方がもっと効果的だろう。

税金も他の人からのお金も一切かからない。

冷暖房の燃料費がかからないので確実に省エネ。

工業製品を使わず、本物の材料を使って建てると、

尚もCO2削減に貢献できる。

補助金が出ればうれしいけどね~