エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

住宅設計における子供部屋

2012.07.11

住宅の設計で以外と問題となるのが子供部屋!!

果たして、子供部屋を子供にとって快適な環境とするべきかどうか。

 

よく、日当たりが良く、広い子供部屋がほしいと要望されるけれど、

子供は、小さいうちは部屋には居ずに、親の傍で宿題をしたり、遊んでいる。

ということは、リビングや食堂の辺りに居る事になる。

そして寝る時は、日本人の場合ほとんど親と一緒に寝るので、子供のうちは、部屋自体があまり必要でない。

 

小学校の高学年くらいになって、はじめて自分の「巣」(寝る所)が必要になってくる。

受験などを控えれば、個室での勉強が必要になる場合もあるので、ベットと机があれば十分事足りるはずだ。

て言うことは、個室として考えれば4.5帖程度のスペースがあれば十分だ。

別な場所に、子供達共有の勉強スペースを設ければ、寝るだけなので3帖あれば事足りる。

 

大きくなって、友達と部屋に閉じこもって何かしているのは、大体が、ろくな事をしていないので、気配が伝わるような場所に居させるのが良い。

 

広い子供部屋を造っても、学校を卒業して結局は誰も使わずに物置になったり、老夫婦2人で広い家を持て余す・・・なんて事にもなりかねない。

 

広い子供部屋は全く不要!!

家中で一番条件の良い場所に子供部屋を造るなんぞは、以ての外!!

お金を出すのは主人と奥様

その二人が一番いい所を陣取るのが当たり前です!!



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲