エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ

ファミコン言葉と日本の将来

2012.07.10

読売新聞の投稿にファミコン言葉という投書が出ていた。

ファミリーレストランとコンビニの人が使う変な敬語のことを指すらしい。

全てのファミレスやコンビニの人達が使うわけでもないと思うが、

「1万円からお預かりします」や「よろしかったでしょうか」等の言い方だ。

一般的に広まっている言葉使いなので、それほど目くじらを立てなくても、という人もいるけれど、やはり、オイラも違和感を感じてしまう。

この言い回しはおかしいし、間違っているのは確かだ。

言葉はその国の大切な文化である。

若い人達の言葉使いには、特に危機感さえ感じる。

テレビに出るタレントなどの言葉使いは特に酷い。

自分たちの無知や、御馬鹿加減を売り物にしてるタレントを出すメディアもおかしいし、それを喜んで見るほうも見るほうだが、その連中が使う言葉がメディアのお陰で広まってしまうのだ。

ましてや、民放のアナウンサーまでもがおかしい言葉を使っているようでは、この国の大切な文化がおかしくなるのは当然である。

文化がおかしくなる事は、他文化に侵略されるなどして、その国その物がおかしくなる事である。

日本は、今、正に御馬鹿達に侵略されつつあるのか・・・

( ̄□ ̄;)!! おバカパワーは凄いのね

日本語の敬語は難しいのは解るが、間違いは間違いである。

小学生の英語教育も良いが、正しい日本語をキッチリ教育する事の方が大事ではないか。

本当にこのままで行くと、この国の将来はない。



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲