エシカルハウス人、自然、未来にやさしい家
連絡先・電話番号 資料請求 お問い合わせ


未だこんな輩が・・・

2012.06.15

最近、お役所へ行ってもとても良い対応をしてくれて

不愉快になった覚えは無い。

本当に良くなったし、気軽に相談に行けるのでありがたい。

 

というのは、昔棟梁が自分で確認申請を提出した時の話で

「がっと、態度がわぁーりて(悪くて)

ごうがにえたんだれや(腹が立った)」

書類を持っていった本人を目の前にして、

役所の人が開口一番、

「なんだこれ、へったくそな図面だな。」

「書類のこことここ間違っている。」

棟梁が「今直して訂正印で良いでしょうか?」

「いや、書き直してきなさい」

と言いながら、他の電話に出て、

その電話の相手には

「あぁ、こっちで訂正印押して直しておきますから」

言ったそうだ。

確かに昔は「お役人様」だった。

 

昨日、国交省に申請をしていた事業の

書類に未提出があった旨のFAXが昼過ぎに届いていた。

こっちは、夕方7時前にようやくFAXを見ることができた。

しかし、提出期限が当日15時必着とある・・・・

何だこりゃ?と電話をすれども出はしない。

とりあえずメールでデーターを送っておいたのだが、どうも腑に落ちず、

今朝電話をいれると、送った人間と書類を見る人間が違うらしい。

CDでフォルダーごと送っているので未提出などはあり得ないし

CD自体も確認してから送ったのにだ。

聞いてみると何かあって、どうも開けなかったらしい・・・・

じゃぁそう書くべきで、急ぎだったら、FAXでなく電話ではないか

と言ったけれど、電話の向こうは聞く耳も持たずの他人事・・・

「データーが来ていますからOKです」

だそうだ。

未だこんな輩がいるガーン・・・・



エシカルハウスがもっとよくわかる3冊のガイドブックです

当社が建てている家が「どんな家」かよくわかるカラーでとっても見やすい「施工事例集」と「パンフレット」です。建物の「価格」も詳しくわかります。

新潟の気候にあった本当に良い家の選び方のノウハウ集と欠陥住宅を造らせないためにチェックすべきポイントがわかる資料、実際の住み心地のインタビューもご覧になれます。

下の画像をクリックすると資料請求の画面へ移動します。


ページの先頭へ▲